人気ブログランキング | 話題のタグを見る

R2賛歌

これを覚えてるかな。
R2賛歌_f0076731_08373741.jpg
スバルが本気でやってたけど、
リーマンショックで撤退した。

どこかの富裕層の玩具ではなく、
本気で使える飛行機だった。

可愛いR2を見て欲しい。
R2賛歌_f0076731_08133783.jpg


執念を実らせた。
引き続き整備して、
充分な性能を引き出す。

三島さんから写真を戴いた。
R2賛歌_f0076731_19550206.jpg
カメラが良いと、
モノクロも凄く良いね。

知らなかった。

モノクロ専用のカメラがあるなんて。

M9がベースの、
初代ライカモクロームに、
触らせて頂けただけでもラッキーだ。

ありがとうございました。

これでR2を撮ったなら、
さぞかしユニークに映るだろう。

興味が尽きない。
愉しい時間を頂き、
本当にありがとうございました。

またお目に掛かる日を楽しみにしています。

世の中には思いがけない事や、

思った通りの事や、

やっぱりなと思う事や、
色々な出来事がある。

昨日はそう言う意味でビックリする事がいくつかあった。

その中から、
思った通りのビックリした事を紹介したい。

以前も紹介したが、
となりの恵那市に「カネスエ」がオープンした。

乱暴なドミナントではなく、
なかなか念入りな準備をしたようだ。
大変な時期にオープンするが、
これは追い風になったと感じた。

「美味い魚が食いたくてカネスエに入った」
第二の創業者と言える人物は、
丁稚からたたき上げのオトコだ。
その言葉が何か心に刺さり、
オープンを心待ちしていた、

価格勝負もあるけれど、
R2賛歌_f0076731_19551783.jpg
魚には確かに工夫がある。

この地の生鮮が危機的状況の中で、
一筋の光明かもしれない。
R2賛歌_f0076731_19552382.jpg
冷凍ものでも美味い刺身はある。

楽しみだ。

それよりも、
サケの切り身に驚いた。

まるで時しらず並みの味を、
単なる切り身から感じた。

ネーミングも優しくて好きだし、
これから店選びが楽しめそうだ。

延縄漁で獲ったと明記した点や、
ズバリ刺さる価格とか、
なかなか面白いけど、
それ以上にシステムに秘密がありそうだな。

大きな花壇の手入れに一区切りつけ、
向い側の小さな花壇に移動した。
伸び放題のカラスノエンドウが気になり、
保管してある中古車を移動した。
R2賛歌_f0076731_16470735.jpg
27日から着手し、

R2賛歌_f0076731_16471190.jpg
二日間でここまで整ったが、
なかなか雑草が手強い。

カラスノエンドウは、
決して憎むべき植物ではなく、
花が可憐で食用にもなる。

ただ、
繁殖力が凄いので、
放置すると来年が大変なんだ。

それに花壇の土も元気じゃないので、
こうした強い植物に乗っ取られてしまう。
結局のところ、
土が痩せてる原因は砕石のせいだ。

今日で小さな花壇にも区切りをつけた。
R2賛歌_f0076731_16472059.jpg
シバザクラを株分けして、
また秋口に植えるか。

苗を買えば簡単だが、
それでは少しつまらない。

長期閉店を決めた頃、
エンジンオーバーホールに集中したのを、
覚えている愛読者も多いはずだ。

一つは水平対向でもう一つが直四だ。
21日から加速して、
定休日を挟んだ23日に、
クローバー4が完成した。

この直四はR2のエンジンで、
R2賛歌_f0076731_16481942.jpg
漸く搭載が可能になったので、
工房に移動され出番を待った。
R2賛歌_f0076731_16482644.jpg
雑味のあるエンジンを降ろす作業が始まると、

R2賛歌_f0076731_16485976.jpg
執念でほぼ一日で目途を付けた。
翌日で長期休暇に入るため、

R2賛歌_f0076731_16491404.jpg
吉村メカはほぼかかりきりで作業を進めた。

降ろしたエンジンから補器類を外し、
付け替えるだけでも、
それにはかなりの手間がかかる。
R2賛歌_f0076731_16492065.jpg
エンジン単体で暫く保管し、
次の役割に備える。

こうして24日の夜にすべて完了し、
全員長期休暇に入った。

翌朝綺麗に洗車して、
太陽の下で乾かし、
R2賛歌_f0076731_16492635.jpg
一旦工房の奥に入れ少し休ませた。

R2賛歌_f0076731_16495389.jpg
細部を確認後、
エンジンに火を入れた。

ここからは整備士が不在のため、
依頼されたルーティンを正確にこなす。

毎日朝一番に表に出すと、
R2賛歌_f0076731_16495913.jpg
閉店するまでアイドリングを維持し、
潤滑や冷却が順調なのか様子を見た。


R2賛歌_f0076731_16500779.jpg
20時間ほどアイドリングを続けた後、
昨日の朝に細部を良く点検した。

問題が無いと報告を受けたので、
R2賛歌_f0076731_16502076.jpg
待ちに待ったコックピットに身体を沈めた。

エンジン快調だ。
R2賛歌_f0076731_16502531.jpg
ゆっくり丁寧に20kmほど走らせ、
何の問題も無い事を確認した。

R2賛歌_f0076731_16503826.jpg
綺麗なエンジンが、
フロントフードの下に収まっている。

R2賛歌_f0076731_16505771.jpg
R2がご機嫌な顔をしている。

笑顔のハッピーフェイスが好きなんだ。
R2賛歌_f0076731_16510451.jpg
濁った黄色も良く似合う。

レモンイエローも良いけど、
R2賛歌_f0076731_16511306.jpg
特徴的な黄色も悪くない。
R2は単純な色より、
複雑な色が似合うね。

綺麗な内装なので、
室内の快適性も抜群だ。
動画を見てもらえたかな。

ステキな仕上がりだ。

走り終えて元の場所に戻った。
R2賛歌_f0076731_16512608.jpg
結局、
この角度が一番好きなのかな。

最初と最後が似たような写真になった。
R2って本当に色褪せないよね。
特にこのトパーズイエローは、
R2賛歌_f0076731_08231988.jpg
少しくぐもっていて、
ちょっとクールに感じるカラーだ。

明るいクリームイエローもハッピーだけど、
R2賛歌_f0076731_08281822.jpg
「らしさ」では、
R1とお揃いのトパーズイエローが良いね。

これもSUBARUの歴史に残る、
とても大事な資産だな。

ところでその「R1」なんだけど、
じつは冒頭の「エクリプス500」をオマージュしてたんだ。

SUBARU国内販売本部は、
そのことを全く知らなくて、
資産を活かすことが出来なかった。

その主翼はSUBARUに任された。
R2賛歌_f0076731_08394356.jpg
まるで自動車を作るような、
工場における大量生産が計画された。

その野望は叶わなかった。

大きな嵐がやって来たから。

今はあの時よりも大変なのか、
それとも厄介なのか、
或いは捻じれを戻すチャンスなのか。

そう考えると、
やっぱりこれって、
同じ嵐では無い。

忘れちゃいけないね。
来るべくして訪れた「機会」なのだ。

日本人らしく、
変えなきゃ。


Commented by yone at 2020-05-02 09:08 x
 昨年、結婚を機に家内の相棒ということでR2・Rを増車しました。他社の軽自動車には無い良さがあって良いですね。活躍してくれています。家内もスタイルも良いので気に入ってくれています。インプレッサスポーツと2台体制です。
Commented by トト at 2020-05-09 07:28 x
コメント失礼します。
ご教授下さい。
当方、R2 R 5速マニュアル トパーズイエローを所有しております。
とても気に入っておりますが、アクセルレスポンスについて気になる点があります。

エンジンが冷間時のときは違和感のないレスポンスですが、青い冷間ランプが消灯するとレスポンスが鈍くなります。
特にアクセルOFF時です。シフトアップのタイミングでアクセルOFFにしてクラッチを切ると500〜700回転ほどエンジン回転数が上昇します。冷間時はワイヤースロット車の様にレスポンス良く回転数が落ちます。
この症状は電子制御スロットルやECUで制御されている症状なのでしょうか?

ご鞭撻のほどよろしくお願いします。
Commented by b-faction at 2020-05-09 11:30
次回からお名前書いて下さいね。距離も解らないので何とも言えません。調子が悪い様なので点検されることをお勧めします。
Commented by b-faction at 2020-05-10 17:59
最高の組み合わせですね!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-05-01 22:00 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31