人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新型レヴォーグの骨格構造をフォレスターから透視する

新型レヴォーグの骨格構造をフォレスターから透視する_f0076731_20544055.jpg
塩湯荘さんにお世話になった。

明日からの長丁場を乗り切るには、
まずこの湯に浸かる必要があった。

新型レヴォーグの骨格構造をフォレスターから透視する_f0076731_20544658.jpg
源泉は玄関先にあり、
試しに味わえるようになっている。

新型レヴォーグの骨格構造をフォレスターから透視する_f0076731_20545183.jpg
うかつに飲むとびっくりして、
新型レヴォーグの骨格構造をフォレスターから透視する_f0076731_20545624.jpg
そのカエルに笑われるだろう。


新型レヴォーグの骨格構造をフォレスターから透視する_f0076731_20550210.jpg
まさに「桁違い」と言うヤツだ。

なぜ「桁違い」と強調したのか。

その理由は最後まで読めばわかる。

さて、
フォレスターで南方発電所を訪れた。
前回はe-BOXERで着た場所だ。
100年経ってもシンプルに電力を作る設備を見ると、
新型レヴォーグの骨格構造をフォレスターから透視する_f0076731_20553688.jpg
シンプルイズベストだと改めて思う。

新型レヴォーグの骨格構造をフォレスターから透視する_f0076731_20554263.jpg
しかし凄いクルマだ。

新型レヴォーグの骨格構造をフォレスターから透視する_f0076731_20555092.jpg
2.5リットルのガソリンエンジンに、
何の不満もないのだが、
シンプルに次の世代を目指すには、
基幹性能を更に高める必要がある。

新型レヴォーグの骨格構造をフォレスターから透視する_f0076731_21020533.jpg
まずフォレスターの走りを見てほしい。

凄い奴だ。

新型レヴォーグの骨格構造をフォレスターから透視する_f0076731_17382748.jpg
予習してもらったはずだが、
大丈夫だろうか。

見るだけでは、
簡単に違いが判らないので印を付けた。

まもなくデビューする、
新しいレヴォーグの構造図だ。

その上で動画を見てほしい。


スバルはまだまだ内燃機で伸びる会社だ。

簡単に電気100%とはいかない。

ただし、
法律で縛られたときに、
それを回避する術も必要だ。

だからe-BOXERも大事だし、
米国ではプラグインハイブリットも必要になった。

休日に蕎麦を食わないと、
その先の一週間のバイタリティが枯渇する。

新型レヴォーグの骨格構造をフォレスターから透視する_f0076731_20550842.jpg
今日も美味い蕎麦を食った。

その上で、
落合さんから頂いた、
あるものを試すことにした。

新型レヴォーグの骨格構造をフォレスターから透視する_f0076731_20551672.jpg
ジャーン。

どこから見ても、
この中に蕎麦汁が入っているようには見えない。

お店に失礼なので、
内緒で比較した。

この店の蕎麦汁もこだわりがあり、
長年の経験から生まれた、
とてもやさしい味の蕎麦汁だ。
新型レヴォーグの骨格構造をフォレスターから透視する_f0076731_20552570.jpg
水筒から冷やしておいた蕎麦汁を、
カラにした容器の中に注いだ。

新型レヴォーグの骨格構造をフォレスターから透視する_f0076731_20553195.jpg
美味い。
なるほど、こう来たか。

つまり過給機が付いたEJ20の味だ。
ガソリエンジンしか出せない。
ディーゼルではだめだ。

澄んだコクと旨味の調和。

方や、
この店の蕎麦汁は、
まさにFB25そのもので、
自然吸気のボクサーエンジンの味だった。

いくら凄いエンジンがあっても、
トランスミッションが無ければ走れない。

そして、
いくらトランスミッションを作っても、
ちゃんとした器が無いと収める場所が無い。

現行のフォレスターは、
動画で実証したように十分以上に走る。

ただし、
この上の動力性能を求めるには、
そろそろ次の器が必要だ。

そこから始めるから、
スバルは弱小メーカーながら、
ここまで大手を敵にしてしっかり生き残れた。

何度も言うように、
新型レヴォーグが誕生する前に、
米国工場で新しいレガシィが生まれている。

国内の顧客の要求にこたえ、
新たなフラッグシップ「レヴォーグ」と「S4」を完成させた。

日本以上に市場が大きい米国にも、
同じようにフラッグシップを投入した。

これがスバルの新たな戦略だ。


それで、
なぜボディがそれほど大事なのか。

まっすぐ走り、
思い通りに操るためだ。

いくらフォレスターが凄くても、
いくらWRXが凄くても、
ニュルブルクリンクでは子供なのだ。

じゃあ、
なぜが足りないのか。

更なるボディ剛性と、
もう一つの重要な要素がある事を、
スバルの技術陣は遂に解析した。

それが「剛性連続性」の向上だ。
新型レヴォーグの骨格構造をフォレスターから透視する_f0076731_20555815.jpg
動画でも語ったように、
フォレスターはリヤコンビランプに、
ギリギリまで剛性を使い果たした痕跡が残る。

これは、
初めて見た時に、
とっさに感じた印象だ。

モデルと実物の差異には、
何か必ず理由がある。

その改善策を、
上記の分析から新型レガシィに投入した。

スバル独自の解析技術で、
リヤボディを真後ろから見た時に、
赤くなった部分に大きな変形が見られる。

そこで剛性連続性を高めることで、
その解決策を見出し、
フルインナーフレーム構造への脱却も可能とした。
新型レヴォーグの骨格構造をフォレスターから透視する_f0076731_20560802.jpg
これは米国製アウトバックのフロア構造だが、
新型レヴォーグもほぼ同じ理論的構造を有している。
リヤホイールエプロンと、
アンダーボディの接合部に、
抱え込む形のパーツ(赤紫の部部分)を新設した。

パーツと言っても単純なものじゃない。
長年スバルと共に苦労を分け合った、
群馬のサプライヤーが作るパーツだろう。

閉断面薄板による骨格形成を、
スポット溶接だけでなく構造用接着剤を使うことで、
軽量でありながら、
より均一的に荷重伝達可能な構造を実現した。

その結果、
リヤスカートの板継ぎ部分の位置を変更した効果も加わり、
リヤゲート開口部分のねじり剛性を「桁違い」に向上させた。

フルインナーフレーム化は結果論であり、
目的はこの部分の飛躍的な剛性向上だ。

スバルはこの剛性向上に関して、
一切数値を明らかにしていないので、
冒頭の塩湯荘の「桁違い」を引用して理解してほしい。(笑)

そして更に剛性の連続性を極めた。
リヤゲート開口部を剛性強化するために、
新たに開発された手法がある。

それが樹脂リンフォースだ。
新型レヴォーグの骨格構造をフォレスターから透視する_f0076731_20561785.jpg
これは最新のアウトバックのリヤゲート開口部だ。
動画で説明したように、
この部分を限りなく大きくとりたい。

そこで開口部を環状構造とし、
リヤスカートコーナー部の断面を、
樹脂リンフォースで結束した。

アウトバックの開口部は、
レヴォーグよりかなり大きいので、
先ほど説明した、
「閉断面薄板による骨格形成」部にも装着されている。

レヴォーグにおいては、
そこまで必要が無く、
樹脂リンフォースによる結束は、
コーナー部2つのみとなっている。

こうした幾何学的解説こそ、
スバリストの真に望む情報でなないだろうか。

ユトリ世代が、
自分たちの都合に合わせ売り手を軽視した体制を取り続ける以上、
生き残るために死に物狂いで学ぶ必要がある。

バーチャルや「ちょうちん持ち記事」で、
この新世代の車が売れると思ったら甘いぞ。

明日もさらに探求を極めるつもりだ。

お楽しみに。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-08-12 21:59 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31