人気ブログランキング |

STIのプレミアムクーペ22Bを語る

長期工房休業の初日が始まった。
STIのプレミアムクーペ22Bを語る_f0076731_10351049.jpg
まず環境改善から始めた。

STIのプレミアムクーペ22Bを語る_f0076731_17451210.jpg
アリの引っ越しが続いていた。
向かって右に旧い巣があり、
新しい巣は左端の辺りだ。


STIのプレミアムクーペ22Bを語る_f0076731_17461755.jpg
ここに全力で避難してる。

意地悪してゴメンね。


でもこの方が良かったじゃないか。
より強固な要塞だ。

STIのプレミアムクーペ22Bを語る_f0076731_17414813.jpg
昨日が今月の営業最終日で、
朝から全員でジャスティを磨いた。
STIのプレミアムクーペ22Bを語る_f0076731_17415593.jpg
高年式で走行も少なく、
色もなかなか良い。
STIのプレミアムクーペ22Bを語る_f0076731_17420199.jpg
展示場にはDEXも居る。
アライアンスの第一号で、
STIのプレミアムクーペ22Bを語る_f0076731_17420968.jpg
なかなか面白いクルマだった。
1.3リトルから、
1リットルにダウンサイジングし、
今度のジャスティからスライドドアになった。

世の流れと言うやつだ。

昨夜は最後に、
世の流れから取り残された、
ステキなクルマをテストした。
STIのプレミアムクーペ22Bを語る_f0076731_17590734.jpg
やはり6気筒を積んだ、
レガシィは素晴らしい。
STIのプレミアムクーペ22Bを語る_f0076731_17592966.jpg
まだ完全な商品ではないので、
徐々に熟成を続ける。

STIのプレミアムクーペ22Bを語る_f0076731_17595179.jpg
この頃は、
まだマルチインフォメーションの先進性が、
全く理解されていなかった。
STIのプレミアムクーペ22Bを語る_f0076731_18003621.jpg
割高に感じて売り辛かった。

一度走らせたら、
VTDが過敏に感じ、
後ろから押されるような変速ショックを感じたが、
それを調整したので、
見違えるように気持ちが良い。
STIのプレミアムクーペ22Bを語る_f0076731_18011759.jpg
あっと言う間に70km走った。
気分高揚し、
まるで美味しい料理を食べた後のようだ。

これは、
流れに沿わなかったクルマだな。

出社して、
むくむくとアレに乗りたい欲望が湧いた。

贅沢な選択肢だ。
STIのプレミアムクーペ22Bを語る_f0076731_17480490.jpg
これも流れに「全く沿わなかった」クルマだ。

スタンバイしたので、
STIのプレミアムクーペ22Bを語る_f0076731_17481794.jpg
軽く流した。
やっぱり最高だね。

詳しくは


で。

STIのプレミアムクーペ22Bを語る_f0076731_21204351.jpeg
そうこうするうちに、
このクルマが出来上がった。
STIのプレミアムクーペ22Bを語る_f0076731_21225858.jpeg
軽さは性能。

しかも、
徹底的な軽量化策を与え尽くした。

こんなに割り切ったクルマは、
スバルから二度と出ない。
STIのプレミアムクーペ22Bを語る_f0076731_21250186.jpeg
夕暮れ前に会社を飛び出した。
道路はガラガラだった。

今は正に詰めを研ぐ時だ。

これまでに感じた事のない、
社会の変化を感じる。
店は閉めたが仕事はいくらでもある。

さあ、
走ろう。

高速道路を降りると、
異様なほど静かだ。

他府県ナンバー、
特に愛知県から流入するクルマを阻止するために、
県道が閉鎖されている。

だから今年は花桃も鑑賞できない。

完全に地域が死んでしまった。

長田屋さんでは、
今後しばらく小売りの寄せ豆腐も作らず、
一部の卸だけで凌ぐそうだ。

出歩くなと言われても、
クルマがあればどこでも行ける。
ある意味、
このような観光目的で来訪される場所は、
暫く閉鎖でも仕方がない。

これは、
もう一度パラダイムシフトを、
根本から見直せと言う啓蒙だろう。

もっと日本人の本質に戻れと言う、
天のメッセージかもしれない。

嫌なモノを見た。

STIのプレミアムクーペ22Bを語る_f0076731_21300473.jpeg
仕事を終えて、
帰路につき、
つまみを買うためスーパーマーケットに来た。

80キロの走行で、
トイレに行きたくなってきた。

駆け込むと個室に人の気配がある。

中で用を足している。

事を済ませ、
水を出して手を洗っていたら、
個室の扉が開いて大柄な男性が現れた。

隣に来るかと思ったら、
ためらいもせず、
外に出て行った。

もう一度見てくれ。
STIのプレミアムクーペ22Bを語る_f0076731_19313826.jpeg

これが現実なんだ。
胸糞悪くなった。

日本人なら手を洗うはずだが、
見かけは日本人でも、
精神が違う日本人が増えた。

事実をしっかり嚙み分け、
明日に向おう。
STIのプレミアムクーペ22Bを語る_f0076731_21364406.jpeg
さあ、
ワイルドスピードでも見ながら、
晩酌を始めるか。
また明日。
STIのプレミアムクーペ22Bを語る_f0076731_21373187.jpeg

Commented by 上村雄司 at 2020-04-26 16:54 x
気持ちだけでも岐阜県の自然と中津スバルにワープしてますw!社長のとびきりのお気に入りの愛機
と軽~くながしている動画がホントに幸せそうだったので、自分も軽~くながして何の憂いのない
一時を楽しんできました!(実は近所のディーラーで当時の純正OPのクイックシフトに換装してもらいまいした
当時の新品が正規ルートで入手できるなんて超感激です!w)
Commented by b-faction at 2020-04-26 19:23
上村さん、楽しいクルマになりましたね。洗って洗って、磨いて磨いて、舐めるように愛でて下さいね。喜ぶと思います。
Commented by S208NBR+SG9F at 2020-04-27 15:16 x
久々にのぞかせていただきましたら6発レガシィの話題が出てますね。
懐かしい計器板です。

3.0R-ADAは結局廃車にしました…惜しかったです。
ADA無しなら乗り続ける術もあったかも知れません。

一昨年納車されたS208NBR(441/450)のバランスドエンジンは6発レガシィに負けず劣らずスムーズですが、こんなに荒々しさが失せたSシリーズに存在意義はあるのだろうか?S210以降は出るのだろうか?と心配になります。

またのぞかせていただきます。
Commented by MABE at 2020-04-30 14:18 x
代田社長、こんにちは。

横浜在住の安部です。

クルマとは関係ないところで「まったく同感!」と思わず膝を打ってしまいました。

私が通勤しております横浜のビルの一階にはお手洗いがあります。
このビルは某大手旅行会社のバスツアーの集合場所になっておりますために、コロナ騒ぎの前には外部の人が多く集まっておりました。

たまに男子トイレに入っておりますと、胸にバッジを付けたツアーのお客さんが次々と入ってきます。
平日のバスツアーですからほとんどが私の年齢より上の方々です。

見ていて驚いたのはざっと8割は用を足したあと手を洗わず出ていくことでした。

そして外に出てもっと驚いたのは隣の女性用トイレからは同じバスツアーの女性が濡れた両手を振りながら出てくるところでした。
ハンカチを持たずにトイレに入るって考えたこともありませんでした。

爺も婆も(私も爺ではありますが)汚いことこの上ありません。

あんな人たちが同じバスに乗って旅行をすると考えただけで気持ちが悪くなりました。

清潔好きの日本人はどこへ行ってしまったんだろうかと情けなく思ったのを思い出しました。
Commented by b-faction at 2020-05-01 12:17
安部さん、こんにちは。それ、日本人では無いですね(笑)僕はもともとバスが嫌いで、よほどのことが無い限り乗りたくないタイプの人間です。最近のバスは路線バスさえ自己中心的で良くない走り方が増えてますから、乗る人が乗る人なら走らせる人も走らせる人なんでしょうね。
Commented by b-faction at 2020-05-10 18:00
六発の復活を願ってます。Sは大丈夫ですよ。ただ、時間が相当かかりますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-04-25 22:00 | Comments(6)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction