人気ブログランキング | 話題のタグを見る

雨の中津川

雨の中津川_f0076731_20372864.jpg
中津川にはまだ鰻を焼いて売る魚屋がある。

肌寒いぐらいだが、
夏バテ防止の季節ものだ。

美味しくいただいた。

子供の頃は、
鰻はうなぎ屋で食うもんであり、
魚屋で買えない贅沢品だった。

それがスーパーでも簡単に飼えるようになり、
今ではコンビニでも買うことができる。

たまに川で鰻が獲れると、
家にある七輪で焼いていた覚えもあるが、
大概の場合タレで挫折していた。

この魚屋のタレはなかなかのもので、
スーパーで買う鰻とは一線を画していた。
雨の中津川_f0076731_20373486.jpg
長雨が続き、
草取りを中断していた。

雨の合間に、
この場所の事を思い出した。
雨の中津川_f0076731_20374042.jpg
墓石と思しきモノを偶然掘り出し、
守り神代わりに鎮座させた。

12年ほど経過して、
それがこの初夏を迎えバックリと割れた。

先月から何度かに分けて接着して、
雨の中津川_f0076731_20374707.jpg
R2の下で休ませていた。

どこぞの輩が我田引水する行為は、
最近鳴りを潜めているようだが、
水面下で交渉が続いているのだろう。
雨の中津川_f0076731_20375390.jpg
静岡空港があり、
新幹線がいずれ格下扱いになるのなら、
駅ぐらいJRが作れとゴネているようにしか見えない。

その解り切った要求に、
企業としてまんまと乗る訳にはいかない。

それがあからさまになれば、
同じごね方が通用すると、
日本中に知れ渡るだろう。

日本人はそこが甘い。

その点は米国は凄まじいほど論理的だ。

例えば9.11のようなテロがあったり、
占拠や爆破でされ多くの犠牲者出たとしても、
脅しの要求には一切乗らない。

その代わり、
「目には目を」で徹底的に追い詰め、
首謀者と見極めれば、
一人の個人を超近代的な兵器で確実に殺戮する。

同じ「ヒト」として、
原子爆弾を食らった立場からすると、
これはとても恐ろしい奴らだが、
友好国として見た時に「スラブ系」より遥かにましだ。

静岡もあまりやり過ぎない方が、
今後の納まりどころが良くなるだろう。
雨の中津川_f0076731_20380189.jpg
墓石を抱えたら異常なほど重く感じた。

やっぱりただの石じゃないな。

脱腸が再発しないように気を付けて運んだ。

何となくキャスターで運ぶのが畏れ多い石だな。
雨の中津川_f0076731_20380616.jpg
元の場所に収めると、
不安定な形なのに、
なぜかピタッと貼り付いたように落ち着く。

雨が降り始めたので、
そのまま一晩放置した。

今日も朝の一瞬、
晴れ間がのぞいたので草取りを再開した。

そして、
一晩経って雨に洗われた墓石の周りに石を詰め、
ロックハンマーで叩いて隙間を埋めた。
雨の中津川_f0076731_20381365.jpg
直後から雲行きが怪しくなり、
激しい雨が降り始めた。

雨の中津川_f0076731_20382043.jpg
草取りした庭を見ると苔が隆々と育っていた。

苔には最高なのだろうが、
ちょっと雨が多すぎる。
雨の中津川_f0076731_20382719.jpg
朝叩いて固定した場所を確認した。
雨の中津川_f0076731_20383694.jpg
塩梅良く雨で土が柔らかくなり、
しっかり立ってた。
雨の中津川_f0076731_20384321.jpg
裏側にある庭石との間に小石を入れ、
スペーサー代わりに使った。

裏側を綺麗に見せることも大切だ。

しかしこれ以上雨に晒すと、
冬になりまた崩壊を繰り返す。

今のうちに、
簡単な祠(ほこら)のようなものを置きたいが、
専門外なので良い姿が思い浮かばない。

良いアドバイスがあれば、
是非とも頂戴したい。

あくまでも社員が力を合わせ、
作ると良いと考えている。

どんな些細な事でもお伝えいただけると嬉しい。

雨の中津川_f0076731_20385392.jpg
雨の活力朝礼で、
初代ECVTの修復作業も続く。

結局プーリーを取り外した。
見学に来られる方へ、
もっと美しい姿を見せたいからだ。

課長の指導で息子が自主的に進めてくれている。

機構の勉強にもなるので、
決して無駄な事じゃないし、
自分の生まれる前に日本中のメーカーのお手本を作った、
スバルの真実を知ることは大切だ。

雨の中津川_f0076731_20390329.jpg
中途半端なラッカー塗料が塗られていたので、
剥離作業も続いていた。

最初は簡単に清掃するつもりが、
徹底的な改善へとステアリングを切り直した。
雨の中津川_f0076731_20392500.jpg
プライマリープーリーとセカンダリープーリーの関係や、
油圧回路の美しさは触れた者にしか解らない芸術性を持つ。
雨の中津川_f0076731_20393394.jpg
スチールベルトも他のパーツが良くなるにつれ、
徐々にみすぼらしさを増してきた。

その結果、
雨の中津川_f0076731_20394468.jpg
一部を組付けた段階で、
次の決心をしたようだ。
雨の中津川_f0076731_20395103.jpg
これぐらい徹底的に綺麗になると、
中途半端な作業は悔いを残す。

社長は確かコマを一つ持ってますね。
貸してもらえますかと息子が言った。

イイよと差し出すと、
雨の中津川_f0076731_20395682.jpg
次に気が付いた時、
スチールベルトも見事に分解され、
全てのコマが何かの液体に漬けられて密封されている。

どんな工程を思いついたのか、
この先が楽しみだ。

E-5ATのフリュード交換を終えたWRXは、
雨の中津川_f0076731_20400255.jpg
杉本君の手で着実に整備が続いている。
雨の中津川_f0076731_20400968.jpg
新たな課題が見つかった。
雨の中津川_f0076731_20401791.jpg
ステアリングギヤボックスからの、
かなりわずかなオイル漏れだ。
雨の中津川_f0076731_20402638.jpg
床には垂れないほどの微量なので、
前のオーナーは知っていて放置したのだろう。
雨の中津川_f0076731_20403479.jpg
脱脂してしまえばそれまでだが、
妥協は後々悔いを残す。

部品を交換するため、
入荷するまでリフトから降ろし、
雨の中津川_f0076731_20405167.jpg
その間にEyeマニキュアを施工することになった。

商品化を進めているため、
社内におけるスキルアップを兼ね、
一番大きなヘッドライトを持つ、
アウトバックにも施工中だ。
雨の中津川_f0076731_20410000.jpg
こうして見ると、
五代目レガシィのヘッドライトにかけた執念が解る。

スバルのバッテリーを搭載する位置から、
どうしても回り込んだ立体的な前照灯を与えられなかった。

クルマが小さいのも、
それを助長し平べったいフェイスのクルマばかりだったが、
フラッグシップらしい顔つきに変わった。

ライトを比べるだけで一目瞭然だ。

デカいから磨くのに倍近く時間を食う。

しかし着実にスキルアップを目指し、
全社体制で一致団結して取組中だ。

20Bの改善も始まった。
雨の中津川_f0076731_20410967.jpg
たいていの部品は用意できるが、
ヒューエルリッドだけは手に入らない。

なので板金加工で自作するが、
雨の中津川_f0076731_20411910.jpg
最初の作品に経年劣化が生じた。

夏祭りで展示するので、
雨の中津川_f0076731_20412747.jpg
再生加工の真っ最中だ。

まあ、
これもクルマ屋として必要なモノづくりなので、
試行錯誤の積み重ねが大切だ。

作ろうとする意欲が素晴らしい。
雨の中津川_f0076731_20413480.jpg
そんな時に、
お得意様からの差し入れは嬉しい。
雨の中津川_f0076731_20414230.jpg
先日、
名古屋の長谷川さんに戴いたバターパイの封を切った。
雨の中津川_f0076731_20414912.jpg
なんて素朴で美味しいのか。

これは鰻パイと真逆に位置する美味しいお菓子だ。

ありがとうございました。

連休最終日の今日は、
いつもにも増して見学者が多かった。
雨の中津川_f0076731_20415695.jpg
カウンターにうず高くアンケートが置かれていた。

様々な感想を読ませていただいたが、
全てに「満足した」と書かれていた。

4連休でもっとも見学のみの来場者が多く、
しかも県内と隣の飯田市でそのほとんどを占めた。

GoToは失策を招いたけれど、
それが近い所を見直す良い契機になった気もする。

東京の人がもっと東京を知ろうとするように、
その地なるものをじっくり見直すのも面白い。

ご来場ありがとうございました。

勿論遠方からも来場は続いていて、
今日は兵庫県の神戸市から赤西さんがいらっしゃった。

リフレッシュ整備の前点検で、
中津の名店「わくり」の蕎麦も味わいがてら来訪された。

昨日も25万キロからのリフレッシュや、
車検直後のセカンドオピニオンのための来訪など、
様々なスバリストとの出会いが続く。
雨の中津川_f0076731_20420289.jpg
雨は激しく降り、
道路が川のようになる時もあるけど、
からっからに干上がるのも怖い。

今年の春先は水不足だった。
実際に雪も降らず夏の渇水が心配されたのがウソのようだ。
雨の中津川_f0076731_20420949.jpg
だからブルーベリーは豊作だ。

次々と実を成すので、
お得意様にプレゼントを続けている。

収穫したら綺麗に洗い、
専用のパックに入れて冷蔵庫で休ませる。

無農薬で完全有機栽培だ。


雨の中津川_f0076731_20421778.jpg
鳥もしゃぶり付くほど美味しい。

ただ、
ちょっと降りすぎで横を流れる六地蔵川の水量が、
またぞろ怪しくなってきた。
雨の中津川_f0076731_20422427.jpg
望桜荘の裏を透水舗装にして大正解だ。
雨の中津川_f0076731_20423165.jpg
以前の舗装前も一部水はけの悪い所があったが、
その場所が今でもよくわかる。
浸透しなくなった。
雨の中津川_f0076731_20424055.jpg
花壇も同じで水はけの悪さと、
雨水が多くなり地下の含有量が飽和状態なのが見て取れる。
こうした状態が地滑りを引き起こすのだ。
雨の中津川_f0076731_20425943.jpg
草は元気いっぱいで、
どんどん伸びて止まらない。
雨の中津川_f0076731_20431092.jpg
SVXは決してスクラップじゃないが、
雨の中津川_f0076731_20432011.jpg
このままだと草むらのヒーローになっちまう。
速く短く刈って堆肥に転用だ。

工房では三重の松島さんから預かった、
SVXの徹底車検が続いている。
雨の中津川_f0076731_20432671.jpg
基幹機能の整備は完了した。

日本で最後になる、
新品のプロペラシャフトを、
このクルマに装着できた。

天候回復が待ち遠しい。
晴れなきゃできない、
最後の課題が待っている。

暫く無理かな。

それでは、
明日もよろしくお願いします。

Commented by みちのくの中島飛行機乗り at 2020-07-27 18:22 x
楽しく拝見しています。初代ECVTの修復は進んでいるようですね。スバルはこれを開発、量産(内製)しているのがすごいと思います。美しい迷宮(油圧)回路がチラリと見えてます。GRFも確実に完成に向かっていますね。 因みに、SVXのプロペラシャフトは、今後のメーカーサポートはどうなっていくのでしょう? ・・・御社ならば心配無用と思いますが。 
Commented by b-faction at 2020-07-27 18:34
プロペラシャフトはジ・エンドです。ハブベアリングは所有しています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-07-26 21:53 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31