人気ブログランキング | 話題のタグを見る

XVのアドバンスを軽快に走らせる

XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20563871.jpg
本当によく売れてます。

こいつは世界で戦うための武器だね。

じっくり乗ったので、
走りの良さを展開したい。



動画をぜひご覧になって欲しい。

コヴィッド19禍のドイツで、
スバルがとても頑張っている。

皆さん、
お元気ですか。
XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_21013549.jpg
前年同月の販売実績を、
上回り続ける原動力が、
e-BOXERを搭載したXVだ。

今年もお目りかかりたいのだけれど、
何となく雲行きが怪しくなってきた。

片峰さん、
最新情報をありがとうございました。

農業立国ドイツでは、
驚くような農業機械をあちこちで目にすることがある。

日本でも農業機械の進歩が著しい。

そしてHST(ハイドロリック スタチック トランスミッション)も、
どんどん搭載されるようになってきた。

実に面白く、
扱っているうちに作動原理が体に染み込んでくる。

そして、
ついつい調子に乗って湿地帯に足を踏み入れた。
XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20385845.jpg
この長雨の影響は根が深く、
相当な場所にぬかるみが残ったままだ。

これはこれで、
面白い植物が育つので有意義ではある。

デフロックはあるけど、
底なし沼のようなぬかるみでは、
全く効果が無い。
XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20390920.jpg
小さいとは言えども、
大人三人がかりでも持ち上げることはできない。
そこでXVの出番となる。

こちらの無段変速は、
チェーン式のCVTだ。

チェーン式と言っても、
昔スズキが作った椿本チェーンの製品を使う機構とは、
根本的にすべてが違う。

優しく縛って、
XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20390318.jpg
ちょっと引っ張った。

駆動系を切り離したラビットは、
簡単にコロコロと後についてきた。

可愛い。
XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20392299.jpg
用が済んだので場外に出る。
このくらいのギャップはものともせず、
自由自在に走り回る。

この状態から一か月以上かけて、
XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20392998.jpg
綺麗に蘇らせたECVTは、
改めてスバリストの目を釘付けにするはずだ。

XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20533558.jpg
そして摩擦の支配がどれくらい偉大だったのか、
改めて理解してももらえると信じている。

これに加え、
XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20535107.jpg
4輪の駆動力可変配分まで、
歯車の咬合ではなく、
摩擦を支配することで実現した。
XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20535748.jpg
その挑戦の継続がスバルの歴史なのだ。

それにしても暑かった。

無意識で脱水症状を起こしかねない作業を続けていた。

こういう時は、
体が求めるモノを食べたい。
XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20540510.jpg
きゅうりの塩漬けと、
ミョウガの漬物が体に染み渡る。

きゅうりのようにみえるが、
下に並んでいるのはズッキーニの漬物だ。

これが実に歯触りが良くて美味しい。
XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20541032.jpg
インゲンのピーナッツ和えと、
蕗とちくわの煮物もうまい。

そして、
XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20541975.jpg
締めは手打ちそばだ。

先日の大雨の後も、
雷雨のような天気が何度か襲ったらしい。
XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20542512.jpg
少し水が濁っていた。

けれども、
一週間前に比べれば綺麗になっている。
XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20543265.jpg
川床は意外なほど変化が無くて、
XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20543890.jpg
滑るように流れる水が、
所々で切れ目に当たって水しぶきを上げている。
XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20544492.jpg
川床の石畳は健在だった。

XVで上流に向かった。
XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20545218.jpg
砂防堰堤の姿が見たくて、
一週間があっという間に過ぎた。

下流側は平穏だ。
XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20550109.jpg
どんなに凄い事になっているのだろうか。

荒れ狂った洪水で、
XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20550826.jpg
敷き詰めたと思われる石はめくれ上がったようだが、
どんと聳え立つ堰堤に大きな変化は無かった。

XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20551712.jpg
凄いなぁ。

近くで見ると、
XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20552424.jpg
鉄の持つ魅力が神々しく迸っている。

鉄鉄鉄!
鉄は人類の友達だ。
XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20553480.jpg
ガッチリと組まれた躯体を見ると、
ぞくぞくしてくるね。
鉄は良いね。

XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20554234.jpg
巨大さが解ってもらえるはずだ。

この川の源は南アルプスの付加体だ。
XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20555038.jpg
太古に海の底の地下深くで出来た岩石が、
いざなぎプレートに載って、
日本列島ができる前のユーラシア大陸のヘリ迄までやってきた。
そしてプレートテクトニクスの原理で沈み始めるとき、
乗せてきた岩石などをバリバリとこそぎ落としていった。

それが付加体の誕生となって、
沈降と隆起を繰り返しながら南アルプスを形成した。
そう考えながら、
水に触れてびっくりした。

何という「まろやかさ」なのか。

御嶽山から染み出る水は、
針で刺すように冷たくて痛い。

十秒ほど手を入れただけでもつらいほどだ。

中津川の源流も冷たい。
付知川に比べれば柔らかいが、
とても体に優しい水の堅さではない。

ところが、
この水は太古の海洋を想像させる、
生き物全ての根源を感じさせた。

入りたくなった。

素っ裸になって、

XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20555758.jpg
まるで湯につかるように水に浸かった。

これは気持ち良い。

次からは水着が必要だ。

水浴びではない。

まさに沐浴とはこのことを指すのだろう。

自然に感じ、
自然に行動すると、
何か見えあないものが突然見えたりするんだよね。

激しい暑さの中、
脱水寸前まで行ったのだろう。

沐浴の後、
生まれ変わったように気持ちがスッキリ整った。

帰る途中で猛烈に魚が食いたくなり(笑)、
XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20560493.jpg
魚屋に行くと、
「何でも言ってくれ、まけてやる!!!」と威勢が良い。

何が美味しいのか聞くと、
まずバラずし用の刺身を買えという。

多分、
中に美味い部分が沢山入っているのだろう。
マグロの良いとことか、
カツオも見えていた。

じゃあそれもらおうっと。

「300円にしてやる!」
面白いおじさんだ。

言い方は乱暴だけど愛がある。

他に何が美味いのかと聞いた。

「今日はイワシだ!」と言い切る。

高いものを売りつけず、
本心で商売してるな。

それ頂戴と言うと、
「4本ぐらい食え、すぐ食べられるよう皮も引いてやる」

ありがとう。

XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20561140.jpg
確かにおつとめ品だ。

雨が上がって漁も活気立ったのか、
美味しそうなもので溢れていた。

XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20561867.jpg
バラずし用を、
マリオに送っていただいたオリーブオイルで。


おいしい!
わさび醤油も良いけど、
塩分取らずに美味しく食べられる。

鮮度抜群だった。
確かに300円では食えない味だった。

次はどうだ。
XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20562596.jpg
このイワシも、
ほっぺたが落ちそうになるほど、
甘い脂がのって最高だった。

ショウガだまりが最高に合う。
XVのアドバンスを軽快に走らせる_f0076731_20563231.jpg
忙しく一日を過ごしたけど、
充実した最高の日になった。

動画はいかがだったかな。
また次回作もお楽しみに。

Commented by 飯塚慎一 at 2020-08-06 22:00 x
なぜかホッとする、素晴らしい記事です!
また伺いたいです。
Commented by b-faction at 2020-08-07 07:17
飯塚さん、こんにちは。夏休み、いつでもどうぞ。お待ちしています。
Commented by りゅーりゅう at 2020-08-07 08:21 x
いつも楽しく拝読いたしております。(^^)
XVのオーナーである私にとって
うれしい記事です。😁

スバリストたちはつまらないXVに全然興味ない、
WRX、レガシィにしか興味なかったみたいです。
Commented by b-faction at 2020-08-07 11:38
XVは本来のWRX的な役割を担い始めてます。今後の展開が楽しみです。もともとこいつのテンロクでラリーをやろうと国内マーケに提案したのは僕です。実現できませんでしたが。
Commented by りゅーりゅう at 2020-08-07 19:58 x
返信ありがとうございます😊
これからもXVの輝く未来、楽しみしています。

XVの記事も、よろしくお願いします。😁
Commented by 藤米田 勲(おとめ) at 2020-08-08 00:26 x
XVは、素晴らしい車だと乗って分かります。
私のは現行初期型のGT72.0i-S、社長様の好みのテンロクでもなければ、e-BOXERでもないFB20直噴ですが、すっかりした吹け上がりのエンジンとバランスの取れたメカニズムは長距離でも快適だし、飽きないです。
私のは、STIシャシー系フレキシブルパーツ3点セット(タワーバー、ドロースティフナー、フロントサスキット)を付けましたから、より素晴らしいです。
最もXVにも注目して頂ければ幸いです。
私は、20年はできればXVに乗りたいです。
Commented by b-faction at 2020-08-08 12:44
XVの最新モデルにご期待ください。
Commented by b-faction at 2020-08-08 12:49
藤米田さん、XVクロストレックとして別の車種開発を期待してます。更にラギット感を増し電池を積まない内燃機の高性能車が出たら気持ちが傾きます。どうしても一歩引いてしまうのは問答無用で電池を積まねばならない状況だからです。
Commented by りゅーりゅう at 2020-08-14 21:21 x
自分は中国からの留学生でして、
先進技術を持つ、EyeSight、水平対向など
スバル大好き。経済力に限界がありますが、スバルの中で一番かっこいいXVをGP7とGT7の2台乗り継いでおります。

東京スバルのいい販売員に巡り合わせ、
良くしてくださり、さらに好感度アップ!

いつもブログを拝読しており、
中津に行ってみたくなりました。
見学だけでも問題なければ、
コロナが落ち着いたら、遊びに行こうと思います。(^◇^;)
大丈夫ですかね?^_^;
Commented by b-faction at 2020-08-15 17:06
見学だけでも大丈夫です。必ず受付でご登録ください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-08-06 21:49 | Comments(10)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction