人気ブログランキング |

人生最高のSUBARU

人生最高のSUBARU_f0076731_18584580.jpg
新宿のど真ん中で、
急にカツオのたたきが食いたくなった。

あるもんだね。
人生最高のSUBARU_f0076731_18585125.jpg
勘だけで初めて飛び込んだ店だけど、
なかなか美味しくてまた行きたい。

つくねも美味い。
人生最高のSUBARU_f0076731_18585612.jpg
いつもオートサロンでは昼めし食わない。

忙しくてそれどころではないからだ。
人生最高のSUBARU_f0076731_18590176.jpg
マリオも同じだ。

だからドンドン箸が進む。

歯ごたえのある鶏肉は、
人生最高のSUBARU_f0076731_18590614.jpg
焼き方が良いので香ばしい。

食いながらも、
人生最高のSUBARU_f0076731_18591112.jpg
レポートの手を休めず、
随時ネット発信を繰り広げた。

変った名前のサワーがあったので、
人生最高のSUBARU_f0076731_18591722.jpg
試しに注文したら、
適度に酸っぱくて甘く無くて、
とっても美味しいじゃないか。

確かに!
人生最高のSUBARU_f0076731_18592358.jpg
これを3杯ほど飲んで、
締めに炙り〆鯖の押しずしを頼んだ。

人生最高のSUBARU_f0076731_18592812.jpg
これも美味いんだ。
満腹になったのでゴールデン街に移動した。

昔とはまるで違って、
欧米人が多く訪れるショットバーが立ち並ぶ。

何とか3人潜り込んだ。
人生最高のSUBARU_f0076731_18593420.jpg
この二人は昼間っからヘンテコな合図を出し合い、
奇妙にシンクロしてる。

まあ、
ドラとコドラの間柄だから、
ツーカーで通じないとマズイ。

埼玉の合図とか、
訳の分からない事を言って、
仏陀の道でも歩むのか。

入口開けたら外人で満席!

奥のマスターと眼が合ったので、
指を三本立てたんだ。

「ああ、いいよ、ここに座って」
実にオーソドックスな店で、
何を飲んでも一杯800円。

テーブルチャージも無しなので、
外国人に好まれるのだろう。

つまり解りやすいのだ。

新宿は本当にほっとするね。
一番大好きな街だ。

また来よう。

オートサロンも本当にほっとするね。
人生最高のSUBARU_f0076731_18593918.jpg
大好きなイベントだ。
最新型から改造車輛までありとあらゆる車が並び、
モーターショー並みのコンセプトカーも現れる。

更に最近は、
オーソドックスなレストアも増えた。

特にブレーキで有名なエンドレスは、
社長の趣味が高じてレストア事業に本腰を入れる。
人生最高のSUBARU_f0076731_18594599.jpg
萩原専務も忙しそうで、
今年はゆっくりお話しが出来なかった。

黄色いアバルトが目を引いた。
良い仕上がりだ。
人生最高のSUBARU_f0076731_18595050.jpg
ここまで徹底すると気持ちが良いね。
ベース車も良かったんだろう。
マフラーまでワンオフだ。

凄く素敵だから、
さぞかしオーナーに愛されてるのだろう。

ただ、
ルパン三世が乗ると滅茶苦茶走るけど、
実際にはなかなか高速道路をぶっ飛ばせない。

二世代以上前の車なので、
やはり基幹性能には隔たりがある。

以前も伝えたと思うが、
SUBARUの歴史上、
最も凄い商品化はP-1だろう。

ゼロベースで作った奇跡のクルマだが、
融資の目途が立たず生産を諦めた。

その後サブロクやスバル1000が産まれたが、
良いクルマではあるものの、
その立ち位置や性能でP-1に及ばない。

TOYOTAやダットサンの高級車と、
真っ向から勝負したからね。

そのような視点から見ると、
他社から絶対に舐められないクルマは、
アルシオーネSVXしかないのだ。
人生最高のSUBARU_f0076731_18595574.jpg
飛翔の準備が整いつつあった。

ちゃんと4本タイヤが載る設計は、
BRZにも受け継がれている。
人生最高のSUBARU_f0076731_19000101.jpg
オーナーは納車式の前日に中津川入りし、
既に綿密に愛機に触れ「しるし」を与えた。
人生最高のSUBARU_f0076731_19000704.jpg
ここにラスターブラックのシンメトリカルAWDを貼るとは、
相当センスが良くしかもSUBARUを知り尽くしている。

舌を巻いた。
人生最高のSUBARU_f0076731_19001251.jpg
オーナーは来訪され、
納車式が粛々と進んだ。

人生最高のSUBARU車が、
新たな主のもとに嫁ぐ日が来た。
人生最高のSUBARU_f0076731_19001916.jpg
岡田さん、
おめでとうございます。

「いちばんのおススメを・・・」

どれも良いけど黄色はこれだけ。
このフレーズを聞いてから、
4ヶ月があっという間だった。

お待たせしましたが、
良いクルマになった。
人生最高のSUBARU_f0076731_19002430.jpg
SUBARUの歴史で最高のクルマ。

それが解る人にお譲りできた。

シカゴで約30年前に出会い、
それ以来片時も離れた事が無いクルマ。

まさに人生最高のSUBARUなんだ。

最初からずーっと今まで、
その気持ちに微塵の変化もない。


乗ると心からホッとするんだ。

それでいて走りは刺激的。
更に官能のサウンドを奏でる。

岡田さんは、
当社の事を良く知ってるので、
オリジナルのマフラーも希望された。

売切ったはずが最後の一本が倉庫に在った。

これも縁だね。
最高のサウンドがさらに強調されている。

あとはPGMの黒川さんに、
是非一度お目に掛かりたい。

それがこの後の目標かな。

スバルマガジンと企画するか。
お楽しみに。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-01-14 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction