人気ブログランキング | 話題のタグを見る

SVXで昂る

SVXで昂る_f0076731_17502314.jpg
じっとしてるけど、
夜更けになり真っ暗になると動き出しそうだ。
SVXで昂る_f0076731_17510564.jpg
真っ赤に塗られたインマニだ。

裏返すとこうなる。

SVXで昂る_f0076731_17511280.jpg
まず綺麗に掃除だ。
消耗品も交換しなきゃ。
SVXで昂る_f0076731_17511801.jpg
Before

SVXで昂る_f0076731_17512467.jpg
After

表も綺麗に下処理し、
その後丁寧に塗った。
SVXで昂る_f0076731_17513324.jpg
Before

SVXで昂る_f0076731_17520466.jpg
After


完成前と、
SVXで昂る_f0076731_17521040.jpg
完成後だ。

SVXで昂る_f0076731_17521891.jpg
木村さんから戴いた、
陸上自衛隊御用達のお煎餅と、

SVXで昂る_f0076731_17522518.jpg
緑茶はバッチリ合うんだよ。

SVXで昂る_f0076731_17523172.jpg
サクサク歯切れがよく、
これは陸自の様子を見事に表しているね。

浅田さんから戴いた「なごやん」も、
緑茶にバッチリ合うんだ。
SVXで昂る_f0076731_17524358.jpg
ホッコリして甘いから、
SVXで昂る_f0076731_17524974.jpg
疲れを忘れさせてくれる。

ありがとうございます。
こうした応援を頂き、
毎日の仕事がグングン進む。

あのSVXにも触れておこう。
SVXで昂る_f0076731_17525564.jpg
長期間放置されたため、
見るも無残だったが、
職場体験に来た中学生が撫でるように洗ってくれた。

内装も清掃をやり直した。
SVXで昂る_f0076731_17532907.jpg
もともと綺麗だったし、
閉め切ってあったので、
外装の用に荒れてはいない。
SVXで昂る_f0076731_17533425.jpg
中の部品も出して清潔に整えた。

固着した穴埋め用の養生テープを徐々に剥がし、
SVXで昂る_f0076731_17534266.jpg
トランクリッドとウエストの隙間に入った、
枯葉を取り洗ってやった。
SVXで昂る_f0076731_17534818.jpg
トランクの荷物も、
すべてこの子の部品だ。
SVXで昂る_f0076731_17535447.jpg
一度整頓し詰め直した。
塗装しやすくするために、
外したことが仇になり、
SVXで昂る_f0076731_17535903.jpg
ボルトが全て錆で真っ赤だ。
見えない所だがすべて新品に交換した。

SVXで昂る_f0076731_17540765.jpg
エンジンルームも埃だらけだが、
ここは一旦洗うだけにして、
全体の目途が着いたら整備に取り掛かる。

ホイールは、
流石に純正のBBSだけあり、
SVXで昂る_f0076731_17541550.jpg
掃除をしたら蘇った。

こうして、
徐々に蘇らせた。
SVXで昂る_f0076731_17542409.jpg
テープも綺麗に取除かれ、
後は最後の難関に立ち向かう。

SVXで昂る_f0076731_17543041.jpg
エンジン始動性の回復だ。

あれほど調子が良かったのに、
全く反応しなくなった理由は、
燃料ポンプにあった。
SVXで昂る_f0076731_17543661.jpg
これだけ錆びた理由には、
いくつかの原因がある。

まず前のオーナーが必要も無いのに水抜き材を、
ガソリンスタンドが言うまま入れ続けたようだ。

樹脂タンクなのだが、
中の燃料が少ないので、
露出した部分に化合物が悪戯して腐食させた。

まさに逆効果だ。

常に動けばよいのだが、
展示場のクルマでも起きる現象だ。

運よく緑色のドナーが居るので、
そのクルマの部品を装着した途端、
エンジンは一発で始動した。

この部品は製造が終わり入手不可能だ。

他のスバル車から転用も可能だが、
無駄な労力はかけたくない。
SVXで昂る_f0076731_17544117.jpg
なので活力朝礼の時間を使って、
吉村君がコツコツと回復作業を進めた。
SVXで昂る_f0076731_17544758.jpg
概ね綺麗になった所で、
更に一つずつ改善を続けた。

SVXで昂る_f0076731_17545316.jpg
一見するとダメに見えるが、

SVXで昂る_f0076731_17550161.jpg
配線などの汚れを落とし、
元の状態に戻していった。

そうしないと、
緑のドナーが二度と動けなくなる。

それじゃあ惨いよね。
SVXで昂る_f0076731_17551000.jpg
動けないとドナーとしての役割も果たしにくい。
リフトまで来れないから。
慎重に作業が進み、
遂にドナーに戻す時が来た。
SVXで昂る_f0076731_17551780.jpg
これを付けたら、

SVXで昂る_f0076731_17553018.jpg
一発で始動した。


SVXで昂る_f0076731_17554921.jpg
この子も微笑んでる。
緑のドナーが動けるようになったから、
きっと嬉しいに違いない。

もう一台、
同じシルバーのSVXが車検で長期入院中だ。
SVXで昂る_f0076731_17555772.jpg
この子も以前ドナーから、
大切なボディパーツを譲り受けてる。

三台のSVXが並行して治療を受ける。
それは壮大な景色だよ。

SXVと言うクルマは、
スバルの歴史上もっともプレミアムなクルマだ。

そう簡単に無くす事は出来ない。

あの幻と言われる、
「すばる1500」
開発コードP-1と、
ほとんど変わらぬほど、
その野望がとてつもなくデカい。


だから、
大好きなんだ。

この子は、
この部分からオイルの雫が漏れるので、
SVXで昂る_f0076731_17560466.jpg
それを直すのに時間が掛かる。

消耗品も揃った。
SVXで昂る_f0076731_17561290.jpg
後は時間の問題だ。
SVXで昂る_f0076731_19373442.jpg
お得意様のもとに、
着々とかわら版が届いている。
年末の電話訪問も始まり、
多くのお客様から「社長によろしく」と伝言を戴いた。

ありがとうございます。

元旦から頑張ります。
是非お出かけください。

外垣さんがいらっしゃって、
SVXで昂る_f0076731_17561926.jpg
素敵なクリスマスプレゼントを戴いた。

ありがとうございます。

あっと言う間に呑んでしまいました。
SVXで昂る_f0076731_17564808.jpg
美味しいお酒で勢いを付けた。


SVXで昂る_f0076731_17565781.jpg
さあ、
この子の集中整備も始まった。
SVXで昂る_f0076731_19371550.jpg
これまでの知見を活かし、
整備に取り組むが、
もう少し時間をください。
SVXで昂る_f0076731_19372214.jpg
課長が泣いてます。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-12-26 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31