人気ブログランキング | 話題のタグを見る

山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ

山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_12563612.jpg
風呂敷包みのお菓子は、
お江戸に端を発し、
日本中に点在する。


中でも中部地方で良く食べるのは、
桔梗屋の信玄餅だろう。

有名なのはもちろんの事、
美味しいしリーズナブルな価格も魅力だ。

こちらのお菓子は、
兵庫県美方郡香美町にお住いの、
井端さんから戴いたお年賀だ。

名前とは裏腹に、
とても繊細なお菓子だった。
山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_12564400.jpg
蜜の味が優しいのだ。

餅の形や味は似ていても、
これほど印象が異なるとは、
最初見た時には想像だにしなかった。

この蜜は黒蜜ではなく、
地域特産の梨から作った「なしみつ」だ。

珍しいお菓子をありがとうございました。

良い食べ比べが出来ました。

加美町は兵庫県と言えども、
日本海に面した風光明媚な街だ。

山陰地方に位置するので、
鳥取の銘菓が入手しやすい。

大風呂敷は昭和48年に販売が始まり、
山陰地方の名物となった。

これを作る宝製菓は、
年間売上高48億円、
従業員280人を擁する大きな菓子メーカーだ。

近くの下呂にも工場があるようなので、
意外に飛騨の土産銘菓も宝製菓で作られているのかもしれない。

観光土産菓子を得意とする会社だ。

何事にも「得意分野」と言うものがある。

「お宝発掘の取材をさせて下さい」

今月の中ごろ一本の電話が入り、
朴訥な語り口で希望を述べられた。
山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_12565051.jpg
車関連ではあるが、
少々スバルとは畑違いのようだ。

以前モノマガジンの取材を受けた。
あの時のように、
新たな視点で自社を見つめるチャンスだ。

きちんと時間通りに到着された。

まず簡単に施設の概要と、
これまでの成り立ちを説明した後で、
順番に館内を案内した。
山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_12565707.jpg
お土産センターと言う名称に、
思わず笑みが漏れた。

ここで売る衣類一つとっても、
栄光のWRC絶頂期から、
最近のスーパーGTまでカテゴリーが豊富だ。

タンスの中が区分けされている様子を、
楽しそうにご覧になられた。
山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_12570375.jpg
三名の役割りが明確に分かれているので、
かなり本格的な編集になるのだろう。

発売が待ち遠しい。

次に当社の歴史がひと目でわかる、
壁面パネルを紹介した。

そのままシアターに上がって戴くと、
山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_12570981.jpg
やはり、
目の付け所が全く違う。

感心した。

床に使ったグラスファイバーのグレーチングを、
興味深そうに眺めている。

空間も取材の対象にするところが、
他の出版社とちょっと違っていた。

これが、
この会社の真骨頂だ。

山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_12571510.jpg
その後ノスタルジックギャラリーと、
STIギャラリーをご覧になった。

山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_12572734.jpg

70年代のクルマは、
姿も今と異なり面白い。

でも取材の対象として考えると、
若干物足りなさが残るように感じた。
山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_12573599.jpg
このジャンルには、
ノスタルジックヒーローを出版する芸文社など、
古参の大御所がデンと構えている。

むしろ、
VIVIO T-topが刺さったらしい。
山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_12574669.jpg
欲を言うと、
もう少し違う年代が見たいようだ。

最近の若者の傾向を想定し、
お宝を発掘していると見た。

ならば農機具置場はどうなのか。
山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_12575263.jpg
ここも面白いらしい。

このあたりで、
取材の途中ではあったが、
望桜荘へご案内して、
ちょっとリラックスして戴いた。
山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_12580487.jpg
こういう空間も刺さるようだ。

この人たちはクルマと空間のプロだな。

紹介しよう。
向かって右側から、
株式会社ネコパブリッシングの編集部員、
竹内耕太さん。

その左がライター兼イラストレーターの、
遠藤イヅルさん。

そして左端でカメラを持たれているのが、
ライターとカメラマンを兼務される、
夏目健司さんだ。

暫し歓談した後、
最後のお宝を紹介した。
山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_12583065.jpg
何となく取材陣の目の色が変わってきた。

1980年代のクルマにスポットを当てる。
山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_12583737.jpg
長い歴史を誇る、
老舗自動車雑誌の「Tipo」は、
主に輸入車を紹介する。

そこから派生した「J’s Tipo」は、
最近の紙媒体からネット媒体に移行する影響を受け
10年ほど休刊しているという。

そんな中、
強い雑誌が生き残ることも事実だ。

スバルマガジンなど恒例で、
紙で得る情報を好む人たちも多い。

出版業界も浮沈が激しく、
生き残りを掛け再編が進んだ。

ネコパブリッシングも例外では無く、
TUTAYAの傘下に入った。
こうして、
相変わらず旺盛な出版事業を展開している。

その一つが「Tipo」なのだが、
「ガレージライフ」も息の長いムック本だ。

最近では急速に力を付けたASEAN圏内で、
ガレージライフが良く売れるという。

また、
新たな自動車生活雑誌として、
「世田谷ベース」は痛快なヒット作だ。

なので、
取材する視点が、
他の媒体と微妙に違っていた。

とても愉しく時間を共にできたので、
午前中が一気に過ぎ去った。

やっぱり、
顔を見てると解るね。
山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_12584322.jpg
実は彼等に最も刺さったのは、
アルシオーネよりもMGBかな。

これもド・ストライクの旧車だろう。

これを持ってる理由は明快で、
SUBARUはFRスポーツなど天地が逆になっても、
絶対に作る事は無いと思っていた。

ところがTOYOTAに頼まれ、
持てる力を余すところなく発揮し、
世界に胸を張れるFRスポーツカーを作ってしまった。

となると、
面白いもので、
結局MGBは当社な教材に変わった。

スバルがブリティッシュスポーツから、
学ぶべきところも多い。

「濡れてもいいなら送るよ」と、
女性に最高のセリフが吐ける、
そんなクルマを作って欲しいのだ。

東京で暮らしていた昭和56年、
電車の宙づり広告で最高のセリフを見た。

それはず~~~と頭から離れない。

いつかSUBARUもオープンカーを・・・、
そう願っていたらT-topが誕生した。

でもスバルの辞書にオープンカーと言う文字が無い。

やれる方法を考えず、
やらない理由をならべたてた

企画倒れを執念でブレイクスルーした人こそ、
山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_14042468.jpg
あの竹中恭二さんだ。

スバル30周年の企画として、
何としても実現させようと、
その構想を高田工業に持ち込んだ。
山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_17264367.jpg
そして、
企画、
デザイン、
設計生産まで全て高田工業が引き受け、
奇跡的な実現を果たした。

生産開始1993年5月、
生産終了1994年2月。

僅か9か月の間に3500台が生産され、
全てオーナーの手に渡った。

その中の一台を、
強烈にしたのが、
このお宝「RX-R Type-T」だ。
山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_14183451.jpg
ビストロ顔の、
5速マニュアルDOHC4気筒だ。

実現させたくても、
市販化は無理だった。

それ、
もう一度本気でやらないか。

山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_17265305.jpg
22Bを組み立てたのも高田工業だ。

やる気になれば、
BRZのオープンカーなんて簡単に実現できる。

大風呂敷を拡げよう。

台数限定で作ってくれたら、
けっこう売れるんじゃないだろうか。

最新のテクノロジーで設計されたBRZは、
軽さを極限まで追求し、
素晴らしく面白いクルマになった。

下取りの6速オートマを徹底的に分解し、
山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_12584826.jpg
洗えるものは全て洗って乾かした。

シートは全て取り外し、
スチームクリーナーで念入り清掃除菌。
山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_12585403.jpg
新車の時に近い品質を取り戻す。
山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_12590012.jpg
シートとサイドシルの間は、
一番汚れが溜まりやすい。

床に直付けされたシートを外し、
徹底的に掃除した。

プロしかできない精度の高い清掃を目指す。
山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_12591277.jpg
センターコンソールから、
インパネまで徹底的に汚れを落とし、

山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_12591941.jpg
セレクタレバーの周囲に溜まったホコリも、
柔らかな布と綿棒を使い丁寧に仕上げた。
山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_12592437.jpg
助手席側も抜かりが無い。

エアコンのブロワーファンも見逃さない。
山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_12593015.jpg
狭い空間だからこそ、
より丁寧な仕事で品質向上を目指す。

次のお客様を想像し、
良いクルマに仕立て直す。

山陰の銘菓「大風呂敷」とBRZ_f0076731_12593824.jpg
何しろ前オーナーの愛情が、
有り余るほど注がれ、
STIパーツもふんだんに組み込まれている。

前のオーナーも、
「是非可愛がっていただる良いお客様に」と、
可愛い愛機の行く先を祈っていた。

出来上がったBRZえ岐阜まで出張し、
その完成度を確認する。

今日は岐阜スバルの沼社長が、
本年の姿勢方針を熱く語るため、
岐阜のホテルで待っている。

そこに向って出撃だ。

さあ、
また忙しくなるな。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-01-27 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction