人気ブログランキング | 話題のタグを見る

西暦と連帯感

無事に「お正月三ヶ日」を過ごす事が出来た。

改めてご来店頂いた皆さんに、
厚く御礼申し上げます。

ここに紹介しきれないほど、
たくさんのお土産を戴いた。
本当にありがとうございました。
西暦と連帯感_f0076731_19324842.jpg
忙しくてお昼ご飯を食べる時間が取れなくて、
ここに紹介する「三種の神菓」で養分摂取し、
電池切れを防いだ。

あかふく餅の後、

西暦と連帯感_f0076731_19325497.jpg
串団子を頬張り、

西暦と連帯感_f0076731_19330058.jpg
よもぎ大福で〆た。
他にも沢山戴いているので、
明日から楽しみが続くだろう。

ありがとうございます。

昨日も忙しかった。
西暦と連帯感_f0076731_19331336.jpg
西暦カーは福を呼ぶ恒例行事だ。

半端な気持ちでやるとケガする。
西暦と連帯感_f0076731_19333302.jpg
お得意様だけでなく、
初対面の来場者とも連帯感を醸成する事が目的だ。

何よりも嬉しいのは、
西暦と連帯感_f0076731_19333901.jpg
お得意様の皆さんが、
その趣旨を重々承知しておられて、
盛り上げ役を進んで引き受けて戴けることだ。

もちろん申し込んだ人も、
その趣旨を理解し、
当選者に祝福の拍手と笑顔を贈る。

この連帯感のために、
20年続けてきた。

そのおかげで、
遠方からも「ちょと行きつけのスバル店に」と、
来訪される方がいらっしゃる。

スモールランプの交換を目的に、
西暦と連帯感_f0076731_19330732.jpg
埼玉からマリオ殿が来訪された。

元旦の夜、
バッティングセンターで、
愛機のランプ切れに気付いたそうだ。

さっそくぜんざいを堪能してもらい、
恒例の福引を楽しんでもらった
西暦と連帯感_f0076731_19335105.jpg
整備士の杉本君も、
日清焼きそばが好きだ。

同じ好みなので、
焼きそばも選べるよう企画した。

チキンラーメンと焼きそばから選べるようにしたところ、
二日で大きな差が出た。
マリオもチキンラーメンが良いという。

どちらも日本に深く根付いたが、
やっぱりチキンラーメンの実力は凄いね。

三日目に入った。
西暦と連帯感_f0076731_19350369.jpg
思わぬお年賀が東京のSさんから届いた。

ありがとうございました。

黒猫の来訪と共に、
折り返し点がスタートした。

雲が去って小雨混じりの天気が一変した。
西暦と連帯感_f0076731_19360808.jpg
さあ、
ラストチャンスだ。

どの人も真剣だ。
西暦と連帯感_f0076731_19361475.jpg
まず、
「酔った勢い」
「運試し」
「なりすまし」
この三つは絶対だめよとお願いした。


西暦と連帯感_f0076731_19362099.jpg
本気で欲しいですか?

おう!!

この一体感が素晴らしい。
西暦と連帯感_f0076731_20384515.jpg
当たった人がうつむき、
外れた人がしかめ面では淋しい。


だから、
笑顔と拍手をお願いした。
西暦と連帯感_f0076731_19362745.jpg
ここに連帯感が生まれる。

また来年もあるさ。
そう思って足取り軽くご帰宅いただく。

なので、
止めるにやめられない。

このイベントは金じゃない。

もちろん、
企業は儲からないと成り立たない。

生業でシッカリ稼がせていただく。

やっとこさひと段落できたが、
座る余裕はない。

新聞休刊日の翌日なので、
ちょっとだけ新聞に目をやり、
挟まれたチラシをかいつまんだ。

思わず「えっ?」目を見張った。
西暦と連帯感_f0076731_19363434.jpg
こんな失敗は無いだろう。

伊東さんとは個人的に親しいので交流がある。

たまに「ダメなチラシ」を入れるので、
アドバイスしたりする間柄だ。

もしかしてと、
大判チラシをめくると、


西暦と連帯感_f0076731_19363904.jpg
輪転機で大量に刷るチラシの、
日付だけ変更できるよう工夫してあった。

そう言えば、
大晦日に入れたチラシを、
まだ完全に見て無かった。

会社では岐阜新聞、
自宅では中日新聞をとっている。

自宅で中日新聞を開いた時、
伊東さんの所も入ってたような気がしたぞ。

会社の新聞を取り出した。
新聞みる余裕なんてないから、
チラシも丸ごと残っていた。
西暦と連帯感_f0076731_19364655.jpg
かわら版が帯になっている。
ありがたいね。

定期的な新聞折込と、
愛読者とお得意様への定期発送、
西暦と連帯感_f0076731_19365260.jpg
それにテレビのCMと、
インターネット上の告知と言った、
メディアミックスで定期的な情報発信を続けている。

やはり紙離れと言えども、
紙ベースの情報発信は重要だ。

なので、
自然にキャッチフレーズや日付に敏感となる。

やっぱり。
大晦日のチラシが出てきた。
これは元旦からの表示になっていた。
西暦と連帯感_f0076731_19365769.jpg
でも、
見出しの文言が「ズレ」ていて、
そのまま大量に無差別投下するのは、
美的感覚という価値観では理解しがたい。

費用対効果と、
「ささる」という意味で、
船井総研が徹底的に吟味した結論なのだろう。

彼等も大変だ。

刺さる内容は大量投下によって、
いともたやすくライバルにコピーされる。

そもそも「未使用車ビジネス」のスタイルは、
家電量販店のコピーだから、
真似した事は真似されやすい。
西暦と連帯感_f0076731_19370326.jpg
ライバルが同じようなモノを作ると、
お互いに差し違えるような鬼気迫る内容になる。

やはり、
うわべだけテクニカルな要素を使うようになり、
禁じ手を禁じ手と思わなくなる。


新年に当たり、
やっぱりどこも相当な危機意識を持っている。

やはり、
未使用車「専門店」と謳うなら、
西暦と連帯感_f0076731_19370940.jpg
嘘はいけない。
小手先の技を繰り出すのは危険だ。

スバルの国内営業に対して「ユトリ達」となじるが、
中小企業支援のトップクラスの、
船井総研までが小手先の「ユトリ」指導をするようになった。

こっそりと「チョイノリカー」と、
中古車には聞こえぬワードを繰り出し、
アイキャッチの目玉車にグレーゾーンを設ける。

ここだけじゃなく、
日本中でこのビジネスに蟻が群がるから、
彼等の苦しい胸の内も解る。

刺さらなかったら意味無いもんな。
全てのビジネスにとって、
辛い一年が始まった。

連帯感を醸成するビジネスを、
これからも追求しよう。

いよいよ激動の令和が始まった。
「連帯感」が今年のキーワードだ。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-01-03 20:21 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31