人気ブログランキング | 話題のタグを見る

FFインプレッサSTIスポーツのあるべき姿を説く

FFインプレッサSTIスポーツのあるべき姿を説く_f0076731_18215723.jpg
海を背景にした、
FFインプレッサSTIスポーツのプロトタイプは、
この時タイヤのテストも兼ねていた。

アウトバーンでも通用するエコタイヤとして開発された、
コンチエココンタクト6を装着し、
高速道路から一般道路を徹底的に走った。

良いタイヤだと自信が持てたので、
積極的に販売している。

その後、
更にSTIパーツを組み、
北原課長の手で完全なコンプリートカーとして仕上げられた。

最近某大手ディーラーで、
同様な仕事が散見されるようになり、
中にはエンジン制御のコンピューターにまで触れる事例が増えた。

以前も例えたことがあるけれど、
コンプリート化の仕事を、
大学院の研究室レベル、
高校の文化祭レベル、
幼稚園のお遊戯レベルと分けたとしよう。

自動車メーカーの製造は勿論どれにも当てはまらない。

その上で、
STIの仕事は大学院の研究室レベルだといえよう。

だからこそ、
スバル本体はもっと精緻で崇高な仕事を、
STIに委託して「やっていただく」ぐらいに育てるべきだ。

そして、
そのステージに上るための高校生が、
教えられた事をベースに文化祭を繰り広げる。

じゃあ、
大学院の研究室レベルとは、
具体的にどういう仕事を指すのか。

例えば、
マニュアルミッションの優れたプロトタイプを、
スバル本体が取り組めぬ代わりに、
STIが主体となって開発するのだ。

そしてそれを製品化し、
スバルも利益を上げさらに次の仕事をSTIに委託する。

NAエンジンの凄い奴も、
FF専用にSTIに開発させ、
それをスバルがうまく使う。

こういう関係を作れば、
もっとクルマが楽しくなるが、
そのようなことは望めない。

高校の文化祭のテーマを決めたクルマ作りが、
本来はもうひとステージ必要なのだが、
そうした地盤が日本にあるとは思えない。

メーカーがやらない、
閾値の変更を意欲的にやる勇気は凄い。

ただ、
研究室レヴェルで封印したことを、
兄貴差し置いて強行すると失うものも多くなる。

ディーラーがやろうが、
サードパーティのチューナーがやろうが、
それはすべて幼稚園の学芸会レベルだ。
学芸会の中で猫も杓子も四駆ターボを標榜する。

そんな中、
以前からスバルのFWDが、
他社より優れている事実をアピールし、
SGPを活かせるよう、
一年も前から意欲的に商品を作った。

なので、
このFFインプレッサSTIスポーツは、
この後きっと終わることは無いはずだ。
FFインプレッサSTIスポーツのあるべき姿を説く_f0076731_18220610.jpg
京都の渡辺さんから頂いた、
ジュレを冷凍庫で凍らせて食べた。

スプーンを入れて気が付いた。

大事なアドバイスを忘れていた。

冷凍庫から出したら、
10分間ぐらい放置してから食べる。
FFインプレッサSTIスポーツのあるべき姿を説く_f0076731_20253912.jpg
まさに匙加減だ。

この匙加減が大切で、
具体的に言うならば。
今後スバルはマニュアルミッションの開発を、
全てSTIに担ってもらうと良いだろう。

それがまっとうな仕事の流れだ。

この市場はまだ消えていない。

そこに丁度現れたのが、
FFインプレッサSTIスポーツのあるべき姿を説く_f0076731_20254752.jpg
カローラフィールダーだ。

いつの間にか、
カローラツーリングと名前を変えたが、
こちらの方がインプレッサに近い。
FFインプレッサSTIスポーツのあるべき姿を説く_f0076731_20255502.jpg
トヨタらしく、
灯火器には金を使ってる。
FFインプレッサSTIスポーツのあるべき姿を説く_f0076731_20260226.jpg
LEDヘッドライトを持っている。
流石にフォグまではLEDではないが、
トヨタセンシングをマニュアルシフトのFWDに成立させた。

FFインプレッサSTIスポーツのあるべき姿を説く_f0076731_20261083.jpg
リヤの灯火器も立派だ。

そこで、
実際に点灯して構造を観察した。
FFインプレッサSTIスポーツのあるべき姿を説く_f0076731_20261810.jpg
リヤゲート側にもランプが入っている。

まずテールランプを付けた。

あれ?
内側のユニットに何の変化もない。
FFインプレッサSTIスポーツのあるべき姿を説く_f0076731_20262414.jpg
むっちゃん悪いけどブレーキ踏んで。
FFインプレッサSTIスポーツのあるべき姿を説く_f0076731_20263080.jpg
えっ!
嘘!!!

ダミーなのね。
内側にブレーキランプの帯が広がらない。

こうした安普請だけは、
スバルも決して見逃さず、
余計なことに金はかけない手はずなんだ。

そこで、
カローラツーリングを調べたら、
ちゃんと進歩した(?)6速マニュアルになっていた。

軽量薄造りでブリッピングコントロールが付いた、
庶民派向けのマニュアルミッションだ。

超熟成の味がする、
スバルの軽量6速マニュアルミッションなら、
いつでもSTIがシフトフィーリングを調律し、
専用のギヤレシオを揃えて用意できるに決まっている。

研究室レベルの、
玄人好みの仕事こそ、
本気で欲しいコンプリートなんだ。

インプレッサはもともとカローラと似たレイアウトで計画され、
そのポテンシャルは非常に高かった。

余計な事を話しているが、
まあ、
聞いて損は無いので興味のあるスバリストは覗いてほしい。


Commented by 中原 at 2020-07-29 22:05 x
おつかれさまです。

その型のカローラは特にオーソドックスな5速MTはどうしても必要なのです。
その最たる理由は、実をいうとこのNZE161(セダンの方)は教習車が存在していて、その名も「トヨタ教習車」なのです。長いことコンフォート(クラウンコンフォートと同一だけどフロントドアがそれより10センチ短く、小型タクシーに分類される車種)がその役目を担っていたのですが、その後釜としてラインナップ上にあること。あとはまあ、どうしてもMTじゃないと乗れない向き用としてですね。

このMT(C15#もしくはC5#型)も基本設計は相当に古く、初代のビスタ(FFになったカムリ)が初搭載だったと思います。なので40年近く前ですね。守備範囲が1.3リットルから2リットルまでの横置きFF車までが範囲ですね。

ボクの車も当然そうで、3~5速がクロースレシオ気味になっているC154型が搭載されています。

ですが、昔っからカローラのMTは、クラッチのミートポイントがだいぶ上で繋がるしシフトフィーリングも良くない傾向で、その上のコロナ以上のはさらに悪くグダグダ。
ギアレシオは3~5速までがワイドレシオ気味という設定でした。




Commented by みちのくの中島飛行機乗り at 2020-07-29 22:09 x
連日お邪魔します。モリゾウさんはスバル乗りが羨むことを、どんどんやってくれてますね。なんで今のスバルが出来ないんでしょうね。(大いなるMT資産をもっているのに・・・)モリゾウさんが楽しそうに運転している動画は人気あるようです。GRBを操っている動画を時々小生も見ています。(MTが美味しそうです。)スバルMTを渇望します。
Commented by b-faction at 2020-07-29 23:28
聞くまでもないです。「徳」の差です。
Commented by b-faction at 2020-07-30 00:02
中原さん、だから安普請なんですね。スバルもそれくらい割り切れば良いかと言うと、違うんですよ。それこそまさにフィロソフィー。軽自動車をやれと未だに言う人がいますが、もし作り続けていたら下請けで細々と生き残る会社になってたでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-07-28 21:49 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31