人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「Sシリーズ」の思い出

気軽に洗えるクルマを、
傷つけないよう外に出した。

隅々まで綺麗にできるので、
この機会に丸洗いする。

他のスバルたちと、
少し違う。

いわゆる現役なのだ。
「Sシリーズ」の思い出_f0076731_20441031.jpg
Sシリーズとは、
STIからリリースされるクルマの中で、
最も上位に君臨する至高の存在だ。
過去に12回企画生産されている。
インプレッサベースで10回、
「Sシリーズ」の思い出_f0076731_20441682.jpg
レガシィベースで2回だ。
「Sシリーズ」の思い出_f0076731_20442155.jpg
最も最初のクルマだけ、
頭文字にSを与えず、
数字2つの次に、
BOXERの頭文字がおかれた。

いわゆる別格だね。
これだけは、
時代背景が異なるから、
もう二度と作る事は出来ないだろう。

S209に期待したが、
完全に肩透かしを食った。

つまり、
最大需要地のアメリカに対してでも、
あの程度までしか作れなかったということは、
今後逆立ちしても、
あのようなコンプリートカーは作れないのだ。

さて、
次のWRXの計画も進行しているが、
あのエンジンの代わりは簡単には生まれない。

苦労の結晶だから、
今の苦労しない環境下で、
容易く生まれはしないのだ。

世界トップレベルの、
戦いをすてたからね

まあ、
気長に待とう。

苦労人たちが、
STIに集結し、
また苦労を重ねている。

それに新車もまだ、
全国レベルで沢山ある。
「Sシリーズ」の思い出_f0076731_20442675.jpg
マグネタイトグレーと、
「Sシリーズ」の思い出_f0076731_20443207.jpg
クリスタルパールホワイトの、
羽無しベースグレードだ。

外に出したのは久しぶりだ。

この頃になると、
「Sシリーズ」の思い出_f0076731_20443851.jpg
床に残る水の吸い取りも終わり、
ケルヒャーの掃除機清掃が始まった。

道具は心を込めて手入れされる事で、
完璧に機能を発揮する。
「Sシリーズ」の思い出_f0076731_20444412.jpg
次々に洗ったクルマが工房内に入ってくる。
「Sシリーズ」の思い出_f0076731_20445321.jpg
丁寧に拭いてあげると、
クルマの鼓動が掌に伝わる。
「Sシリーズ」の思い出_f0076731_20445801.jpg
クルマ好きなら、
この瞬間を「至福」だと感じるはずだ。

「Sシリーズ」の思い出_f0076731_20450423.jpg
白い方のカラダも綺麗に整え、
ギャラリーに戻す。

「Sシリーズ」の思い出_f0076731_10160686.jpg
そしてメンバーチェンジだ。
「Sシリーズ」の思い出_f0076731_10161257.jpg
Sシリーズの中で、
恐らく辰己さんが最も心血を注いだだろう。

リヤサスは、
ストラットではない。


暴れ馬にしないためには、

「Sシリーズ」の思い出_f0076731_10161831.jpg
彼のノウハウが不可欠だったはずだ。

しかも、
もう一人のキーパーソンが、
STIを去った事により、
長いダッチロールを繰り返した頃だった。

奇しくも、
「Sシリーズ」の思い出_f0076731_10163629.jpg

その前の作品と揃い踏みする事になった。
「Sシリーズ」の思い出_f0076731_10164381.jpg
こちらも、
バリバリの辰己テイストだ。

ニュルブルクリンクで鍛え上げ、
BWMのM3に、
引けを取らない能力を持った。

「Sシリーズ」の思い出_f0076731_10164941.jpg
この頃のSTIの姿を、
平川前社長と、
平岡現社長の力で、
再び蘇らせる努力が続く。

「Sシリーズ」の思い出_f0076731_10165557.jpg
難しい事を書くより、
動画に思いを全て注ぎ込んだ。

スバルには耳の痛い所もあるだろう。

スバルよりSTIを格上に捉えず、
都合よくブランドを弄ぶ、
その姿勢を改めようじゃないか。

この動画を見れば、
二つの共通性やSの神髄が解るはずだ。
「Sシリーズ」の思い出_f0076731_10171626.jpg

さあ。
一緒に走ろう。


Commented by みちのくの中島飛行機乗り at 2020-06-22 23:16 x
毎日楽しく拝見しています。貴重で希少なS402の動画、興味深く見させていただきました。小生が実車を見たのは某スーパーカーミーティング会場の関係者駐車場でした。欧州製超高級車の中に混じって違和感が無かったのは、やはり特別なオーラを纏っていたのだと改めて思いました。動画後半は豪雨になりましたが、特別な快音は、前半でちゃんと聞こえてましたよ。(誕生の背景、ストーリーも興味深かったです)  貴重なクルマの紹介ありがとうございました。
Commented by 小平 at 2020-06-24 13:42 x
こんにちは。S402とS206は未だに他のコンプリートカーよりも憧れが強い2台です。S402は白い個体を見せて頂いた時から、あの存在感に圧倒されて好きになりました。
動画を見て改めてニヤニヤしてしまいました。
Commented by b-faction at 2020-06-25 19:05
小平さん、最新のクルマより、いまだ走りの質で上回れるのは物凄い事だと思います。次のWRXにそのような予感を感じています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-06-22 22:00 | Comments(3)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction