人気ブログランキング | 話題のタグを見る

竹中元社長の来訪と新型レヴォーグへの期待

竹中元社長の来訪と新型レヴォーグへの期待_f0076731_17433827.jpg
朝一番で竹中さんが来訪された。

何の前触れもなかった。
朝礼を済ませ着替ようとしたら、
ノスタルジックカーの並ぶギャラリーからひょっこりと現れた。

さすがに驚いた。

楽しいサプライズで一日が始まり、
楽しいクルマ談議に花が咲いた。
工房の前にお客様のR1が停まっていると、
竹中元社長の来訪と新型レヴォーグへの期待_f0076731_17434466.jpg
やはり現役時代の代表作だから、
当然目が留まる。
「辰己さんがスプリングを付けてひっぱてたんですよ」
この話は最近クローズアップされたが、
当時はSTIでも随分話題になった。
「こんなんで効くの」と竹中さんが効くと、
「効く、普通の人間じゃあ理解できない」
と言うような返答があったらしい。

まあ、
これが今になってVABのリヤドロに繋がったわけだから、
スバルの底無しの技術開発力を感じさせる話だ。

プレオのPGMとして活躍されたが、
やっぱり一番思い出に残るのは、
入社して初めてブレーキ開発した時の、
スバルR-2に尽きると言う。

ディスクブレーキじゃないので、
効き味を高めるのに苦労された。
竹中元社長の来訪と新型レヴォーグへの期待_f0076731_17435098.jpg
望桜荘には更に古い時代のサンバーがあり、

竹中元社長の来訪と新型レヴォーグへの期待_f0076731_17435627.jpg
隣のSABには偶然だけどプレオまで並べてあった。

全くの偶然だが、
タイミングが合うと面白い光景が生まれる。

竹中さんにはじめてお目に掛ったのは、
まさに真ん中にあるプレオの商品研修だった。

葛生のテストコースで初めてステアリングを握った時、
後席で案内役を努められたのが、
現社長の中村さんだった。

だからプレオも実に思い出深いクルマなんだ。
竹中元社長の来訪と新型レヴォーグへの期待_f0076731_17440924.jpg
SABにご案内し、
こうして丸裸のXTを逆さ吊りした効果も説明した。
この結果、
SGPとボディコンの関係も解り易く説明できる。

そして新しいレヴォーグが、
なぜ真のフラッグシップとなるのかも説明できる。

そして日本でレガシィが役目を終えた理由も説明できる。

スバルには長い歴史があり、
その前身は中島飛行機だ。

その研究家としての側面もお持ちだ。
だから、
竹中さんが社長だった時代に、
スバルの50年史も編纂されたし、
ビジターセンターを作ったり、
葛生に資料館を作ってスバルの歴史遺産を保管した。

いわゆる文化的な面での功績も大きい。
竹中元社長の来訪と新型レヴォーグへの期待_f0076731_17441512.jpg
丁度当社の会長も出勤したので、
面会が実現し歴史的な記念撮影ができた。
竹中元社長の来訪と新型レヴォーグへの期待_f0076731_17442603.jpg
当社謹製のブルーベリーを差し上げた。

愛機はレヴォーグだ。
次のモデルにすぐ乗り換えると、
手ぐすね引いてお待ちだった。
竹中元社長の来訪と新型レヴォーグへの期待_f0076731_17511975.jpg
いよいよ商談解禁ですと伝えたら、
「何にも言ってこないな」と不思議そうな顔をされた。

東京スバルの諸君、
そこには宝の山がザクザク転がってる。
早く行って注文書をもらってきなさい。(笑)

プレ商談は既に可能だが、
メーカーへの発注は20日からとなる。

昨日から受注が解禁されたのは、
竹中元社長の来訪と新型レヴォーグへの期待_f0076731_17513478.jpg
こちらのクルマだ。

レガシィから独立し、
アウトバックになったと言っても良い。

B4は廃止となり、
グレード展開は変わらないが、
豪華な10色展開から7色に縮小された。

その結果ワイルドネスグリーンがカタログ落ちした。
凄く良い色なのに残念だ。

カタログのメイン訴求色だったが、
それを強引にCG処理で変更したので、

竹中元社長の来訪と新型レヴォーグへの期待_f0076731_17514043.jpg
プレスリリースは、
何ともへんてこりんな色になった。

プラチナムグレーを一足先に廃止し、
ストームグレーに入れかえたので、
恐らくその色がメイン訴求色なのだろう。

廃止された色はもう二つあり、
タングステンメタリックとクールグレーカーキだ。

これはわかるが、
米国モデル用に開発したオータムグリーンメタリックの展開を望みたい。
竹中元社長の来訪と新型レヴォーグへの期待_f0076731_17514559.jpg
インテリアに大きな変更はなく、
基幹性能も変化が無い。

ならばなぜ生産をやめ、
新たに型式を取り直したのか。

それは、WLTCモードの燃費表記に対応させる必要があったからだ。
WLTCはワールドワイド ハーモナイズド ライトビークルズ テストサイクルの略で、
これまでのJC08に加え、
市街地、郊外 高速道路の3モードにおける燃費を表記する。

でも、こっそりとJC08も下げてるんだよね。

これはスバルだけじゃなく、
マツダや他のメーカーでも顕著なので、
カタログを比べてみると様々な発見があるはずだ。

いわゆる某社の燃費偽装問題があり、
各社ともさらに襟を正そうという大人の事情なのだ。

前のJC08では14.8km/lだったが、
今回は14.3km/lとより厳しく見直したようだ。

WLTCについては12.6km/lとなり、
市街地モード  8.6km/l
郊外モード  13.3km/l 
高速道路モード15.1km/lと、
リニアトロニックの優秀性を示す高速燃費の良さが顕著だ。

ところで、
お勧めのグレードは、
やっぱりX-BREAKだね。
竹中元社長の来訪と新型レヴォーグへの期待_f0076731_17515318.jpg
この渋いホイールに合わせるために、
スバルはグレーを二つも用意した。

リミテッドのメイン訴求色のストームグレーは選べない。
その代わりマグネタイトグレーが選択できる。

サンルーフも欠かせない。

ところでレヴォーグだけど、
早くお披露目しないと鮮度が下がってしまう。
カタログは恐らく各特約店の本部には届いているのだろう。

でも、
20日迄は解禁にしないという。
夏休みを長く取らなきゃならないからね。

あれほど働くなと言われると、
本当に困るよね。
全国のディーラーは、
親方日の丸と一緒だから、
足並み揃えなければならない。

その代わり絶対につぶれない会社ばかりだ。

中津スバルはそういうわけにはいかない。

誰も助けてくれないからね。
竹中元社長の来訪と新型レヴォーグへの期待_f0076731_17535180.jpg
だから、
今週二度目の大掛かりなダイレクトメール作戦を開始した。

ほとんどカタログなので、
竹中元社長の来訪と新型レヴォーグへの期待_f0076731_17540198.jpg
届いたらすぐ開いて穴が開くほど見て欲しい。

スバルの作った既製品では、
カッコばかりで情熱が伝わらない。
竹中元社長の来訪と新型レヴォーグへの期待_f0076731_17541054.jpg
挨拶は大宮君が練りに練ったので、
ぜひじっくり読んでやっていただきたい。

今度のクルマはスバル史上、
レガシィ誕生時に近いインパクトを持つ。

それが、
これ以上無い最悪の環境下で発売される。

良いじゃないか。
これこそスバルらしい逆風下での逆襲だ。

オリンピックも無くなって、
スカッと穴の開いた夏だけど、
暑い夏には変わりない。

もし開かれていれば、
明後日は閉会式じゃないのか。

一過性のお祭りに浮かれた夏より、
この逆襲の夏は一生の思い出になるな。

止まない雨は無い。

明日も頑張るぞ。
それでは今夜も泳ごう。

Commented by 藤米田 勲(おとめ) at 2020-08-08 00:33 x
プレオの海の親の竹中前社長がまだご健在で嬉しいです。
プレオネスタRG四駆の11年落ちの中古車を初めてのスバル車として購入して、突然の不具合が発生し、現行GT7XVがあるからと言う理由で、先月手放しましたが、今までの愛車で1番気に入ってましたし、乗ってた8年半の間、飽きなかったです。
本当に素晴らしい車を造られた方だと思います。
因みに幸いにもネスタは、乗り継いでくれる友人がいましたから、彼に託しました。
また、プレオはムリでも、スバル軽自動車には乗りたいです。
Commented by BLUE BOXER at 2020-08-08 10:13 x
ストームグレーはニューポートブルーパールと酷似してると思うんですが?どちらも人気薄
Commented by b-faction at 2020-08-08 12:51
ネスタも面白いクルマでした。ギリギリ入手出来て良かったと思っています。あまざらしで荒れてきましたので、改めて手入れするつもりです。
Commented by b-faction at 2020-08-08 12:55
ストームグレーは人気どうこうより、米国向けのネーチャーカラーとして開発から外せないだけです。蒼い瞳と鳶色の瞳では見え方が違うのです。そこを意識するとどちらも面白い色です。ストームグレーとブラウンインテリアを組み合わせたOUTBACKのリミテッドを発注します。ショールームで輝くはずです。
Commented by koht0819 at 2020-08-08 13:41
静岡の高橋です、代田社長こんにちは。
竹中社長と言えば4代目レガシィの発表会で『感動性能』と仰ったコメントが凄く印象に残ってます。感動のその後が笑顔…になってしまったのでしょうか。

もうすぐ夏のイベントですね!暑い盛りですが社長もどうぞご自愛ください。
Commented by b-faction at 2020-08-08 14:57
高橋さん、こんにちは。竹中さんは本音で語る方なので解り易いですね。今は本音を「隠す」ので曖昧になります。それもユトリの特徴です。「革新」や「卓越」など命がけで極めるレベルを求めません。時代背景がそうさせてますね。
Commented by 森田雅夫 at 2020-08-09 18:25 x
WRX-S4のJC08燃費表記がなぜ低下したのか分かりました。
メーカーとしては言い難いでしょうが、社長さん教えて頂き有難う御座います。
お客様相談センターに聞こうと思ってましたが電話して困らせずに済みました。
Commented by b-faction at 2020-08-12 13:01
森田さん、お役に立てましたか。分かることなら何でもお答えします。
Commented by 森田雅夫 at 2020-08-14 19:49 x
社長さん、有難う御座いました。
また分からない事が有りましたらお伺いさせて頂きます。
宜しくお願い致します。
Commented by b-faction at 2020-08-15 17:04
森田さん、こちらこそ。またお出かけください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-08-07 21:58 | Comments(10)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction