人気ブログランキング | 話題のタグを見る

雨の天竜川

相変わらずの雨模様だが、
定期テストも欠かせない。
できるだけリスクのない場所を探した。
雨の天竜川_f0076731_20194036.jpeg
店の開拓も大切だ。
思いがけぬ良い店を見つけた。

いわゆる「飯や」なのだが、
看板に興味をそそられ、
暖簾をくぐった。

何がおすすめなの?
そう問うたら、
「蕎麦かな」と主は迷わず言った。

嘘偽りのない、
美味い蕎麦だった。

量もしっかりある。

上の大盛り天ざるが
千三百円で、
倍の量があるざるそばが、
九百五十円なのだ。

今は無き「あお木」を彷彿とさせる、
腹持ちの良い蕎麦だった。

これだけで、
かなり大きな収穫だった。
雨の天竜川_f0076731_20275226.jpeg
嫌な色の濁流だ。

中央アルプスとは全く異なる、
付加体から溶け出した濁流は、
南アルプス独特の色調だ。
雨の天竜川_f0076731_20301814.jpeg
大きな被害は出なかったようで、
ホッと胸を撫で下ろした。
雨の天竜川_f0076731_20313581.jpeg
最近流行りの古民家再生プロジェクトだろう。
良いセンスてまとめられている。

が、
屋根まではお金が回らないようだ。

まあ、
割り切りも必要で、
金を掛ければいくらでも綺麗になるが、
留めを何処でかけるかも大切だ。

そう思うと、
ここでもお金を落としたくなった。
雨の天竜川_f0076731_20345655.jpeg
大正時代のメイドカフェを、
現在に融合させると、
こんな洒落た味になるのか。

メイドカフェに行ったことはまだ無いが、
秋葉原を歩くと、
メイドがいっぱい立っていて、
大概ゴスロリ風の出で立ちだ。

メイドと掛けて下心と解く。
そのココロは野望だ。

見た瞬間に「ご主人様だいっ!」と気負うトコロに、
オスの捨てきれぬ性を感じる。
雨の天竜川_f0076731_20435835.jpeg
最初は目を疑った。
驚いたことに、
ここにもかなりゴスロリな、
可愛いメイドが居るじゃない。

でもそんな野望を感じないから、
老若男女が一同に集う。
それはそれで、
かなり不思議な空間だった。
雨の天竜川_f0076731_20452699.jpeg
三世代前に帰った気がしたね。

初代インプレッサは、
しなるように走り、
これ以上無い走りの喜びを与えてくれた。

これも三世代前に遡る。
雨の天竜川_f0076731_20470733.jpeg
いい味を維持してる。
エンジン快調。
サスは抜群のロードフォールディングを見せた。

好みの味を具現化させた、
オリジナル設定のビルシュタインダンパー、
「B&B」サスペンションと、
コンチネンタルの、
プレミアムスポーツタイヤ「MC6」は抜群の相性だ。
特に今日のような、
目まぐるしくドライとウエットが入り混じる道で、
これ以上無い安心感を得ることができる。

リニアトロニックの解説は、
小休止とさせて戴く。
雨の天竜川_f0076731_20523865.jpeg
最後に馴染みの温泉を目指して、
クルマに鞭を入れた。
活気がまるで無い。

玄関は薄暗いし、
周りのお店もシャッターが降りている。

何処にも定休日とは書かれていない。
ならばと、
玄関に近寄ると、
スーと自動扉が開いた。

自動販売機で入浴券を買い、
女性に渡して中に入った。

何かが足りない。
いつもならジャブジャブ出てるお湯が、
一切止まってかけ湯すら無い。

湯の出口をよく見ると、
奇妙なパイプが入り込んでいる。

飲泉口も枯渇して、
侘びしさだけが漂う。

試しに湯船の湯を舐めてみた。

真水じゃないか。

どうしたのだろう。
コヴィット19でガタガタにされてしまったのか?
雨の天竜川_f0076731_21054279.jpeg
何処もかしこもカラカラだ。

先ほどの女性に、
温泉はどうなったんですかと聞いてみた。
なんと、
1月末の設備メンテナンスで、
関連業者がポンプを源泉内部に落下させ、
一滴も出ない状態に陥ったと言う。

まさに事故と世界的な流行病と、
この悪天候で踏んだり蹴ったりの状態だった。

中津川も他人事ではなく、
せっかく掘った温泉を、
市民みんなでもう一度よく見直し、
その価値を更に高める必要性がある。

踏んだり蹴ったりになる前に。
雨の天竜川_f0076731_21115326.jpeg
今日は、
ようやくこれが手に入った。

さあ、
晩酌だ。

何を飲むかって。
決まってるじゃないか。
雨の天竜川_f0076731_17361508.jpg
コロナビールにライム入れるのは、
アメリカでは常識で、
メヒコ料理に欠かせない。

雨の天竜川_f0076731_17362910.jpg
最初、
メヒコが何なのか良く解らず苦労した。

パードン?
を繰り返すうち「タコス」というキーワードで、
メヒコは「メキシコ」の事だとやっと聞き取れた。

風評被害をぶっ飛ばしてあげるんだ。
それじゃあ、
乾杯!

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-07-15 20:17 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31