人気ブログランキング | 話題のタグを見る

レンコンとアウトバック

全くもって、
レンコンとアウトバック_f0076731_18232139.jpg
オトナの味だ。
現在のラインナップで、
どのスバルにも負けない絶対的な存在感だ。

円熟した魅力が溢れ出ている。

ダークな車体が黒光りし、
まわりの風景に融合する。
「欲しい!」と心底思わせるクルマだ。

穂積市の浅野さんから、
レンコンとアウトバック_f0076731_18232892.jpg
レンコンを戴いた。

レンコンって言うのは、
けっこう当たり前の食材だけど、
レンコンとアウトバック_f0076731_18233455.jpg
箱を開けた途端、
凄味のあるレンコンが現れた。

これは何か違う。

さっそく、
レンコンを茹でて、
豚バラ肉で巻いてフライパンで焼き、
合わせ調味料でからませた。

レンコンとアウトバック_f0076731_18234098.jpg
カリッとした歯ごたえが良い。
レンコンのしっとりした感じが良いね。

ちょっと硬めの調理でも、
違和感なく食べられる。

もう一品はグラタンだ。
レンコンとアウトバック_f0076731_18234675.jpg
レンコンを塩ゆでしてからすりおろし、
ホワイトソースを作り、
鶏ひき肉玉ねぎ、
にんじん、
レンコン、
それらでグラタンに仕上げた。

これはイケる。

レンコンって大人の味がしないか。
ステキなレンコンをありがとうございました。

お元気かなと、
顔を思い浮かべていたら、
レンコンとアウトバック_f0076731_18235319.jpg
今年もヤナセの加藤さんから、
メルセデスベンツのカレンダーを戴いた。
レンコンとアウトバック_f0076731_18235862.jpg
パッションを感じる表紙だ。

メルセデスもSUV一辺倒だ。
レンコンとアウトバック_f0076731_18240458.jpg
10月の風景がとても気に入った。

グローバルでSUVが圧倒的に売れている。

理由は高速性能も抜群に持ち上げた上で、
高い走破性を持つまでに成長したからだ。

もう一つ理由がある。
欧州では日本より遥かに深刻な事がある。
それは高齢者の肥満だ。

そもそも食べる量が違うし、
基本的な骨格構造も異なる。

ただし、
カロリーオーバーで体重が増えると、
身体にかかる負担が大きい。

だから街中で杖をつく人が目立つ。

そんな彼等にとって、
ウイークポイントは膝だ。

なるべく、
「かがみこむ姿勢」を避けたい。

と言う訳で、
欧州における「なんちゃってSUV」は、
日本よりも増えている。

ルノーなど典型的だ。

その点で、
流石にメルセデスは一味違う。

カレンダーのラインアップを見ると、
改めてその充実ぶりに驚かされる。
レンコンとアウトバック_f0076731_18240902.jpg
ドイツのお菓子を食べながら、
思いを巡らせた。

加藤さんに誘われて、
かなり昔の事ではあるけれど、
メルセデスベンツのAクラスに乗った事がある。

その時、
そのロジックにほれ込んだ。
余りにも自然だし電動パーキングブレーキを巧みに使う。

それに対して、
スバルは余りにもお粗末だった。

前モデルのインプレッサで採用された、
アイドリングストップに乗って、
「偽りのアイドリングストップだ!」と言ったら、
若き技術者が頭から湯気出して怒ったね。

懐かしい。

でも、
これなら納得できる。

但し、
どのようなロジックで、
わざわざAVHのスイッチを押させるのか、
その意図は知らない。

何か独特のフィロソフィーがあるのだろう。

聞かせてもらいたいものだ。
レンコンとアウトバック_f0076731_18241546.jpg
今の季節だと、
メーターの中のAマークが微妙に着いたり消えたりする。

スノーフレークマークが点灯し、
そこにAVHも動作させると、
何か微妙なカップリングがあるのだろう。

点滅する様子で感じるのだ。

何はともあれ、
良くなっている事に疑問は無い。
しっかり燃料を節約できる。

高触感のレザーを用いたステアリングには、
レンコンとアウトバック_f0076731_18242207.jpg
好印象なイエローグリーンのステッチが施され、
この握りの部分がスイッチ一つで直ぐ温まる。

これこそまさに美点だね。
レンコンとアウトバック_f0076731_18243243.jpg
最近は当たり前になったとはいえ、
リヤゲートオープナーのメモリー機構も便利だ。
レンコンとアウトバック_f0076731_18243731.jpg
リヤゲートのスイッチを押すと、
この位置まで自動的に開閉する。

大きなリヤゲートだから、
電動化はとてもストレスフリーで心地よい。

それで、
レンコンとアウトバック_f0076731_18244334.jpg
あらかじめリヤゲートのマークの付いた、
上段にある右から三番目のスイッチを押すと、
レンコンとアウトバック_f0076731_18244953.jpg
あらかじめ決めた位置で、
このようにピタッと止まる。

車庫の狭い人にとって、
傷つきを防げるので便利だ。

さて、
予習はこれくらいにして、
先日の続きをご覧いただこう。
レンコンとアウトバック_f0076731_18245586.jpg
田舎のヒトのジョークなんだろう。
淋しく無いように置いてあげるんだろうけど、
「ギョッ!」とするよね。

でも、
ギョッとするけどシゲシゲと見たくなる。

怖いもの見たさでもなく、
眼の中に宿る魂みたいなものに引き寄せられるのかな。

しかも、
少し怨念を感じる。

この地域には、
こんな空気を感じるんだ。

何か所かで様々なアレンジを受けた、
マネキンの生首が晒されている。

一番すごいのは、
幹線通りに面した塀の上に、
人形の生首を括りつけてる所だ。

それが、
そこを通るたびに朽ち落ちて、
最後はボロボロになっていく。

まさに楳図かずおワールドだね。

OUTBACKの安定感が良く解るはずだ。
年の瀬の慌ただしさを忘れて、
ゆっくりとご覧ください。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2019-12-27 21:57 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction