人気ブログランキング |

レガシィの素晴らしさを凝視する

レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20234748.jpg
むっちゃんに戴いた、
帝国ホテルのチョコレートは、
味の変化がとても楽しい。
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20235284.jpg
ベースがカカオ70%なので、
含有率が高まるほど酸味が増し、
ビターな味を上手く和ませる。

生酛造りの日本酒に通じるな。

洋酒と楽しみたくなる、
良い味のチョコレートだ。
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20235816.jpg
洋酒の香りのクルマが来た。
スコッチに近い味だ。

B-SPORTは、
SUBARUお得意の特装車で、
いつもモデル末期に投入される懐刀だ。
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20240477.jpg
イエローグリーンとラスターブラック主体の、
X-BREAKに対して、
ダークメッキとガンメタリック塗装で、
ヨーロピアンテイストを匂わせる。
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20241081.jpg
ワイルドネスグリーンは、
一度乗ってみたい色だったので、
念願かなって実車を置いた。

けれども、
何かしっくりこない。

と言うのも、
こちらにはクールグレィカーキも選べる設定だ。

それを選ぶなら、
ホイールはダークメタリック塗装で、
オーナメントもラスターブラックが良い。

シートはウルトラスェードで、
実にシックリくるのだが、
シルバーステッチで面白みがなく、
ドアハンドルも同色なので変化に乏しい。

はっきりとX-BREAKとの差を付けた点は立派だが、
こちらはアーバンスタイルを好む顧客に特化している。

ブラックのロータイプルーフレールが、
はっきりとその意味を示すからだ。

B-SPORTを求める、
ハイセンスなオーナーは、
ホイールもタイヤも全て交換し、
独特な世界を創る人か、
或いはデカいルーフレールが嫌いだ!と、
はっきり主張する人だろう。
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_11111023.jpg
ゴディバの味だな。
こちらは全体に甘く仕上がっている。

それに対して、
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_11100515.jpg
こちらのチョコは、
カカオの配分を選べて素晴らしい。

見かけは似ているが、
それぞれのコーディネートは全く異なる。

そのような視点でとらえると、
やはり好みはX-BREAKだな。

その実車が届いた。
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20241737.jpg

そこで導入対象を切り替えた。

色は勿論ワイルドネスグリーンを選んだ。

マグネタイトグレーも良かったし、
ショールームに入れたクリスタルホワイトパールは、
来店する人の目を釘付けにした。

けれども、
グリーンオングリーンの、
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20242619.jpg
この配色もかなり素敵だ。
大いに気に入った。

B-SPORTのダークメッキ×ガンメタリックペイントより、
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20243260.jpg
こちらのピアノブラック調×ラスターブラックペイントに、
イエローグリーンの差し色が入る方が、
より存在感が際立つ。
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20243842.jpg
本当に良い顔だと思う。

ブラックで締めると、
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20244304.jpg
これほどカッコ良いのか。

黒い部分を増やせば増やすほど、
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20245133.jpg
アウトバックらしさが深まってゆく。
ラスターブラックにするだけで、

レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20245858.jpg
結構コストが上がるらしい。

なるほどね。
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20250316.jpg
いい味出してるな。
BRZの、
チャールサイトイエローにも、
このアレンジが似合ってた。
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20250874.jpg
クロスバー式のルーラックは米国からの輸入品だ。
鉄板のサンルーフを装備し、
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20251525.jpg
雰囲気は最高になった。

ドアを開けると、
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20252061.jpg
イエローグリーンのステッチが活きた、


レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20252662.jpg
撥水シートが現れる。
黒いウルトラスエードも捨てがたいが、

レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20253100.jpg
これはX-BREAKの重要な要素なので、
商品としてみた時には有用性が高い。

レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20253768.jpg
インパネのステッチも効いているし、

レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20254210.jpg
ステアリングのクオリティも実に素晴らしい。

ゆったりした後席には、
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20255028.jpg
左右にエアコンの吹き出し口が合設けられ、
USB電源も完備し、
シートヒーターも心地よい。

リヤゲートもストレスフリーだ。
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20255813.jpg
軽く押すだけで、


レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20260595.jpg
大きなゲートがスムーズに閉まる。


レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20261151.jpg
初期の頃に比べ、
動作がクイックになり、
安全上も大変好ましい。

美味しいクルマに育った。
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20261706.jpg
ゴディバも最近はカカオの含有率に拘る。

まき子さんんから戴いた、
チョコレートに舌鼓を打った。


レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20262369.jpg
食べる順番を変えてみた。
含有率の多い72%方から食べて、

レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20262965.jpg
次に普通のチョコを食べて、


レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20263583.jpg
50%の含有率で締めた。

どれも美味しかった。

カカオが増えると、
当然の如く味は重くなる。

その重さを、
微妙なアレンジで美味さに換える。

そんな違いを感じていたら、
ふとセダンの味が恋しくなった。

スポルヴィータ以来、
新車をショールームに入れていない。
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20264516.jpg
B4のカタログを取り出して、
一ページ目を開いて、
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20265512.jpg
またしても嫌な感じが漂った。

クルマごとに換えたらどうだ。
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20270526.jpg
アレンジと言う言葉を知らないのか。

次のページに進む。
これも違う。
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20271648.jpg
なぜイメージをクリムソンに定めたのか、
全く理解しがたい。
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20272966.jpg
指向性は悪くないけど、
いまいちピンとこないんだ。

パラパラとめくって、
ある所で目が釘付けになった。
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20273952.jpg
なぜこれまで気が付かなかったのかと、
不勉強さに嫌気がさした。

もっと早く気が付くべきだった。

レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20274663.jpg
並んでるマグネタイトグレーも、
なかなか良いじゃないか。

赤も悪くないし、
シルバーでも似合うぞ。

なんだこれはと思いながら、
前のページに戻った。

レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20275520.jpg
ドキンとした。

待ってたのは「コレ」だった。

アウトバックと全然違う。

何故なんだ。
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20280673.jpg
まだお目に掛かった事は無いが、
マリオの動画で七代目レガシィのPGMを拝見した。

若い。

昨日のブログでレガシィの歴代PGMに触れたが、
内田さんの後を引き継いだのは堀さんという人だ。

これまでとは雰囲気が全く違う。

国内のフラッグシップを五島PGMが担い、
その両脇をかなりの逸材が固めている。

自由闊達なアメリカで、
更に可能性を伸ばすため、
40歳代の人材を投入したのか。

歴代のレガシィを見ると、
おおよそ次の主役が最後をまとめる。

内田さんの下で頭角を現したのなら、
このビッグマイナーした六代目レガシィは、
おそらく堀PGMの作品だろう。

OUTBACKとB4の特性を良く理解し、
日米双方の嗜好を満足させるように、
極めて精巧にできている。

レベルの高い仕上がりなのだ。

残念な知らせだが、
岐阜スバルの沼社長から、
次期型レガシィB4は日本での発売が見送られたと、
正式に聞かされた。

命を懸けてB4を守って欲しいと頼んだので、
そんな責任を取らされてはかなわないと思ったのだろう。

聞かれる前に白旗を上げてきた。

しかし、
それにしても現行B4が、
こんな素敵な特装車を出したと、
誰が言ってた?

岐阜スバルの販売統括部長にさっそっく電話を掛けた。

清水部長はいらっしゃいますか?

女性が出た。
「少しお待ちください」

「こんにちはどうかされましたか」

清水さん、
急にすみません。
B4のB-SPORTを
実際に見たことありますか?

「いや。一度もありません」

ああそうですか、と電話を切った。

国内営業本部は、
B4を全く売る気が無い。


いくら作り手が執念を燃やしても、
ここに掛けるエネルギーまで手が回らないのが実態だろう。

責めちゃいけないなと反省した。

現行後期型のアウトバック X-BREAK、
B4のB-sport、
それらの相関関係を見ると、
七代目レガシィを命懸けで開発する者しか出すことが無い匂いを感じる。

それは熊谷PGMがLEVORGを開発しながら、
最終型の5代目をまとめた時の匂いに通じる。

これほど素晴らしいB4なのに、
その存在が余りにも地味だ。

これでは、
「次は売りません、へへへへ」で済まされても仕方がない。

やってやろうじゃないか。
ショールームに入れてやる。

さっそく清水部長に新車を注文した。

インディアナで初めて米国製の六代目を見た時、
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20281555.jpg
こんな良い色を何故売らないのかと疑問に思った。

やがて、
それは手に入る事となったが、
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20282394.jpg
水平対向6気筒は遂に終焉を迎えた。

米国産のレガシィは、
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20283083.jpg
クオリティが素晴らしい。

白は鉄板過ぎて嫌なはずなのに、
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20283719.jpg
アメリカの乾いた空の下で、
美しく潤っていた。

これ、
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20284435.jpg
かなり良かったんだ。

地元のディーラーを表敬訪問し、
セールスマネージャーの愛車を聞いた。

レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20285623.jpg
ライアンの愛機は、

やっぱり思った通りだった。
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20290258.jpg
6発のB4でサンルーフ付きのパールホワイト。
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20290979.jpg
最近は、
グローバルスタンダードの展開なので、
アメリカから車を持ち込もうと思わなかった。

トライベッカだけは欲しかったけど、
日本で売るかもしれなかったので様子を見た。

先日も書いたが、
出がらしのアセントも興味の対象では無い。

でも、
このレガシィには興味津々だ。

B4の六発って、
今買っておかないと、
二度と「飼え」ないかもしれない。

そこで昨夜、
旧友のジェフにメールした。

B4の白の3.6リッターの新車が手に入るか、
リクエストしたいんだけど。

するとすぐに返事があった。
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20291403.jpg
「お前さんの欲しいのはこれかいな」

それは新しい奴で、
マイアミならまだ前のが残ってないか?
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20292285.jpg
こいつだけんど、
どこさないかね???
レガシィの素晴らしさを凝視する_f0076731_20292997.jpg
まえのがええんよ。
3600ccしかあかんよ。

「ほな調べてみるけん、
ちょっとまっとてえな」

残ってると良いな。
久し振りに血が騒ぐよ。

アメリカは随分近くなったね。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-02-17 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30