人気ブログランキング | 話題のタグを見る

本格派の料理

「料理」と言えば、
色々あるけれど、
個人的に「一番」を付けるなら、
やはりこれしかないだろう。
本格派の料理_f0076731_21160955.jpg
優れた赤ちょうちんが出す、
最高の料理をご覧に入れよう。

だいたい、
まな板の使い方を見るだけで、
その主の腕がどれほど凄いか良く解る。
本格派の料理_f0076731_21162266.jpg
真っ先にカツオのたたきを頼んだ。

普段ニンニクを食べないが、
この主に「ニンニクは?」と聞かれると、
つけてくださいと言ってしまう。

この店流のカツオのたたきは、
サラダにまみれてあらわれる。

添えられた菊の花をほぐせば、
あとは皿のポン酢を注ぐだけだ。
本格派の料理_f0076731_21162798.jpg
続けてイカの刺身を頼んだ。

本格派の料理_f0076731_21221314.jpg
この居酒屋は「イカ」と言ったら、
このイカしか絶対に出さないのも素敵だ。

もっちりとした、
甘いイカ刺しはここの定番でもある。

本格派の料理_f0076731_18315683.jpg
焼き鳥もうまい。

鳥皮せせりハツモトと頼んで、
この肝焼きをレアの火加減で頼んだ。

本格派の料理_f0076731_21221908.jpg


こいつが本当に旨い。

焼き物を食うと、
あっさりと締めたい。

ちょうどタコを切ってる主が目に留まり、
本格派の料理_f0076731_21222557.jpg
食うしかないと思ったね。
これも本当に旨かった。
本格派の料理_f0076731_21223052.jpg
締めは釜飯と決めてある。
目の前で炊く釜飯は、
何年も使いこなされた鉄釜の味が最高で、
白いご飯炊いても美味しい。
本格派の料理_f0076731_21223663.jpg
どうだい。
おいしそうだろう。

何から何までピチッと整ってるのは、
主の性格によるものだ。
本格派の料理_f0076731_21224753.jpg
生きたウナギは足元にケースに入って置かれていて、
注文を受けるとみているところで捌く。
本格派の料理_f0076731_21225450.jpg
むなしい顔をしているけど、
こうして喜んで食べてもらえるから、
安心して成仏してくれ。
するっと骨が外れていく。

赤ちょうちんが良いね。

洋食はたまにイタリアンを食べたくなる程度で、
中華もそれほど食べないが、
居酒屋だけは絶対に行かないと気が済まない。

3蜜だけどしょうがないよ。
人間らしくモノを食いたいよね。

もう我慢できないよね。
これだけ我慢してきたから、
そろそろ許してよ。

心の叫びが聞こえた。

そんな時にステキなヒトの手で作りこまれ、
素晴らしい顔の見える所で、
美味しく好きなものを食いたいよ。

クルマも作りこまれたものが良い。
改めてB4に痺れた。
本格派の料理_f0076731_21350165.jpg
このB-SPORTは、
ラストバージョンといえども、
相当な気合を入れて作りこまれた逸品だ。

本格派の料理_f0076731_21350613.jpg
外を見るとスバルの特装車共通の韻を持つ。

本格派の料理_f0076731_21352986.jpg
ホイールが良い。
ラスターブラックのオーナメントや、
黒を巧みに使ったグリルなど、
アウトバックのX-BREAKのように、
ポップなフィーリングであふれている。

そのディティールを今度動画で紹介しよう。

面白い話ができそうだ。
本格派の料理_f0076731_21353524.jpg
明日は掃除の日だ。
土日にまた全国からスバリストたちがやってくる。

それに備え、
展示場をピカピカにする。

皆さんどうぞごゆっくり。
本格派の料理_f0076731_21354228.jpg
今日は以前から撮りたいと考えていた、
二つのプレオを紹介したい。
本格派の料理_f0076731_21354950.jpg
軽自動車として本格的に料理された、
平成の時代を代表する軽自動車だ。

本格派の料理_f0076731_21355677.jpg
いつもと違う雰囲気で撮ることができたので、
軽い気持ちで楽しんで欲しい。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-07-02 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction