人気ブログランキング | 話題のタグを見る

テンハチからテンハチへ

月曜日、
7時半に集まり、
全員で一斉に掃除を始めた。

素早く進める必要があった。

大事な約束があったので。
テンハチからテンハチへ_f0076731_20451300.jpg
テンロクに対して、
1.8リットルエンジンをテンハチと呼ぼう。

今後の主力だから。

その約束とは、
お嬢の撮影だ。

お嬢はテンハチを積んだ、
当時の常識を超えた絶世の美女。

彼女を撮影したいと申し出があった。

もちろんオールヌードだ。

幸いにも好天で気温も高く、
スタートから掃除は円滑に進んだ。

だが、
招かれざる客も来た。

大量の花粉だ。

まあ、
それも仕方がないさ。

鼻水たらし尽くして休憩した。
テンハチからテンハチへ_f0076731_20454296.jpg
昨日、
そら君に戴いた包みを開けた。

テンハチからテンハチへ_f0076731_20454838.jpg
おー!
美味しそうなクッキーだ。

これはセンスの良い詰め合わせだ。

味見と称して、
独り占めしないようにと、
むっちゃんに釘を刺された。

テンハチからテンハチへ_f0076731_20455496.jpg
美味い!
香ばしくて歯触りも良い。

メレンゲ菓子の一種らしい。

どれどれ、
テンハチからテンハチへ_f0076731_20460130.jpg
となりのは??

塩辛くて、
これも美味しい。

この面白い味はチーズが生み出している。

止まらない。
テンハチからテンハチへ_f0076731_20460661.jpg
アーモンドの記事にチョコを挟んだと書いてある。

テンハチからテンハチへ_f0076731_20461791.jpg
美味い!
アっかーん・・・・。

そこで何とか自制心が働いた。

早速みんなに配り、
美味しくいただきました。
ありがとうございました。

そして、
稲村さんのお土産も封切った。

テンハチからテンハチへ_f0076731_20462366.jpg
これまた珍しいミルフィーユだ。

テンハチからテンハチへ_f0076731_20462996.jpg
期間限定で二つの味を楽しめるのだ。


テンハチからテンハチへ_f0076731_20463534.jpg
キャラメルナッツとベリーベリー

どちらも美味しくいただきました。


テンハチからテンハチへ_f0076731_20464025.jpg
ミルフィーユって、
出来が悪いと胃の中にいつまでも残る。

テンハチからテンハチへ_f0076731_20464780.jpg
そこが全く違って、
これは美味しくいくらでも食べられる。

自制心自制心・・・・・。

お茶の時間の後は昼ごはんだ。

テンハチからテンハチへ_f0076731_20465299.jpg
七福さんから赤飯饅頭を頂戴した。

これも実に面白い。

白い方はごくごく普通の赤飯だが、
ほんのりと紅に染まる左側は全く違った。

テンハチからテンハチへ_f0076731_20470411.jpg
栗も良い塩梅で存在感出す。
さあ、
戴きます。
テンハチからテンハチへ_f0076731_20470983.jpg
何だろう。
もう二つぐらい食べないと、
この美味しさを上手く表現できない。

ごちそうさまでした。

三倍くらいの大きさで、
追加商品化を期待したい。

お菓子ばっかりでは栄養が偏る。

そこで冷蔵庫から使いかけのモヤシを出した。
次にアマノフーズのフリーズドライ味噌汁を取り出す。

先に器に入れて、
お湯を少し注いで溶かしたら、
全部モヤシを放り込んだ。

そして卵二個を落し、
3分間レンジにかけた。
テンハチからテンハチへ_f0076731_20465783.jpg
チン!
出来た所に6Pチーズを対角線に添える。

美味い!
テンハチからテンハチへ_f0076731_20471589.jpg
塩分も控えめで、
歯ごたえも良くサッと昼食を済ませた。

女優もその気になり、
やる気満々でスタッフの到着を待つ。

テンハチからテンハチへ_f0076731_20472100.jpg
約束の時間通りだ。

彼等が颯爽と現れ、
スムーズにセッティングが終わった。
一糸まとわぬ姿の女優が、
テンハチからテンハチへ_f0076731_20473944.jpg
太陽の下で大胆な姿態を見せつけた。

向かって右がハチマルヒーロー編集室の、
木内一行さんだ。

そして向かって左が、
奈良県でフォックス・ブックス・スタジオを主宰される、
清水良太郎さんだ。

彼はカーマガジン界の、
篠山紀信だろう。
オンナ(クルマ)を扱わせたら、
優れた結果を出すプロ中のプロだ。

こうして恥ずかしいところまで、
まんべんなく丁寧に撮影が続いた。
テンハチからテンハチへ_f0076731_20475334.jpg
マネージャーの出番は少ない。

生のままの姿に、
スタッフの情熱が注がれた。

シャッターの音が重なるたびに、
女優の緊張感が解れてゆく。

時間があっという間に過ぎた。

ここで、
むっちゃんから一息入れるよう、
「ティータイム」が届いた。
テンハチからテンハチへ_f0076731_20480187.jpg
暑かったので冷たい飲み物が良いかと思ったが、
風が強くなったので、
熱いお茶が心地良かった。

そして撮影が再開され、
女優に様々なポーズが要求された。
テンハチからテンハチへ_f0076731_20480877.jpg
ちょっとした隙間から、
恥ずかしい光が漏れぬよう、
マネージャーも撮影に一役買った。
テンハチからテンハチへ_f0076731_20481655.jpg
と、
その時だった。

女優の機嫌が悪くなった。
テンハチからテンハチへ_f0076731_20482302.jpg
今では死語であるが、
昭和の時代「前張り」が常識だった。

恥ずかしい部分に貼る布だ。

前張りと聞くと、
三角形の黒い布を連想する、
オトコの切なさが解るだろうか。

きっと肌色もあるだろう。

それはさておき、
生のままで勝負するお嬢には、
この前張りが屈辱だったらしい。

「私の綺麗なカラダに野暮な黒い布は御止め」

流石にカラダを張って、
ここまで生き延びた女優には、
計り知れないオーラがあった。

ご機嫌を損ね、
撮影が前に進まない。

ここで清水フォトグラファーは、
恐るべきプロ魂を発揮した。

テンハチからテンハチへ_f0076731_20483196.jpg

お嬢!申し訳ない!!最高の絵を撮ります!!!

このプロ魂には驚くばかりで、
テンハチからテンハチへ_f0076731_20483800.jpg
思わず目を見張ったよ。

そこから女優は一気に機嫌を直し、
テンハチからテンハチへ_f0076731_22001747.jpg

清水さんの言うがままに身体を開いた。

あっと言う間に夕暮れだ。
テンハチからテンハチへ_f0076731_20485376.jpg
素晴らしい写真が紙面を飾る。

発売が楽しみだ。
テンハチからテンハチへ_f0076731_20490038.jpg
次のハチマルヒーローをお見逃しなく!

木内さん、
清水さん、
愉しいひと時をありがとうございました。

会社に帰ると、
思わぬものが届いていた。

先日のオートサロンで入手し、
「これは素晴らしい、
10部で良いから取り寄せて欲しい」

そうお願いしたが、

「そんなものは無い!」
ケンモホロロに断られた。

ああ!
そうか!!

オートメッセとか、
まだ全国行脚があったよね。
出せないはずだ。

空気を読むのが遅かった。
テンハチからテンハチへ_f0076731_20510912.jpg
これが良く出来てる。

次世代のテンハチが、
更にベールを脱いだ。

ベース車と同時に、
STI SPORTが販売開始だ。

それを辰己さんが真剣に褒めてる。

漸くNBRを「口笛吹きながら」、
思いっきり攻められるクルマが誕生する。

今週の土日に是非スバルディラーで、
穴のあくほど読み漁って欲しい。

半年後に備え、
皆で知識武装しようじゃないか。

テンハチからテンハチへ。
エイティズからトゥエンティズへと時代は巡る。

今日は有意義な一日だった。

さあ、
仕上げに泳いでくる。

明日もお楽しみに!!

Commented by 五条銀吾 at 2020-03-02 23:11 x
ハチマルヒーローに掲載されるのですね
アルシオーネ生誕35周年の今年を荘厳するに相応しい記事になりそうですね
楽しみです
Commented by b-faction at 2020-03-03 17:23
> 五条銀吾さん
はい、素敵な記事になりそうで今から楽しみです。
Commented by 肥後智彦 at 2020-03-05 20:23 x
アルシオーネは1985年デビューでしたね。
1986年に「夏休み乗り物教室」という
スバルの親子工場見学ツアーに親子で参加し、
テストコースなどでアルシオーネの勇姿を見た
印象が強いです。全てがスバルらしくて好きです。

当時モノのアルシオーネ「チョロQ」大切にしてますよ。
Commented by b-faction at 2020-03-05 20:52
> 肥後智彦さん
今晩は。
その通りです。エアロスバルのデモフライトなどがあり盛り上がったらしいですね。一度も見た事が無いのが心残りです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-03-02 22:16 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31