人気ブログランキング | 話題のタグを見る

濁流とレガシー

濁流とレガシー_f0076731_18062656.jpg
これ、美味しいね。
姿を変えた川を見ながら、
照りつける太陽の下でアイスを食べた。

濁流とレガシー_f0076731_18063302.jpg
二月の終わりに、
長く続いた河川改修が終わりを迎えつつあった。

石で護岸され、
河床も強靭化されている。
濁流とレガシー_f0076731_18063992.jpg
これで持つのだろうかといぶかしく思えたが、
わずか五か月後に大自然の洗礼を受けた。
濁流とレガシー_f0076731_18064643.jpg
五月の中頃に来たときは、
濁流とレガシー_f0076731_18065283.jpg
遂に完成し大型重機の姿もほぼ消えていた。
濁流とレガシー_f0076731_18065788.jpg
それが二か月後に、
このありさまだ。

けれど、
無策だったらもっと酷い事になっていただろう。
濁流とレガシー_f0076731_18070414.jpg
塩湯荘に入る橋も少し傾いていたが、
クルマが乗り入れるのに問題は無かった。

ただその先は土砂崩れで、
クルマが登っていけない状態だ。

行けたとしても、
それ以上行く気にはなれなかったけどね。
濁流とレガシー_f0076731_18140038.jpg
少しだけ歩いて登ると、

濁流とレガシー_f0076731_18140841.jpg
左の山肌から細かい土砂があふれ出ていた。

濁流とレガシー_f0076731_18141545.jpg
太古に海の底でできた岩石なので、
薄い緑色をしている。

緑石片岩のかけらだ。

濁流とレガシー_f0076731_18142383.jpg
ここが三波川変成帯に位置することが、
ゴロゴロと転がる落石からわかる。

ここは中央構造線の真上なのだ。

濁流とレガシー_f0076731_18142989.jpg
ふっと気が付くと、
大きな美しい蝶が二羽佇んでいた。

思わず見とれた。

中津スバルの周辺にはめったに表れない、
濁流とレガシー_f0076731_18143629.jpg
カラスアゲハのつがいかな。

カメラを更新したら、
被写体の追従性が抜群に向上し、
複雑に飛ぶ蝶の姿を見事にとらえた。

濁流とレガシー_f0076731_18144425.jpg
飛ぶ方向につられていくと、

濁流とレガシー_f0076731_18144943.jpg
ここが黒部の洞窟か。

濁流とレガシー_f0076731_18145505.jpg
執念のレガシーだが、
今はちょっと入る気にならない。

悪いけど日を改めさせてくれ。

このあたりをガードする、
巨大なレガシーを先日見学した。

濁流とレガシー_f0076731_18150486.jpg
覚えている読者も多いはずだ。

あの周辺がどう変化したのか、
通行止めが解除されたら見学に行こう。

この水はこの先で合流すると、
大鹿村役場のわきにある生田ダムでせき止められ、
濁流とレガシー_f0076731_18151388.jpg
天竜川沿いの生田発電所に送られる。

先月のかわら版で紹介した、
南方発電所のすぐ下流にある。

ここも中部電力の持ち物だ。
豪雨の痕跡が建設中の橋げたに残っていた。

濁流とレガシー_f0076731_18152122.jpg
その先にもう一つ発電所がある。

こちらは長野県の公社が管理する、
防災目的の小渋ダムで発電した水を、
もう一度そこからの落差を活かし、
再利用する合理的な発電所だ。

濁流とレガシー_f0076731_18152849.jpg
右下に放水口が見える。



濁流とレガシー_f0076731_18153655.jpg
常用洪水吐が開いていて、
堪り過ぎた水を逃がしているが、
並行して発電も続けているのだ。

まさにレガシーだ。

そのような事を考え、
クルマを走らせると、
頭の中を様々な思いが巡る。
濁流とレガシー_f0076731_18154227.jpg
スバルにとって非常に重要なレガシーは、
誰が何と言っても葛生にある研究実験センター(SKC)に違いない。

あの存在が、
凄いクルマを作り続ける基となった。

あの時代に「作る」と決めた社長は、
やはり偉大な存在だ。
濁流とレガシー_f0076731_19221937.jpg
「田島敏弘」の名を、
スバリストならば必ず胸に刻んで欲しい。
濁流とレガシー_f0076731_18154952.jpg
草津市から素敵なスバリストが来訪された。

濁流とレガシー_f0076731_18155921.jpg
大田さん、
いつもお土産をありがとうございます。
濁流とレガシー_f0076731_18160611.jpg
先日購入されたノーズガードを付け、
マフラーも新たに装着された。

あのステキなGDAがどんどんステキになっていく。
今度のかわら版は、
そのレガシーを活かして開発した、
濁流とレガシー_f0076731_18161408.jpg
歴代のインプレッサについて特集した。

ぜひお楽しみに。
濁流とレガシー_f0076731_18162051.jpg
静岡県伊東市から西田さんも来訪された。

濁流とレガシー_f0076731_18162721.jpg
ケースを開けて驚いた。
濁流とレガシー_f0076731_18163421.jpg
酒の肴が山盛りだ。

濁流とレガシー_f0076731_18163985.jpg
痛風なんかこわくないぞ。

さっそくたっぷりいただきました。

社員にもご配慮いただき、
ありがとうございました。
濁流とレガシー_f0076731_19033913.jpg
さっそく戴きました。
濁流とレガシー_f0076731_19034700.jpg
お見送りできず残念でした。
またゆっくりお出かけください。

東京から奥出さんも来訪され、
濁流とレガシー_f0076731_18164617.jpg
待望のVABを入手され、
合わせてドライブエクスペリエ(DE)も体験された。
濁流とレガシー_f0076731_18165285.jpg
凄くお似合いだ。
マグネタイトグレーには、
元々イエローグリーンが良く担う。

MTライフを楽しまれていることだろう。

DEでコツをつかみ、
岐路でその効果を体感されたはずだ。

クルマと言うヤツは、
漫然と乗らされるものではなく、
支配して操る相棒だ。

それを決して忘れず、
この最高の愛馬を調教して欲しい。

きっと素晴らしい毎日が待っているだろう。


濁流とレガシー_f0076731_18224361.jpg
奥出さんから、
お土産を頂いた。
濁流とレガシー_f0076731_18225013.jpg
これは楽しみだ。

また塩辛がたくさん食べられる。

社員にも、
濁流とレガシー_f0076731_18225671.jpg
お心遣いを頂いた。

濁流とレガシー_f0076731_18230241.jpg
初めて見るカステラだ。

さっそくみんなで分けました。

皆さん、
本当にありがとうございました。


明日は掃除で始まる。

新しい一週間で、
日本はきっと明るい方へと向かうだろう。

明日もよろしくお願いします。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-08-02 19:26 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction