人気ブログランキング |

レガシィセダン30年の歴史を閉じる

レガシィセダン30年の歴史を閉じる_f0076731_20482461.jpg
ずいぶん前に新しい財布を買った。
今使ってるのが、
かなりくたびれたからね。

それなのに、
机の引き出しに入れたままだ。

以前のサイズより大きくなってしまった。

レガシィセダン30年の歴史を閉じる_f0076731_20483023.jpg
いよいよ風前の灯火だ。

でもこれが好きなんだ。
ブランドもCOACHが好きだ。
けど、
どこを探しても同じCOACHの財布は無い。

レガシィセダン30年の歴史を閉じる_f0076731_20483744.jpg
まあ、
大は小を兼ねるか。

お金だけじゃなく、
増えてしまった各種カードもしっかり入る。

レガシィセダン30年の歴史を閉じる_f0076731_20484387.jpg
けどね、
どうしても古い財布を捨てる気になれず、
新しい財布を机の引き出しもう一度納めた。

怖いんだよね。
交代させると、
財布を落とすような気がして。

長年付き合った財布に、
幸運が宿ってる気がするんだ。

このレッグウエイトも、
捨てずに引き出しにしまっておいたものだ。

自分で買ったのではなく、
プレゼントなんだけど、
レガシィセダン30年の歴史を閉じる_f0076731_20484866.jpg
これを付けて歩いて痩せたから、
けっこう幸運が詰まってる。

10年近く経って、
再び取り出して装着したら、
右ひざの痛みが消えた。

まるでダイナミックダンパーだ。
階段を降りる時の、
足さばきが変わったんだろう。

使い慣れた品には愛着が生まれる。

錘を付けてから、
ひと月以上経った。

おかげさまで体調は良いし、
毎日強烈に忙しいけど、
とても楽しくて仕方がない。

仕事に張り合いがあって、
強烈に充実した毎日を送っている。
レガシィセダン30年の歴史を閉じる_f0076731_20485554.jpg
昨晩も泳ぎに行った。

ヨガが休みなので、
そのフラストレーションが爆発寸前だ。

ならば一人でやれば良い。
それがなかなかで、
一人でやってもぜんぜん充実感が無い。

基本的に人が大勢集まる所が嫌いで、
揃って何かを続けるのは困難なはずなのに、
ヨガだけは全く違う。

性格と体に合ってるんだろうね。

泳ぎも最悪では無いけど、
思った以上にキレが悪かったようだ。

泳ぎながら、
ウッシシシ!!
あわよくば30分を切るぞ!!!と浮かれて、
結果を見てショックだった。

まあ、
簡単に切れるはずないか。

今のフラストレーションを解消するには、
スイミングしか変わりはあり得ない。

だから重要な意味を持つ。

体重計に乗って、
レガシィセダン30年の歴史を閉じる_f0076731_20490015.jpg
ゲッ!!!と思ったが、



レガシィセダン30年の歴史を閉じる_f0076731_20490661.jpg
その他のデータはさほど悪くない。


レガシィセダン30年の歴史を閉じる_f0076731_20491307.jpg
うーん。
良く解らないな。

レガシィセダン30年の歴史を閉じる_f0076731_20491961.jpg
火曜日をまたいだらレベル1に戻った。

中津川でも騒ぎは終息しつつあり、
レガシィセダン30年の歴史を閉じる_f0076731_20493198.jpg
オークワに行ったら、
トイレットペーパーを売ってた。

流石に中津川でも、
あらゆる店で欠品し始めたが、
以前の状態に戻りつつある。

早いもので、
レガシィセダン30年の歴史を閉じる_f0076731_20493620.jpg
B4のテストから一週間が過ぎ去った。

本気で欲しくなるほど、
レガシィセダン30年の歴史を閉じる_f0076731_20494123.jpg
良いクルマだった。
レガシィセダン30年の歴史を閉じる_f0076731_20494747.jpg
もう少し乗りたかったけど、
時間的制約があった。

あの走りでリッター11.8kmの燃費だ。

軽いから動きも良い。

ただその軽さが、
今の日本では災いするらしい。

かわら版用の画像を撮影する目的で、
B4を遠くまで連れ出した。

レガシィの方向性は聞いていたが、
遂に正式な通達があった。

レガシィは今年の年度改良で、
B4の生産を打ち切ることに決まった。
アウトバックの生産は続くが、
それもいつまで続くのか。

SUBARUとしては特段発表しないが、
各拠点で周知する場合には、
以下の2点をはっきり書けと命じられた。

1.今年の6月22日が最終締め切り。
なんとWRXのSTI半年後だ。
早めに明らかにしてくれるだけ良心的だ。

2.ただし想定を上回る注文を集めた場合には、
それ以前に申し込みを締め切る事がある。
レガシィセダン30年の歴史を閉じる_f0076731_20495377.jpg
B4と縁の深いBRZも、
その一か月後に注文を打ち切る。

こちらは7月20日が最終日となる。

まだ四ヶ月もあるので、
欲しい人は急ごう。

その後しばらくの間、
トヨタ86しか買う事が出来なくなる。

まあ、
販売力の差が、
ここにきて明確に表れた。

次期車が出るまで、
暫く辛抱せねばならぬ。

でもね、
みんな感謝しようよ。

こんなピュアスポーツカーを、
僅か7年程度でフルモデルチェンジするんだ。

TOYOTAとSUBARUの、
アライアンスは凄いよね。

レガシィセダン30年の歴史を閉じる_f0076731_20495908.jpg
長持ちする間柄に、
より一層深まると良いね。

なが餅を戴いた。

これは実に香ばしくて、
特に大好きなお土産の一つだ。

これは思いの外日持ちしないので、

レガシィセダン30年の歴史を閉じる_f0076731_20500547.jpg
早く食べなくっちゃ。

なんて、
たくさん食べる口実を作る。

大石さん
ありがとうございました。
レガシィセダン30年の歴史を閉じる_f0076731_20501199.jpg
愛機のロイヤル車検、
確かに承りました。

来週またお目に掛かれる日を、
楽しみにしています。

Commented by kimura/a at 2020-03-21 09:29 x
お世話になります、B4・6気筒推進者だった木村です。残念な結果ですが現車を大切に(時には大胆に)育てます。御発声に感謝します。しかし前向きの私は、トヨタとの関係とSTI/B4/BRZを1年間で終了という大変換ならば次の開発に勝手に期待します。クラウン様とMX様の領域が曖昧になり👑様客がレクサス様へ流れたと良く聞きトヨタ販売店の怒りは理解します。👑様は別格として置いといても、MX様は6気筒・マニュアル・AWDが良く似合います。👑様は本家トヨタで御制作(スポーツ版をスバル社でも良い!)、そしてMXと新B4とのスポーツセダン共同開発があっても良いなどという某車雑誌の様な妄想と夢を3年程持ちたいと思います。追伸、雪道でのBRZのバランスは極上で獰猛なWRXより楽しかったです。感謝
Commented by b-faction at 2020-03-21 14:17
木村さん、こんにちは。僕も前向きですのでG4の蛻変に期待します。次期WRXはほぼベールを脱ぎBRZも同様にヌードを晒し、B4は次期型が既にデビュー。この状態でどうのようにセダンを愛する客を吸収するかを楽しみにします。いくら何でもB4ファンを放置する様な無責任な会社では無いと思います。まあ、この世界的騒動でスバルのサプライチェーンもズタズタになるかもしれません。早めに道筋を明示したことは、ある意味で立派です。買えますからね、まだその気になればすぐにでも。トヨタとの関係はBRZと米国用の電動車で十分ですね。他は意味が無いです。まさにスバリストはレガシー(レガシィではなくて)を重視します。純血種と混血種の間にはっきりと区分けが必要です。それに、スバルはいくつも開発できるほどの大企業じゃないです。やらなくていい事を無理にやるとダイハツの様に隙を生み、それが決定的な致命傷となりますね。さて、そのネタより僕が楽しみにしてる事があります。その話題、今夜のブログに書きますのでお楽しみに。
Commented by MABE at 2020-03-23 13:43 x
代田社長、こんにちは。

横浜在住の安部です。

私のところでも近所のショッピングモール内のスポーツクラブに新型コロナウィルスの感染者が何度も出入りしていたことがわかって、巨大なショッピングモール全体が週末を含めて5日間も閉鎖になりました。

レストランや食材を販売する店も多いので損失額は膨大だろうと心配になります。

B4は日本ではBN型が最終なんですね。

不思議なんですが私が乗るクルマはなぜか全部その世代で廃番になってしまいます。

トヨタカリーナ、ホンダアスコットイノーバ、ホンダセイバー、ホンダインスパイアとすべてもう車名そのものがなくなってしまいました。

とうとう伝統のある車名のレガシィB4にたどり着いたのが2016年の春でしたが、これが日本での最後のB4とは。

しかしこんな素晴らしいセダンはないと相変わらず乗るたびに留飲を下げております。

長く乗ってまいりたいと思っておりますのでそのうち代田社長のところでお世話になるやも知れません。
その節は何卒よろしくお願い申し上げます。

ところで3月19日のご投稿にMiraiが出ておりましたが、私は2016年の初めから2017年の春まではMiraiに乗っておりました。

会社の所有だったのですが、会社が池袋で水素ステーションまで10㎞は走らねばならないこともあり誰も乗りたがらず私が預かっておりました。

さすがにトヨタ車で素晴らしい質感でありましたが、如何せん重量があるのと良くも悪くも電気自動車ですので加速はすごくても馬力はあまりなく、またFFのネガティブな面もあって走りを楽しむクルマではありませんでした。

一度4人乗りで真夏に東京から箱根に行ったのですが、水素ステーションは箱根近辺にはないので距離には余裕をもっていたはずが上りが続くと水素が一気に減って冷や汗をかいた記憶がありました。

しかし街中を運転している分にはごく普通の静かなかつ水しか出さない高級車であり、将来の可能性はいつも感じておりました。

いつかSubaruのFCVも出るかもしれないですね。
Commented by b-faction at 2020-03-23 16:02
安部さん、こんにちは。試練ですね。ぐっとこらえて頑張ります。僕はフューエルセルにあまり期待してなくて、不安定な水素を発生させてまで、車に積む事は無いなぁと感じております。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-03-20 22:00 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30