人気ブログランキング | 話題のタグを見る

トラウマとXV

その昔、
誰が見ても失敗すると、
一目瞭然なクルマがあった。

その名をグラベルEXと言う。
トラウマとXV_f0076731_18123959.jpg
センスの問題だ。

SUBARUが最も嫌う事を、
平然とやってのけたセンスが悪すぎる。

前後のオーバーハングに、
トンでもなく重い飾りをつけて平然と売った。

馬鹿丸出しで売れる訳がない。

困ってると頼まれて、
三台義理で購入し、
全部取っ払ってローダウンした。

それに比べ、
この子は違った。

最初見た時から気に入った。

おそらく最初の失敗が、
このクルマを成功させた。
トラウマとXV_f0076731_18011589.jpg
Cセグメントのクロスオーバーが欲しい時だった。

トラウマとXV_f0076731_18012224.jpg
厚みはあるけど、
決してくどくないフロントフェイス。
横線が二本なのでシャープに見える。

これがシルバーボディだとボケるが、
ブラックだとキリッと引き締まった。


トラウマとXV_f0076731_18012876.jpg
フロントバンパーからサイドシルに流れ、
そのままリヤホイールアーチのクラッディングに続く、
独特の処理も良かった。

リヤバンパーのタイヤと重なる部分を、
サイドクラッディングと同様に黒くするモチーフは、
既にこの時に出来上がっていた。

ここは、
今見ても感心する。

艶のあるブラックボディと、
未塗装のクラッディングが絶妙に溶け合い、
とても良い存在感を出しいる。

トラウマとXV_f0076731_18013375.jpg
水中眼鏡式のリヤスポは、
Cピラーにドシッとした安定感を出し、
SUVらしさを引き立てた。

何よりも気に入ったのが、
トラウマとXV_f0076731_18015026.jpg
インテリアのカラーコーディネートだ。

ここまで綺麗にするのに二週間かかった。

なぜ、
そこまでこだわったのか。


このクルマには、
隠れた悲劇があるからだ。


既にこの当時から、
SUBARUの開発はアメリカ市場がスタンダードで、
日本とか欧州は「オマケ」になっていた。

海外営業の中でも、
アメリカは突出して好業績だった。

豪州はBMWを上回るブランド力を持ち、
中国は急に勢いを増していた。

その中で、
日本と欧州は古くから基盤を持つが、
余りにも伸びしろが少なかった。

従って、
日本と欧州仕様は標準車高のまま、
派生車としてラインナップされた。

それは仕方がなく、
コスト増の要因を作りたくないからだ。

伸びしろの大きなスタンダード市場では、
コストを掛けてしっかり差別化しただけの、
大きな見返りが予見された。

それだけの話だ。
だから中国、豪州に加え、
当時好調だったロシアと一般市場、
即ち米国仕様においては、
これとは全く違うクルマとして発売された。

つまり、
この後に出るGP型インプレッサXVと、
ほぼ同じシャシー設計が先行開発された。

国内仕様とは別物だった。
それではなぜ、
そんなオマケが目に留まったのか。

理由は簡単だ。
その販売価格に対して、
目を疑うほどの差別化だった。

新しく型式指定を得ないので、
クルマの諸元は同じでも、
インテリアもエクステリアも海外仕様と共通だ。

ステキなグローバルデザインは、
国内仕様でも変わら無かった。

もう一つ分かった事は、
ベースになるスタンダード仕様、
即ちアメリカ仕様を創るにあたり、
臺PGMの力量が冴えていた。

50mmの車高アップは、
タイヤで5mm、
取付部位変更も含め、
サス全体で45mmアップした。

そのために、
前後スタビライザー、
コイルスプリングなどバネ系を一新させたうえで、
ダンパーの減衰力特製を徹底的に見直した。

特にリアまわりのジオメトリー変化を入念に分析し、
リヤクロスメンバーの剛性を最適化したのも大きな改良店だ。

こうした効果で、
標準車高のままの国内仕様は、
より大きな恩恵を被り、
FF車の軽さも功を奏し抜群に面白いクルマになっていた。

なので、
トラウマとXV_f0076731_18015535.jpg
そのクルマが再び戻って来た時に、
絶対残しておこうと決めたのだ。

遂にバラバラに分解する日が来た。
トラウマとXV_f0076731_18022751.jpg
汚れてはいるが、
どこの誰が使ったのか分からないクルマではなく、
二世代続くスバリストの愛機なので、
インテリアの汚れは想像以上に少ない。

トラウマとXV_f0076731_18023356.jpg
良いシートだ。

19万キロ乗ってもくずれていないし、
テキスタイルの質が良いのだろう。
新車の時とあまり変わらない色目のままだ。
トラウマとXV_f0076731_18023921.jpg
晴れたので外に出し、
徹底清掃が始まって、

トラウマとXV_f0076731_18024657.jpg
綺麗な姿に戻っていった。

トラウマとXV_f0076731_18025260.jpg
アルミペタルも全仕様共通で、
締める所をきちんと締める拘りを見た。

その日にドナーもお役御免となり、
トラウマとXV_f0076731_18025879.jpg
もう一台の丸目と共にドナドナとなった。
お疲れさまでした。
トラウマとXV_f0076731_18030367.jpg
エンジン調整も終わって、
とりあえず安全に走れる状態になったので、
トラウマとXV_f0076731_18030834.jpg
精魂込めて磨き上げた。

トラウマとXV_f0076731_18031401.jpg
こうして一通りの作業が終わり、
このブログ愛読者の皆さんに、
その晴れ姿をお知らせできる日が来た。

このクルマがしっかりできていたので、
XVは大成功した。
やっぱり、
作り手の執念は大事だ。

寄せ集めの手抜きでは、
決してハートに刺さりはしない。

この作り手のハートは、
見事に四代目のフォレスターで花開くことになる。
トラウマとXV_f0076731_11410360.jpg
そう言う意味でも、
このインプレッサXVは大事な資産なのだ。
トラウマとXV_f0076731_11432921.jpg

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-05-06 20:30 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31