人気ブログランキング |

スバルの割愛

スバルの割愛_f0076731_18163664.jpg
紫蘭が今年も綺麗に咲いた。

望桜荘の一角で存在感を示している。
スバルの割愛_f0076731_18164293.jpg
梅雨に入ると何もかもが潤い始める。

繁殖活動も盛んだ。
スバルの割愛_f0076731_18164757.jpg
名も知らぬ蛾だが、
やけに気取っている。
タキシードを着たように、
ドレッシーな蛾が、
恥ずかしげもなく交尾してるじゃないか。

のんびり時間をかけ、
繁殖活動に専念していた。

「人の恋路を邪魔する奴は馬に蹴られて死んでしまえ」

ふっと頭に浮かんだ。

それぐらいのことで、
死んでたまるか。

げへへへへ。
邪魔してやれ。

木の葉を拾って軸の部分で、
二羽の間を突っつくと、
びくびくっと動いて繫がりが外れた。

その瞬間、
針の先のような白い穴が見えて、
一羽がもんどり打つように逃げ去った。

これを専門用語で「割愛」という。

お蚕様の繁殖で、
沢山の卵を産ませるために、
ずっと交尾させず、
途中で繋がりを外す事を「割愛」と言い、
雌雄の交尾した蛾を捩じるように分けることを指す。

そうしないと延々と交尾して、
蛾が弱ってしまうかららしい。

割愛することで、
効率よく産卵させることが可能だと聞いた。
スバルの割愛_f0076731_18165715.jpg
確かにこいつはかなり疲労してる。
残った方の蛾は触角が折れてヨレヨレだ。
精魂使い果たした感じだから、
これはきっと雄に違いない。

男の人たちよ、
気を付けようね。


スバルの割愛_f0076731_18170404.jpg
雌の生殖器は実に芸術的だ。
卵管の中に卵がいっぱい詰まっていて、
交尾して精子を取り込むと、
卵管の卵を受精させながら粘液線から出した付着物と混ぜ、
餌のある場所の近くに産み付ける。

赤丸の部分を拡大すると、
オレンジ色の矢が直腸嚢で老廃物を肛門から出す。

緑色の矢は交尾嚢で、
ボタンのように右へ飛び出した、
外性器にある陰門に繋がっている。

白く見えたのは、
ここが抜けた瞬間だったのかもしれない。

面白いのは、
上にある肛門と下にある陰門の間に、
産卵孔が隠れていることだ。

産卵は陰門ではなく別の管で行われる。

受精が終わると粘液線から出した粘着物と混ぜ、
卵管の中の卵を順番に餌のある近くに産み付けていく。

すると、
あのような芸術的で強固な塊りになるのだ。

生物の構造は興味深い。




雌に比べ雄の外性器はかなり異様だ。
ボタンのようなでっぱりは無く、
雌の陰門に当たる位置に、
針のような陰茎がある。

その上部に雌の外性器を引き寄せるための、
鉤器(こうき)と呼ばれる器官がある。

それを手繰り寄せ寄せ陰茎を差し込むと、
捕握器と呼ばれる鉤器より大きなフックで、
ボタン全体をガッチリ固定する。

昆虫特有の堅い物質でできていて、
交尾したら簡単には外れない。

細かく見ると、
結構怖いが実に理にかなった繁殖活動だ。

柔らかそうに見える蛾が、
ガッチリと局部を堅いかぎ状の組織でドッキングする。

ヒトとはかなり違う、
実に機械的な結合だ。
スバルの割愛_f0076731_20584486.jpg
交尾というよりも、
宇宙ステーションとHTVのドッキングを連想する。

役目が終わると大気圏で燃え尽きる。
そこも蛾の雄を連想する。

ヒトの雄として哀愁を感じるね。

機械的結合は実に重要で、
外して組付ける塩梅は、
まさに長年の経験が最も活きる部分だ。
スバルの割愛_f0076731_18171214.jpg
筒井さんのリフレッシュが、
今日も着実に進んでいた。

工程は7合目まで差し掛かり、
スバルの割愛_f0076731_18171939.jpg
足回りの組付けが進められた。
スバルの割愛_f0076731_18173079.jpg
塩害が深部に及ぶのでサブフレームをごっそり交換する。
スバルの割愛_f0076731_18181757.jpg
蛾を割愛したように、
外して細かく観察すると興味深い。

それぞれ錆び方に個性がある。
スバルの割愛_f0076731_18182546.jpg
「割愛」という言葉には、
「惜しいけど手放す」とか、
「本当は持っていたいけど省く」といった意味がある。

この意味は、
「省略」や「削減」より重い。

工房にショールームから移動した、
2.5リットルエンジン搭載車を入れ、
スバルの割愛_f0076731_18183178.jpg
リフトに載せて持ち上げた。

スバルは7月20日をもって、
このクルマを含む、
フォレスターの自然吸気内燃機搭載車を全て割愛する。

XVも自然吸気の2リットル搭載車が割愛されたので、
こちらの割愛も予測され不思議な事ではない。
スバルの割愛_f0076731_18183755.jpg
CAFE(企業別平均燃費基準)規制は、
どこのメーカーにも大きくのしかかる。

当面はeーBOXERで十分しのげるので、
スバルはそちらに軸足を移すだけだ。

何しろ昨年ドイツに行って、
スバルの置かれた苦境に愕然とした。

当時は厳しかった。
なにしろ売るクルマがほとんど無かった。

ところがだ、
今の状況はかなり好転した。

スバルドイツはコビッド19でドイツ国内が騒然とする中、
他社が驚くような実績を上げている。

ダナト社長も意気軒高だ。
彼等によれば、
「ドイツの5月全需は対前年半減ですが、スバルは前年越えで頑張っています」

それは凄い!
フォレスター効果ですか、と尋ねたら、
「そうですね、フォレスターとXV e-Boxer効果です。
ご来訪をお待ちしております!」と返事があった。
スバルの割愛_f0076731_21152753.jpg
凄いな。
やっぱり良いものは売れる。

クルマの本場ドイツで、
eーBOXERは正しく評価された。

こうして床下から見ると、
スバルの割愛_f0076731_18184626.jpg
フォレスターの優秀性がしっかりとつかめる。
エンジンやトランスミッション、
それに予防安全などの機能も素晴らしいが、
根本的な走破性能がキチンと確立されている。
前から後ろを見ると、
床下に無駄なでっぱりが無く、
スバルの割愛_f0076731_18191666.jpg
最もベースグレードのツーリングでも、
アンダーカバーでまっ平らに整えられ、
その位置も高い。

リヤサスが独立で、
ダンパーストロークが大きいと、
このように素晴らしいシャシーが出来上がる。

ここで前方を振り返る。
スバルの割愛_f0076731_18192275.jpg
エンジンの下部をガードされ、
その後ろにCVTのオイルパンが見える。

まっ平らなのでランプブレークオーバーアングルが大きくとれる。


スバルの割愛_f0076731_18193007.jpg
今度は一番後ろから前方を見る。
同じサイズのスペアタイヤがしっかり収納できる構造だ。

これを見ると、
グローバルではガソリンも捨てられないね。

よくできたインテリアだ。
スバルの割愛_f0076731_18242498.jpg
とにかく全てにおいて余裕があり、
ロングツーリングが楽だ。

燃料を沢山搭載できるので、
ガソリンスタンドが少ない国では重宝されるだろう。
スバルの割愛_f0076731_18242989.jpg
後席の居住性は驚くほど良い。

空調もシートヒーターもUSBポートも、
全て二人分用意されている。


スバルの割愛_f0076731_18243510.jpg
膝先がものすごく広く、
後席に座るのが楽しくなる。

スバルの割愛_f0076731_18244376.jpg
割愛されるので、
このクルマが欲しい人は急いで中津スバルへ。

サンルーフはフォレスターの必需品だ。
スバルの割愛_f0076731_18244926.jpg
もう一つ、
このモデルも7月20日で受注が終わる。

まだどうなるかわからないが、
先日紹介したように米国ではマイナーチェンジが発表された。

国内でもほぼ同じはずだが、
受注開始が定かではないので、
その間ポッカリと穴が開く。

なので、
車検などが近いオーナーは気を付けてほしい。
スバルの割愛_f0076731_18245818.jpg
フロントフェイスは、
結構好き嫌いが出るかもしれない。

サイドクレッディングもデザインが変わる。
スバルの割愛_f0076731_18250473.jpg
期待したテールランプだが、
どうも片思いに終わったようだ。


スバルの割愛_f0076731_18250982.jpg
よく写真見たらほとんど一緒だね。
スバルの割愛_f0076731_18251451.jpg
まあ、
出てのお楽しみだ。

このサイズのレガシィ待望論は相変わらず大きい。
スバルの割愛_f0076731_18251949.jpg
おっと!
凄いものが届いたぞ。

なかなか手に入らなかった、
あのお菓子じゃないか。
スバルの割愛_f0076731_18252571.jpg
おお!
ドキドキするね。
スバルの割愛_f0076731_18253231.jpg
京都が誇る銘菓だ。


スバルの割愛_f0076731_18253825.jpg
阿闍梨餅をこんなにたくさんいただいた。


スバルの割愛_f0076731_18254576.jpg
ありがとうございます。

さっそくみんなでいただきました。


スバルの割愛_f0076731_18255219.jpg
このお菓子がすごい所は、
脱酸素剤を入れないことだ。

猫も杓子もコブクロを菓子の裏に潜ませるが、
一緒に口に入ることもある。

これには無い。

それだけでも凄いね。
スバルの割愛_f0076731_18255821.jpg
本当に美味しい。

この食感は真似できないね。

渡辺さん、
ありがとうございました。
スバルの割愛_f0076731_18260547.jpg
お任せ車検を承り、
お待ちになっている間に、
先日紹介した開田ルートに向かわれた。

大変ご満足いただけたそうで、
本当にうれしい限りだ。

開田のブルーベリーはまだだけど、
中津スバルのブルーベリーは収穫真っ盛りだ。
スバルの割愛_f0076731_18261225.jpg
阿闍梨餅のような本物を目指し、
無農薬天然肥料を心がける。
渡辺さんを見送りながら、
スバルの割愛_f0076731_21352377.jpg
ブルーベリー畑のリュウゼツランが満開になったことを知った。

鉢植えの高級なランに比べ、
少し色は濁り形も素朴だが、
やはり野に咲くと美しい。

なぜかって。

雨に打たれ強いからさ。

スバルの割愛_f0076731_21353043.jpg
今日は一日中雨だった。
時には強い雨が降った。
スバルの割愛_f0076731_21353761.jpg
この雨に打たれ輝きを増すのが、
このリュウゼツランの魅力なんだ。  

繰り返そう。

止まない雨は無い。

雨の後に美しく輝くリュウゼツランのように生きようじゃないか。

Commented by ごー at 2020-06-28 22:31 x
アウトバックもインプレッサも一時期消えてしまうのかな。
だとすれば心配。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-06-28 21:39 | Comments(1)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction