人気ブログランキング | 話題のタグを見る

クルマの手綱

コロナウイルスなんて、
蹴散らしてしまおうぜ!!
クルマの手綱_f0076731_19561118.jpg
早いものでネコパブから次の号が出た。

こうして振り返ると、
3月号は面白い企画だった。

お酒に例えると、
ワイン専門誌で丸ごと一冊「日本酒特集」を組んだ。
そんな感じのする特別号だった。

その企画の一つとして、
純米無濾過の生原酒を取り上げた。

それが中津スバルだとしたら、
こんなに嬉しい事は無い。

改めて感謝すると同時に、
4月号を三冊購入し、
自宅とサービスフロントとショールームに置いた。

両方とも並べて置くので、
興味のある方は読み比べて欲しい。

昨日所用があり、
久し振りに市役所へ行った。

すると、
クルマの手綱_f0076731_19561708.jpg
美乃坂本駅の将来図が描かれていた。

あほやな。
違うやろ。

どうしてこんなに創造力が無いのか。
或いは、
当り障りのないように、
予算作ってパース屋に丸投げしてるだけか?

行政に創造性を求める事が間違いか?

そう思いつつ、
最近の傾向を深堀りしてみた。

リニアが来ることは素晴らしい。

でも、
それはあくまでも東京大阪を繋ぐための乗り物で、
途中駅は地元に対するオマケのようなモノだ。

それを活かすも殺すも、
住民次第なんだけど、
この地の住民には自らが置かれた幸せな環境が、
これっぽっちも解っていない。

でも、
外から見ると魅力に溢れる。

だから、
となりの恵那市に「100年企業」がやって来る。
クルマの手綱_f0076731_19562309.jpg
東海地方で知名度ゼロだが、
カネスエは一宮で生まれた生粋のスーパーだ。

乱暴なドミナント展開をせず、
爪を研いだ挙句、
バロー発祥の地に乗り込んできた。

これは消費者にとって歓迎以外の何物でも無い。

山崎製パンの社長さえも、
「カネスエの大将」とあがめた人物は、
どんな人なのか。

実に面白い人物だった。
カネスエに入社すれば「美味い魚が食える」と、
ただそれだけの思いで丁稚奉公に入った。

その人物が番頭になり、
戦後の混乱期に消えかけたカネスエを守った。

そして息子が社長として後を引き継ぎ、
面白い商売を続けている。

この企業に対して俄然興味がわいた。

いま、
中津川市民は本気で困っている。

「アピタ」が「ルビットタウン」に変わり、
スーパー部門がバローになった。

そのとたんに、
美味い魚が食いたくても、
思うように手に入らなくなった。

その上、
バローと言う企業は奇妙で、
地元にある生産者を正しく使わない。

モヤシはサラダコスモと言う、
立派な企業が中津川にあるのに、
その商品を一切置かない。
クルマの手綱_f0076731_20300152.jpg
となりのファミリーマートでさえ、
欠かさず店頭に置くほどの、
信頼されるブランドだ。

このように消費者に目を向けず、
ドミナント戦略で突き進む企業と、
「美味い魚が食いたい」と丁稚奉公した男の企業、
どんな戦い方をするのか見ものだな。

酒なら純米無濾過の生原酒と決め、
クルマの手綱_f0076731_20050966.jpg
自分のためだけでなく、
親しいスバリストのために作り続けた。

これも美味いけど、
松原さんと知り合って、
久し振りに白ワインにはまった。

蘭越町の松原農園の作るワインが、
魚好きの舌に火をつけた。
クルマの手綱_f0076731_20051698.jpg
火曜日の夜、
一緒に居酒屋に行った時、
大将に無理を言って一本だけ持ち込んだ。
クルマの手綱_f0076731_20052254.jpg
そしてビールで乾杯した後、
地元の銘酒「鯨波」飲んだ。

普通酒だったので、
これと言った特徴は無い。

次に「宮崎農園2018」にチャレンジすると、
クルマの手綱_f0076731_20053670.jpg
「酢っパ美味さ」が肴に合う。
あっと言う間に一本空けた。

源八の大将、
ごめんなさい。
営業妨害しちゃいました。

このように濃い夜を過ごし、
昨日も仕事を無事に終えた。

家に帰る前に、
美味い魚が欲しくなった。
クルマの手綱_f0076731_20054463.jpg
ふと思い出した。

日曜日の朝、
スーパーセンター「オークワ」が、
たくさんの人達であふれかえっていた事を。

その時、
生鮮売り場でマグロのブロックを見た。

夜行くと、
跡形も無かった。

やっぱり売れるんだ。
凄い勢いで片っ端から売れてたからね。

昨日は夕方なので、
日曜よりは時間的に早し。

期待を込めて店に入ると、
クルマの手綱_f0076731_19564340.jpg
幸運なことに4つ残っていた。

これは確かにお買い得だ。

時々、
解凍のマグロに掘り出し物が混じる事がある。

一旦ワインで火のついた舌に、
ビールは物足りない。

酒売り場に行くと、
思わぬ掘り出し物があった。

これがオークワの強みだろう。

ビール大瓶二本分以下で、
南アフリカの美味しいワインが買える。

輸入元はエノテカだ。
クルマの手綱_f0076731_19565160.jpg
松原さんに教わったように、
キンキンに冷やして飲んだ。
クルマの手綱_f0076731_19565936.jpg
マグロもソコソコ旨い。

源八の夜と、
同じようにはいかないが、
つつましく晩酌するには過分なほどだった。
クルマの手綱_f0076731_19570552.jpg
平成6年にマダガスカルに行った時、
南アフリカの代表団が、
名産品としてワインを持ち込んだ。

南アフリカとワインなんて全く結びつかなかったが、
長い間掛けて素晴らしい味に仕上げたと胸を張っていた。

それが日本で簡単に手に入る。
ワインづくりもライバルがいて大変だが、
スバリスト用の「純米無濾過の生原酒」と同じく、
顔の見える白ワインに大きな魅力を感じた。

ワイン一本を開けて、
深酒をせず朝を迎えた。

今日も大事なプログラムがあった。

なので、
早起きして出勤した。
クルマの手綱_f0076731_19571010.jpg
シャッターを開けたら、
ギャラリーに並んだSUBARUたちが目に飛び込んだ。

レヴォーグ、
アルシオーネ、
1300Gの面構えは、
どれも凄く美味しそうだ。

10時になると、
松原さんが長野周遊の旅から戻られた。
クルマの手綱_f0076731_19571741.jpg
さっそくドライブエクスペリエの、
Bプランに臨んだ。

復習を繰り返され、
スキルは確実に向上した。

反復練習をしながら中津川を目指す。

丁度妻籠宿の辺りまで来た時に正午を迎えた。
クルマの手綱_f0076731_19573762.jpg
ここの蕎麦も昔から美味い。

もう少し量があると最高だが、
大盛り頼むと1450円でざる3枚出る。

男性ならそれぐらい食うと良い。
思った以上に満腹になる。

さあ、
腹を満たして後半戦のスタートだ。

動画の撮影にご協力いただいた。


下り終えると、
そこが妻籠宿だ。

残念ながら国道から見る事が出来ない。
そこでDEの手を休め、
少しだけ祖父の生まれた家を案内した。
クルマの手綱_f0076731_19572412.jpg
ここから毎日ヒトを見ていたので、
何となく「将来像」が掴めたのかもしれない。

クルマの手綱_f0076731_19573020.jpg
この風景は50年以上前と比べても、
寸分の狂いさえ無い。

美乃坂本駅も「リニア中津川駅」に生まれ変わるのだが、
その原風景を如何にとどめるかが腕の見せ所かな。

松原さんを美乃坂本駅でお迎えした時、
北海道で親切にしてもらった、
国鉄の新冠駅を思い出した。

その原風景が中津川にある。

それも文化遺産だね。

松原さん、
クルマの手綱_f0076731_19574394.jpg
ありがとうございました。

また是非お目に掛かりましょう。

Commented by 中原 at 2020-03-20 00:18 x
 社長ご無沙汰しています。

世の中コロナウィルス一色ですね。いろんな方が来店されますからお気を付けてくださいね。

思うにあんなもん、われわれ日本人が普段からやっている事を当たり前のように、だけど少し念を入れて日々過ごしていればどうってことないように思えるのです。

ボクは「8時だよ全員集合」の加トちゃん。エンディングで♪「ババンババンバンバン」「お風呂入れよ」「ババンババンバンバン」「歯磨けよ」「ババンババンバンバン」「宿題やれよ」と声をかけていることそのまんまじゃないかと思っているんです。
これを「お風呂入れよ」「手をよく洗えよ」「顔洗えよ」「歯磨けよ」と置き換えてみればどうでしょう?それさえキチンと日々やって入れば予防にほとんど当てはまると思うんです。
なので、ボクは特に花粉症でもないのでマスクもする必要がないので余っていたマスクを、奥様が看護師の同僚がいるので「奥さんにあげて」と医療の場で本当に必要だと思っているのであげちゃいました。

あ、話は変わりますが本日3月20日は「サブレーの日」でございます~。
Commented by b-faction at 2020-03-20 14:58
中原さん、こんにちは。マスコミはこぞって自分たちに注目を集める道具にしてませんか。僕は濃厚接触するために仕事してます。(笑)ウイルスは生命の神秘ですね。花粉症の薬飲むのも今のようなときは避ける方が良いかもしれません。サブレーを牛乳に浸して食べると美味しいですね。爺臭いけど。
Commented by 中原 at 2020-03-20 18:37 x
そうですね、何にしてもマスコミは騒ぐ道具にしているし、あまり信憑性があるのかどうかもわかりませんよね。

勤務中に所用で都内に車で行くと、ナビは首都高を案内したがるのですが、それに従って行くと、
横浜ベイブリッジを通ると件のダイアモンドプリンセスが橋のたもとに接岸したままなんですよ。

あれ、ハンパなくデカくて、たまたま隣に停泊していた自動車運搬船がかなり小さく見えるんですよ。

テレビでやってましたけど、とにかく手洗いが一番効果的だそうで、コロナ騒動でみんなこぞって手洗いをしたら今度は却ってインフルエンザが激減したそうですからね。
Commented by b-faction at 2020-03-20 20:07
中原さん、ナビの設定を一般路にしないと首都高にすぐ誘導します。けっこう都内ではナビがあてになりません。何か理由があるのでしょう。世界をめぐるクルーズは僕には無縁の世界なのであの船に乗る事は無いでしょう。基本的におおぜい人が集まる所は嫌いなんです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-03-19 22:00 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31