人気ブログランキング | 話題のタグを見る

クロヤマアリとハグロケバエ

クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17514591.jpg
稲村さんに戴いた、
クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17515013.jpg
限定のハーバーは、

クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17515588.jpg
とっても甘くておいしかった。

黒い粒はブルーベリーだろう。
芳醇な味わいだ。

クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17520298.jpg
月に二度ある掃除の日に、

クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17520999.jpg
店頭を大改修したら、

なれなれしい虫たちが大挙して現れた。
クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17521441.jpg
逃げようとせず纏わり付く。

人間が好きだからでは無くて、
一気に繁殖活動に及ぶのだ。

何千と言う数が舞っていた。
クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17522033.jpg
ハグロケバエはメスの方が大きく、
左側のオスが交接管を長く伸ばしメスと合体している。

狂ったように舞う内に、
このように舞い降りると、
オスの寿命は直ぐに尽きる。

なんという儚い・・・・!

大宮君が近くに居たので、
「一発であの世へ行くんだぜ」とオスとしての儚さを確かめ合った。

クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17522612.jpg
ショールームを入れ替え心機一転だ。

B4を並べレヴォーグを納めた。
クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17523152.jpg
良い感じの色合いになった。


クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17523626.jpg
床を見ると、
儚く絶えたハグロケバエの亡骸があった。

クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17524296.jpg
これは丁度良い。

クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17525305.jpg
手土産にしよう。


クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17525842.jpg
さっそくクロヤマアリに届けた。

観察続けると可愛くなるよね
クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17530464.jpg
要塞の近くで大改修の最中だろう。

クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17531044.jpg
ところが何となく気配が違う。

クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17531739.jpg
とりあえず手土産を置いた。

以前、
ハグロケバエを引きずり込む様子を観察した。

絶対に大好物のはずだ。


何しろ望桜荘の庭で、
まるで土が沸騰する様な激しい動きを見た。

物凄い数の幼虫が土から湧き出てもんどりうっていた。

この地の昆虫たちの輪廻転生が何千年も繰り返されている。

だから、
その場所にあるモノが大好物なんだ。
クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17532268.jpg
思った通りだ。

クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17532817.jpg
置いた途端に蟻が来て、
嬉しそうに引っ張っていく。
クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17533482.jpg
すると巣穴の中から、
見たことも無い小石のようなものが現れた。

何だ?
クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17534173.jpg
となりの巣穴に入れるかと思ったら、

クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17534607.jpg
素通りしていく。

先を見ると、
同じような物体を二匹の蟻が凄いスピードで運んでいた。

クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17535434.jpg
蟻の行列調べたら、
矢印の所に新たな要塞が出現した。
クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17540042.jpg
これは凄い。

もう分蜂するのか。

10個ぐらいが行列して運ばれている。

気温が上がらぬうちに運ぶのか。

後で分ったが、
彼等には急ぐ理由があった。

野生の勘は凄い。

クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17540607.jpg
一個取り上げて机の上に置き、
中を調べたい衝動と戦った。

クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17541165.jpg
借りただけなので返すことにした。

クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17541779.jpg
すぐ戻しに行くと、
大掛かりな捜索活動が始まっていた。

凄い社会性だ。

やっぱり社会性の高い生物には、
濃厚接触どころか、
濃密接触が必要だよ。

そっと戻すと、
クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_17542368.jpg
目にもとまらぬ速さで巣穴に消えた。

リモートワークなんて、
IT系のやつらは我が世の春の如き浮かれようだ。

甘い!
クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_18011840.jpg
イキモノの基本は何か。

人間は濃密接触と共に進化した。

ウイルス如きは、
珍しいもんじゃない。

クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_18012665.jpg
その直後から大雨が降った。

自然に負けない本能を持つんだ。

新しい要塞は静かなようで、
枯葉を上手く巣穴の屋根にして、
雨が上がるのを待っていた。
クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_18013245.jpg
前の要塞はどうなのか。

ハグロケバエを引きずり込んだから、
こちらにも多くの蟻が生息しているはずだ。


クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_18013800.jpg
良く見てみよう。


クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_18014771.jpg
巣穴の入り口で、
働きアリの目が光っていた。

彼等を奴隷にしようと、
サムライアリが来たら大変だ。

しっかり役割分担があるね。

雨に打たれ要塞はガタガタだ。

クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_18015511.jpg
これじゃあ雨水で水浸しだろ。


クロヤマアリとハグロケバエ_f0076731_18020259.jpg
土木作業を手伝った。



さあ、
この後どうなるのか。

ちょっと楽しみだね。
人間の過ちを正し教えてくれそうだ。

Commented by 上村雄司 at 2020-05-12 22:52 x
いい感じで手伝いましたね~(笑)
Commented by b-faction at 2020-05-13 20:28
上村さん、雨漏れが止まったようです(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-05-12 21:33 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction