人気ブログランキング | 話題のタグを見る

WRX STI Sport#の誘惑

WRX STI Sport#の誘惑_f0076731_21185079.jpg
息子が6年間もお世話になり、
立派なスバルチームの一員として育て上げて戴いた。

改めて名古屋スバルの皆様に、
心より感謝申し上げます。

本日から守秘義務のあった、
WRX STI Sport#の誘惑_f0076731_21185592.jpg
S4の特別仕様車も情報公開を解禁された。

一週間前にテストした、
このクルマと何が違うのか。
WRX STI Sport#の誘惑_f0076731_21190237.jpg
コンプリートカーには、
セラミックホワイトが用意された。

国内営業本部は卵色にご執心で、
なかなか純白を採用しない。

ならばいっそのこと、
これまでの格下のクルマの色を流用するのではなく、
スポーツカラーとして大事に使えという望みを持っていた。

念願かなって、
STI Sport#に、
米国用に導入されたセラミックホワイトを塗る事が可能になった。

正直に言うが、
Sport#を買うなら、
この色にしないと意味が無い。


WRX STI Sport#の誘惑_f0076731_21190753.jpg
エンジンは閾値を大幅に引き下げたので、
これまでのS4の動力性能とかなりの開きがある。

以前のtSもフィーリングは異なったらしいが、
今度のクルマは違う。

何故ならこのsport#は、
FA20ファイナルバージョンの位置づけにある。

WRX STI Sport#の誘惑_f0076731_21191392.jpg

EJ20ファイナルバージョンは、
残念ながらコンプリートカーでは無かったが、
今回のSTI Sport#は完全なコンプリートカーだ。

だからメーカーラインを出た後に、
STI専用工場に移動され、
Sシリーズ同様の後架装を施される。
WRX STI Sport#の誘惑_f0076731_21192568.jpg
レカロシートの形状は同じだが、
シックなブラックに統一され、
アルカンターラのステアリングを持つ。

WRX STI Sport#の誘惑_f0076731_21194169.jpg
リヤバンパーはSシリーズを彷彿とさせる。

内部のエアを引き出し、
整流効果を持つバンパーに交換される。


WRX STI Sport#の誘惑_f0076731_21194743.jpg
標準装備のトランクリップスポイラーはそのままに、
フロントアンダースポイラーは非売品の大型タイプになる


WRX STI Sport#の誘惑_f0076731_21195293.jpg
一見
STIエアクリーナーと、
パフォーマンスマフラー、
それにCVTFクーラーを装着しただけだが、
STIの匠の技で制御が全て見直され、
スバルのメーカー品質を維持したまま、
高性能化が実現された。

フレキシブルパーツが凄い。

WRX STI Sport#の誘惑_f0076731_21195893.jpg
まずトランクにフレキシブルドロースティフナーリヤが装着され、
全く違う走行感覚を得るに至った。

再三指摘した問題が、
この夢のパーツで一気に霧散したほどの、
凄い仕上がりになっている。

何故なら、
S209の開発で得た知見が、
ナローボディに合わせて煮詰められ、
辰己の英知と共に思う存分注ぎ込まれたからだ。

フレキシブルタワーバーは、
見た目が同じなだけで、
その中身はSport#専用品となっている。

最近は組織編成が頻繁なので、
名古屋スバルに挨拶が遅れそうになり、
今日慌ててはせ参じた訳だ。
WRX STI Sport#の誘惑_f0076731_21200493.jpg
恵比寿から狼さんがやって来た。

式典でしかお目に掛かれなかったが、
先月の一日から、
名古屋スバルの常務取り締まりに就任された。

前任の部長代理は、
現社長の中村知美さんも務められた、
正に栄光のポジションだ。

やっとご挨拶する事が出来た。

このヒトに脚を向けて寝たら、
かみ殺されてしまうかもしれない。

狼雄一郎さん。
なかなかのナイスガイだ。


名古屋から戻ると、
長久手の佐藤さんが車検のクルマを受け取りに来られ、


ステキなお土産を戴いたと報告があった。
WRX STI Sport#の誘惑_f0076731_21200968.jpg
佐藤さん、
ありがとうございました。


WRX STI Sport#の誘惑_f0076731_21201536.jpg
皆で頂きます。

忙しく一日が過ぎ、
テスト走行が大幅に遅れた。
WRX STI Sport#の誘惑_f0076731_21202189.jpg
この時代のスバルも良い。
買い換えたカメラで動画を一つ撮った。


WRX STI Sport#の誘惑_f0076731_21202708.jpg
平成18年のフォレスター
オブシディアンブラックパールの2.0XSだ。
ステアリングの左右に変速スイッチを配置した、
スポーツシフト付のダイナミックE-4ATが魅力。
2Lの水平対向4気筒SOHC16バルブエンジンと、
電子制御ACT-4式AWDシステムで卓越した性能を発揮する。
4輪ストラットの独立サスは、
ラリーに強かった時代のレガシーだ。
運転席にパワーシートを持ち、
純正ビルトインナビも付く。
アルミホイールとHIDヘッドライト装備している。


WRX STI Sport#の誘惑_f0076731_21203257.jpg

ああ、
気持が良い。

明日はWRXを更に極める。

お楽しみに。

Commented by 中原 at 2020-05-26 23:04 x
社長おつかれさまです。

ソリッドの白ですね。スポーツモデルにはソリッドの白が一番イイ。
実物を見ないと何とも言えませんが、写真で見る限り欧州メーカーのソリッド白のように、
少し黄色と黒を多めに配合した色合いに見えますね。
ボクの場合ソリッド白の基準がトヨタ040(スーパーホワイトⅡ)なのでそう見えるんですよ。

3コートパールは昭和の末期では格別感があったけど、今は出回りすぎて陳腐にしか見えない。
輝いて見えるし、トップコートにクリヤーが入って、汚れが落としやすいから選ぶ人向けだし、何より下取り査定対策なんですよね。

真珠の輝きもいいんでしょうけど、ソリッド白は巧く言い表すと白磁の輝き。
コレ、30プリウスだったかな、カタログで廉価グレードの色が040だったんです。
営業グレードですからよくあるパターンですが色のうたい文句に「白磁の輝き」
というフレーズだったんですよ。その通り!と思わず唸ったことがありましたよ。

ボクの愛車の色もトヨタ040ですが、きちんと白磁のごとく輝かしていますよ。
Commented by b-faction at 2020-05-28 13:31
中原さん、ソリッドはアメリカで実際に売れているので良いと思うのですが、日本人は色に保守的なので、現状が好調だと営業面で怖がりますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-05-26 21:50 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction