人気ブログランキング |

L.L.Beanとレガシィの絶妙なコンビネーション

ヒトは気分によって味覚が変わる。

ある時は美味しいと感じるのに、
時には苦かったり酸っぱかったりする。

恋も同じかな。


その点でお菓子は正直だ。

美味いお菓子は、
概ね体調に関係無く美味い。

そして、
カラダにぴったりマッチすると、
とてつもなく美味しくなる。

机の上にお菓子が配られていた。
L.L.Beanとレガシィの絶妙なコンビネーション_f0076731_17545332.jpg
食べて驚いた。

大福の味じゃない。
L.L.Beanとレガシィの絶妙なコンビネーション_f0076731_17545863.jpg
見た目はうっすらピンクだし。

中身も、
良く見るとピンクだ。
L.L.Beanとレガシィの絶妙なコンビネーション_f0076731_17550319.jpg
懐かしい味がする。

包装紙を見せてもらうと、
静岡の坂本さんから戴いた、
L.L.Beanとレガシィの絶妙なコンビネーション_f0076731_17550950.jpg
珍しいお菓子だった。
なるほど。

イチゴの餡を使ってるのか。

L.L.Beanとレガシィの絶妙なコンビネーション_f0076731_17552595.jpg
同じ日に、
とてもオーソドックスな饅頭を戴いた。
対称的に日持ちしない、
本当に昔話に出るような素朴な饅頭だ。

L.L.Beanとレガシィの絶妙なコンビネーション_f0076731_17553151.jpg
七福さんに戴いたお茶うけだった。

照りが良いね。
L.L.Beanとレガシィの絶妙なコンビネーション_f0076731_17553731.jpg
流石に和菓子のプロ中のプロだ。
L.L.Beanとレガシィの絶妙なコンビネーション_f0076731_17554730.jpg
この安心感を、
何と喩えたら良いのだろうか。

坂本さん、
七福さん、
ありがとうございました。


とても美味しくいただきました。

松本から斎藤さんがいらっしゃって、
L.L.Beanとレガシィの絶妙なコンビネーション_f0076731_17561615.jpg
愛機BLEの車検を承った。

お土産を戴いた。
L.L.Beanとレガシィの絶妙なコンビネーション_f0076731_17562170.jpg
これも素敵な甘さを持つお菓子だ。

ほのかな甘さではなくm
L.L.Beanとレガシィの絶妙なコンビネーション_f0076731_17562635.jpg
ギュッと来る甘さなのだが、



L.L.Beanとレガシィの絶妙なコンビネーション_f0076731_17563289.jpg
体の芯から求めるような、
とても魅力的な甘さだ。


L.L.Beanとレガシィの絶妙なコンビネーション_f0076731_17563799.jpg
チーズダックワーズを、
とても美味しくいただきました。

斎藤さん、
ありがとうございました。

アメリカ訪問を思い出しながら、
これらのお菓子を一気に食べて、
L.L.Beanとレガシィの絶妙なコンビネーション_f0076731_17590856.jpg
あの珍しいクルマを思い出した。

そうなんだ。

セダン文化が下火とは言え、
アメリカではまだ広い裾野を持つ車形だ。

ここで、
思わぬクルマを見た。
L.L.Beanとレガシィの絶妙なコンビネーション_f0076731_17591448.jpg
流石だな。
本場だけある。

L.L.Beanとレガシィの絶妙なコンビネーション_f0076731_17591959.jpg
このマークが板についてるね。

アメリカにはセダンのアウトバックがあり、
少ないながら一定の顧客を掴んでいる。

そこにL.L.Beanを組み合わせたのか。

日本ではBEAMSと大々的に組んで、
最初は威勢がよかったけれど、
暖簾使用料が高すぎた割に効果が無かった。

それがトラウマになったのか、
あれ以来コラボレーションは誕生しない。


SUBARU自身のブランドステートメントが上がり、
コラボの必要が無いのだろう。

但し、
監修して採用するのと、
相手に丸投げで歩調を合わせるのは意味が違う。

その点で、
L.L.Beanとのコラボレーションは凄く良かった。

これも強い甘さがある。

しかも、
体の芯から欲しくなる甘さなんだ。
L.L.Beanとレガシィの絶妙なコンビネーション_f0076731_17593618.jpg
これは日本人には出せない、
ちょっと独特な世界観でもある。

アウトバックの商談があり、
定期走行検査を行った。

中津スバルの中古車は、
全て走行テストを施してから展示している。

その上で、
定期的にポリマーコートを掛け、
定期的に始動し、
商談が生まれると性能の再確認を行う。
L.L.Beanとレガシィの絶妙なコンビネーション_f0076731_17594214.jpg
トリップメーターをリセットし、
雨天と言う絶好のチャンスを活かしてテストした。

気温は高くもなく低くもない。
L.L.Beanとレガシィの絶妙なコンビネーション_f0076731_17595073.jpg
速度域も高められるし、
普段とは違う環境で、
クルマの健康状態が良く掴める。
L.L.Beanとレガシィの絶妙なコンビネーション_f0076731_17595512.jpg
基幹性能に全く問題はなく、
ステキなグリーンのツートンカラーと、
アイボリーとウッディな加飾のインテリアに酔いしれた。

やっぱりいいよね。

四代目レガシィとL.L.Beanは、
本当に抜群のコンビネーションだ。

そう言えば、
とても面白いものを見たんだ。


先日のオートサロンで、
L.L.Beanとレガシィの絶妙なコンビネーション_f0076731_18000220.jpg
ちっちゃなプロトタイプが飾られていた。

これ欲しい!

安っぽくないからね。

だからまず、
是非ディーラー向けに作って欲しい。

これに次期レヴォーグの純正カラーを塗り、
ショールームに全色置いたら最高だ。

最近トヨタのショールーム用のミニカーが、
高値で転売されてるらしい。

彼等は売らないから、
逆にそう言う事になる。
そういう時代なんだ。

で、
良く分析すると、
あのミニカーはとても売り物にならないレベルだ。
だから売らない。

もう客集めに、
店先でミニカーをばらまく時代は終わった。

そんな無駄な事をするより、
しっかり開発費をかけ、
ちゃんとした老舗に作らせ、
宣伝費分を値引けば、
本気で欲しいスバリストが喜ぶ。

売り物になるものを、
スバルファンのために作り、
それをお買い得な価格で出そう。

ローンチカスタマーに、
無料で配るのも良くない。

興味のない人にはゴミになるだけだ。

ところがコレクターなら涎が出る。

売りたくても売れないようなものではなく、
積極的に開発して売ろうじゃないか。


ドイツでメルセデスやBMWのミュージアムに行くと、
本当に立派なミニカーをジャンジャン売ってる。

ディーラー用にレベルの高いミニカーを開発し、
それを欲しいというお客様に売れば、
まさにウインウインの関係だ。

置いてあったのは1/18スケールだから、
インプレッサハウスに置くのも良いな。

1/43だとちょっと小さい。

サイズも色々用意して欲しい。

世界中のスバリストが買うだろう。

お土産センターで売りたいので、
徹底的に純正化して(笑)、
早く商品化しようじゃないか。


久し振りに、
甘いスバルを見たような気がする。

1/43はコレクターズサイズなので、
それは幅広いお客様に出してね。

本当に1/18が素敵じゃないの。

デザインするのが本職だよね、
自動車メーカーって。

日本中のカーメーカーが真似する様な、
面白い企画をぶちまけてね。
期待して待とう。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-02-18 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30