人気ブログランキング | 話題のタグを見る

フォレスター「X-Edition」の高速性能

フォレスター「X-Edition」の高速性能_f0076731_20440326.jpg
悪路と一般路は走ったけど、
肝腎の高速運動性能を評価していなかった。

それでは片手落ちだ。

しかし、
課題が山積で忙しくてたまらない。

愉しいけどね。
フォレスター「X-Edition」の高速性能_f0076731_20441370.jpg
今日の新聞にかわら版を入れた。

嬉しいね。
一番上の折りになってる。

チラシには色々な作り方があり、
正に緊急事態では狙って作る。
フォレスター「X-Edition」の高速性能_f0076731_20442164.jpg
こんなチラシが典型例だ。

過去には、
店舗リニューアルで「閉店チラシ」を白黒で入れた。

確かに刺さるね。
何度も使えない禁じ手だが、
男性紳士服では頻繁に見る。

面白い傾向だ。

面白い傾向と言えば、
最近自動車メーカー各社は、
マニュアルトランスミッションから、
一斉に手を引き始めた。

まあ、
CVTの方が実際の燃費が良いし、
ステップトロニックの様に、
多段式ATも効率が良くなった。

ロスが無い事は良い事なので、
全く異論はないけど、
重量では不利だし操る愉しさでも負ける。

やっぱりクルマと言うものには、
親子関係が深く影響するな。

マニュアルの好きな家庭に、
マニュアルは不可欠だけど、
そんなモノ必要ない家庭が一気に増えた。
フォレスター「X-Edition」の高速性能_f0076731_20442665.jpg
さて、
先日のブログと動画で紹介した、
三代目フォレスターの5速マニュアル車は、
なかなか楽しいクルマだった。

クルマの大きさは、
現行モデルより小さいかと言うと、
実はそれほど違わない。

三代目の向こうに五代目が隠れている。

確かに最新型の方が容積的に大きいし、
内部の広々感は三代目を遥かに上回る。

フォレスター「X-Edition」の高速性能_f0076731_20443215.jpg
けれども実際には、
そんなにビックリするほど大きくなったわけでもない。

ノーズに厚みがあり、

フォレスター「X-Edition」の高速性能_f0076731_20443911.jpg
確かにバンパー先端では長くなるが、
オーバーハングは大きく変わらない。

後ろも同じだ。
フォレスター「X-Edition」の高速性能_f0076731_20444597.jpg
巾は違うけど違和感はない。
フォレスター「X-Edition」の高速性能_f0076731_20445344.jpg
やっぱりフォレスターはフォレスターだ。
どちらからも良い匂いが漂う。

諸元並べると面白いけど、
ちょっと疲れた。

今日も一日忙しかったからね。

三代目のドラポジと、
フォレスター「X-Edition」の高速性能_f0076731_20445982.jpg
五代目のドラポジは、
フォレスター「X-Edition」の高速性能_f0076731_20450509.jpg
相当違うんだ。
これは四代目の良さを引き継いだ形だね。

何しろX-Editionの高速走行は最高だ。

動画で感じて欲しい。

ランプウエイに入った時から、
大きな差が出る優れた走りを。

この走りはホンモノだ。

楽しんでもらえただろうか。

フォレスター「X-Edition」の高速性能_f0076731_20451187.jpg
五代目をコンパクトに感じる理由は、
様々なギミックを持つからだ。

これは本当に凄くて、
死角が大幅に減っている。
フォレスター「X-Edition」の高速性能_f0076731_20451878.jpg
高機能なステアリングには、
数々の便利な機能が収まり、
とても使い易くなった。

先日も触れたが、
加飾パネルだけは見直した方が良い。
フォレスター「X-Edition」の高速性能_f0076731_20452564.jpg
なぜかやけに気になる品質なのだ。
フォレスター「X-Edition」の高速性能_f0076731_20453006.jpg
解り難いので矢印を付けると、
どう見えるか分かるはずだ。


フォレスター「X-Edition」の高速性能_f0076731_20453610.jpg
痣みたいに見えるのは何故だろう。

表面に汚れも傷も無い。

なのに白くぼやけた部分が生じている。

まっ平らだからかな。

完全にアメリカスタンダードのカーゴルームは、
日本人を舐めた作りを改めない。
フォレスター「X-Edition」の高速性能_f0076731_20454294.jpg
この逆の6:4の分け方じゃないと利便性が悪い。
そこは改めて欲しいな。

もっと使い易くなる。

近江のお土産を戴いた。
フォレスター「X-Edition」の高速性能_f0076731_20454806.jpg
草津から太田さんが来訪された。

いつもお土産を頂き、
本当にありがとうございます。
フォレスター「X-Edition」の高速性能_f0076731_20455691.jpg
中津川までマニュアル車を楽しくドライブされた。
フォレスター「X-Edition」の高速性能_f0076731_20460149.jpg
愛機のGDAはピカピカだ。

拘りのコレクションだったので、
ステキなオーナーに巡り合えてよかった。

ステキなお土産だ。
フォレスター「X-Edition」の高速性能_f0076731_20460633.jpg
明智光秀は恵那地方の出身と思い込んで育ったが、
随分違う話を聞くようになった。

しかも、
焼き討ち掛けた卑怯者扱いが、
近年ではかなり違う見方をされている。

名誉挽回なら嬉しいね。

美味しそうなお饅頭だ。
フォレスター「X-Edition」の高速性能_f0076731_20461284.jpg
食べようと思ったら、
中古車の手入れを終えた息子が現れたので、
早速味見をしてもらった。
フォレスター「X-Edition」の高速性能_f0076731_20461709.jpg
とても美味しいお饅頭でした。
フォレスター「X-Edition」の高速性能_f0076731_20462362.jpg
やっぱりマニュアル好きは遺伝するな。

愉しいひと時をありがとうございました。
フォレスター「X-Edition」の高速性能_f0076731_20462945.jpg
またイベント企画しますね。
お楽しみに。

いつかは解らないが、
やがてWRXにマニュアル車が復活するだろう。

BRZにもMT仕様はまだ存在する。

けれどもSUVに選べないのは、
本当に惜しい限りだ。

成長したフォレスターには、
確かにCVTだけで十分だ。

けれども、
XVには必要じゃないのかな。

売れると思うよ。
何とか作ってもらえないかな。

お願いします。

それにするけど、





Commented by みちのくの中島飛行機乗り at 2020-05-10 09:49 x
毎日楽しく拝見させていただいております。スバルのMTの扱いについては、社長に全く同意見です。
MTの位置付けは、ブランドそのものに関わる重要案件です。又、アイサイトも解りますがエレキなギミックはすべて流行り廃り(工業製品としての劣化も早い)が激しいので、少しの時間経過で陳腐化した中古車(ちゅうぶる車)に成り下がり、クルマそのものの価値を著しく低下させます。
企業である以上は儲けも必要ですが、バランスが大切です。MT車は技術的には、オーストラリア向けタイ向け等、右ハンドルの現車があるのではないでしょうか?(中津スバル様で逆輸入とか?)
中華兵器のコービッド19で世界中が戦時下の様相ですが、社長のブログに勇気づけられておることに感謝いたします。長くなりまして申し訳ありませんでした。ご自愛くださいませ。
Commented by b-faction at 2020-05-10 17:56
見て戴き、更に応援もありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-05-09 22:00 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31