人気ブログランキング | 話題のタグを見る

雨の日の朝礼

雨の日の朝礼_f0076731_17535430.jpg
火曜日の朝、
出勤して段取り組んで一息ついた。

雨の日の朝礼_f0076731_16170136.jpg
そこで武居さんから頂いた、
天守石垣サブレを食べた。

雨の日の朝礼_f0076731_17540635.jpg

ざっくりした歯触りを、
クリームが支える美味しいお菓子だ。

武居さん、
ありがとうございました。

冷やして食べると、
もっと美味しいと書いてあった。

朝礼の時間が来て、
各自担当の改善作業に取り組んだ。
雨の日の朝礼_f0076731_17541672.jpg
雨漏れ対策でテーブルが移動した。

新鮮な感じがしたので、
なかなか良いじゃないか・・と褒めたら、
「通るのに邪魔なだけよ・・・」とじろりと見て一言。
前向きに生きようね。

課長が先日来取り組んでいる、
初代SUBARU ECVTの模型化をほぼ終えた。
雨の日の朝礼_f0076731_17542563.jpg
世界中のメーカーに影響を与えた、
世界初の自動車用無段変速機の開発を、
スバルのコドモタチはもっと胸を張って喧伝すべきだが、
今一つ迫力がない。

ネガティブ要素ばかり言う輩もいるが、
アイサイト以上に革新的な基幹性能の開発だった。
雨の日の朝礼_f0076731_17543485.jpg
この変速機は少し走っただけで、
自損事故で潰してしまった、
1.2リットルエンジン搭載車から外した。

温存した理由は、
昭和59年の発表以来、
世界に先駆ける基幹技術である無段変速機を、
見える形で展示するためだ。
雨の日の朝礼_f0076731_17544636.jpg
ところが、
実際に置いてみると、
これがなかなか大変だった。

正直な話、
得体のしれない金属の塊にたいして、
誰も興味を示さない。
雨の日の朝礼_f0076731_17545864.jpg
内部のオイルのせいもあり、
徐々に薄汚れてしまった。

そして金属ベルトから駒が外れ、
バラバラになったところでお蔵入りした。

それを復活させ、
想像力豊かな北原課長が、
スバルを分解したときの自動車部品を応用し、
立派な模型に仕上げ直した。

まだまだ磨く必要がある。

CVTとは何かという、
とても分かりやすい模型だ。

ギヤではなく摩擦で動力を伝える、
優れた機構だと再認識した。

工房内の細かな改善も続き、
雨の日の朝礼_f0076731_17550821.jpg
検査ラインにあるピット周辺を、
吉村メカが整えていた。

今朝の課題にした、
新しい整備機器の管理見直しも終わっていた。
雨の日の朝礼_f0076731_17551759.jpg
良い機械を入れても、
置き方のルールが徹底されていないと、
そこから無駄やむらが生じ、
最後に結局無理をする事になる。
雨の日の朝礼_f0076731_17552577.jpg
安い道具だと軽く見ると、
結局その心が品質低下を呼び込む。
雨の日の朝礼_f0076731_17592896.jpg
数日前、
立てかけてあるのを見て、
これではいけないと感じた。
雨の日の朝礼_f0076731_17593746.jpg
誤解を生む要素になりかねない。

何から漏れたのか良く解らなくなり、
油の付着そのものが気にならなくなったりする。

いわゆるマヒした状態だ。

その目を正しく改めるには、
掃除して掃除して掃除するしかない。
朝礼で心を整え一日を迎える事が、
結果的に限りない安心を生む。

このブログの文章を、
ここまで書いてから一旦保存した。

その後1時間かけて文章を考え、
スマフォから更新しているとき、
画像フォルダーから使わず、
直接撮影した動画をアップした途端、
そこまでの作業が一瞬で吹き飛んだ。

全てのやる気が失せてしまった。

というわけで、
再び続けよう。

朝礼を終え動画を撮影し、
順調に一日が始まった。

川の様子も悲観的ではなく、
仕事を終えてジムに向かった。
雨の日の朝礼_f0076731_21134573.jpeg
当然のことながら、
避難勧告が出てるような環境なので、
プールには誰もいなかった。

貸し切り状態で快調に泳いだら、
15分を切る好タイムが出た。

帰宅してテレビを見たら、
木曽川が大変な状況で氾濫の一歩手前だった。

でも、
雨も止み穏やかな様子なので、
武居さんに頂いた日本酒を、
綺麗に飲み干して眠った。

深酒したので、
豪雨の音が聞こえても、
なかなか布団から出る気がしなかった。

こんな天気じゃ、
どこにも行けない。

せっかく高性能車を完全に整備したので、
ばっちり動画撮影するつもりだったが、
思いとどまり、家でじっとしていた。

IKEAの家具を積載量の目安にしたのは、
三代目インプレッサの開発をリードした、
竹内PGMのアイディアだった気がする。
雨の日の朝礼_f0076731_21173768.jpeg
そんなこともあり、
長久手にIKEAができてから、
ショールームの備品にもよく使う。

そんな中、
この引き出しが3千数百円で買えると聞いて、
さっそく入手したが組み立てる時間がなかった。

ちょうど良い機会なので組み立てると、
一個当たり一時間で組み立てられた。

ついでに棚を整理して、
20年位前に戴いた甕の活用を思い立った。

正月に家族で食事に行ったとき、
クエを食えと店主にそそのかされた。
何か良く解らず、
価格も聞かずに「うん」と言ったのが失敗だった。

とても高額な勘定になったので、
店主も気を使ったのだろう。

お土産に甕をくれた。

それに紙パックの芋焼酎を買って、
詰めて寝かせたら美味くならないだろうか。

というのも、
近くにドン・キホーテができたので、
雨が上がったら覗きに行こうと企てた。

食材やお酒の動きが随分変わったようで、
よく観察すると面白い。

コロナビールもよく目にするので、

雨の日の朝礼_f0076731_21234914.jpeg
最近時々買って冷蔵庫に入れておく。
ちっちゃなバケツに氷を入れて、
瓶を浸して飲むのが好きだ。

よく見る霧島もバージョンが増えていて、
勢いのある量販店の品ぞろえを楽しんだ。

度の芋焼酎を買うか悩んだが
甕の大きさを考え、
1.5倍の量を参考に、
雨の日の朝礼_f0076731_21240767.jpeg
初めて見るブランドを選んだ。

こうしてみると、
紙パックだと馬鹿にしてたけど、
詰める入れ物さえあれば良さが多々ある。
雨の日の朝礼_f0076731_21323914.jpeg
じっくり飲んで本当に旨いか、
あるいはハズレか、
微妙なところだ。
雨の日の朝礼_f0076731_21340352.jpeg
最近は芋焼酎と馬鹿にできない逸品も多い。
高尿酸値でインスリンの心配も出た以上、
やはり酒飲みにとって、
焼酎はとても頼りになる相手だ。
雨の日の朝礼_f0076731_21343505.jpeg
甕を見ると、
甕の雫を思い出すが、
流石にそこまでは無理かな。

でも、
どんな風に変わるのか、
大雨警報のおかげで楽しみが増えた。
雨の日の朝礼_f0076731_21364105.jpeg
とりあえず10日くらい寝かせてみるか。
楽しみだなぁ。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-07-08 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31