人気ブログランキング | 話題のタグを見る

美味しいステーキとWRX A-Line

サンバーも、
忙しい一日を終え、
ホッと安堵の表情を見せた。

ここには道が無い。 
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17243570.jpg
WRXのテストを急遽キャンセルし、
朝からサンバーを相棒に忙しく一日を過ごした。

乾燥した日が続き、
草刈りの必要性が生じた。

剪定枝もしっかり乾燥させたので、
放置された間伐材と一緒に処分した。
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17255705.jpg
すると、
素晴らしい「燠(おき)」が出来上がった。

これを見ると、
オトナの血が騒ぐ。

取り立てて、
アウトドアの準備などいらない。
持ち運ぶ道具を軽くする必要もない。

何故ならば、
サンバーの荷台に乗りさえすれば良い。
タイヤが沈まなければ、
不整地であろうがどこへでも運べる。

火曜日の夜は、
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17251407.jpg
スイミングで良い結果が続いた。
ムキになって泳がずとも、
軽々と14分30秒を切れるようになった。

膨らんだ下腹部も、
ベルトの穴を一つ短く出来るようになった。

平方さんから、
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17252508.jpg
届いたのは食べごろの「だだちゃ豆」だ。

美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17253359.jpg
同じ枝豆なのに、
なぜこんなに味が濃いのか。

薄皮だけ食べても美味しい程、
マメに旨味が載っている。

楽しみに冷蔵庫に入れ、
休日の晩酌の友と決めた。

そこに、
ステキな「燠」ができたわけだから、
それを使って楽しまない手は無い。

使わなくなった食卓のテーブルと、
同じく用のない椅子を二脚だけサンバーの荷台に積んだ。

そして、
IHに使えなないフライパンを積んだ。

あと、
大事な道具はテーブルクロスだ。

古いテーブルでも、
あっと言う間にディナーの雰囲気となる。

これに氷の入ったバケツがあれば、
充分オトナの時間を楽しめる。
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17275020.jpg
そこで、
ステーキ肉を急遽買い求めた。

安い肉で良いが、
厚くて大きい事が最低条件だ。

偶然だ。
最初に飛び込んだ一番近いスーパーに、
おあつらえ向きのデカい肉があった。

残りモノには福がある。
アンガス牛のステーキ肉だ。

売れ残ってしまったのか、
3割引きとお買い得になっていた。

こんなにデカくて917円と安い。
色も悪くないし、
脂っこい和牛より、
鍛えられた大陸の赤身の方がうまく感じる。

流ちょうに常温に戻す時間は無い。

ワイルドな大人の料理だ。
テーブルをセットする間、
軽トラの荷台で放置された生肉は、
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_18051468.jpg
「もう・・・、じらさないで、
早くあなたのものにして」

となまめかしいので、
ザザッと包丁で筋を切ってフライパンにそのまま載せる。

脂なんて敷く必要は無い。
軽く塩コショーして終わりだ。
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17275721.jpg
燠の様子を見て、
一番強そうなところに置く。
先にひっくり返して表面から焼く方が好きだ。

約5分と決めている。
フライパンも余熱持ってないからね。

肉汁の出方を見て、
さっとひっくり返して蒸気が逃げないよう、
アルミホイルを二重にかぶせる。
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17280301.jpg
そして少し火力が弱めの場所に、
フライパンを移動する。


とは言え、
この下にはかなりの燠があり、
輻射熱はかなりある。

焼き時間は15分と決めているので、
腕時計のタイマーをスタートさせて、
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17280964.jpg
枝豆をつまみにコロナビールを飲む。

美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17281620.jpg
よい気分だなぁ~~。

15分経つ前に少し観察し、
肉汁が出過ぎた時は潔く捨てる。
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17282266.jpg
余り捨てすぎてもいけない。
赤い部分は血ではなく、
旨味のある酵素なので大事に残す。
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17282873.jpg
これが自己流のアンガスステーキだ。

塩コショーだけで十分だが、
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17292450.jpg
ポン酢も良いので試してほしい。

大根おろしも合うけど、
急に思い立った時は無視する。

大根を擦ってる時間がもったいないからね。

現場対応で素早く作る。
思い立ったらすぐやる。

すぐやる手順をいつも懐に隠しておく。

すると、
思い立ってから僅か1時間で、
美味いステーキ喰いながら、
自然にまみれた晩酌が楽しめる。

庭先で、
一輪車代わりに軽トラ使うのも良し。
終わった後、
ざっと積んでおきさえすれば、
翌朝運べば簡単に片付く。

と言う訳で、
ビールしっかり飲んで熱帯夜を乗り切った。

流石に夕べは暑かったので、
今年初めてエアコンを働かせて眠った。

灼熱の太陽下で仕事して、
お昼に休んだとはいえ、
焚火して暑い風呂に入浴したら、
いつもに比べ体調が違った。

体温が下がらなくなった感じだ。

おかっしいなぁ。
気温を見たら、
真っ暗になったのに摂氏31度だった。

これは、
このまま眠ると危ない。

そう思って、
エアコンを働かせたらスーッと楽になった。

これが熱中症の直前なのか。
気を付けよう。

スッキリと目覚めたので、
朝早く出勤して工事現場を観察した。
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17294728.jpg
舗装工事も終わり、
ガードレールも元に戻っていた。
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17295352.jpg
集水桝で段差ができたけど、

美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17300099.jpg
確実にオーバーフローを防ぐだろう。
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17300650.jpg
中にトラップが仕込まれ

美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17301196.jpg
心無い人たちが信号待ちで投げ捨てる、
吸い殻を川に流さないように受け止められる。

コンクリートカッターで、
事前に掘る位置の地面を切った時、
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17301780.jpg
水の流れを推察できたはずだ。
工房の入り口に、
白い筋がくっきりと残っているから。
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17302199.jpg
ところが、
大雨が降るとそんなもんじゃないんだ。
僅かな水も中津スバルの前を、
道路の上を伝って下に向かう。
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17302992.jpg
これが大雨だと、
右側を川のように流れ下る。

それがうまく改善できたはずだ。

これからの台風シーズンに向けて、
ホッと一安心だ。

工事の結果を見届けて、
お茶を飲む時間もないまま、
すぐ高速道路に乗った。
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17303745.jpg
本当に濃い味のクルマだ。

今日の出張先に向かってWRXに鞭を入れた。
噛めば噛むほど味が滲む、
ワイルドに焼いたステーキのように、
オトナの味がするクルマだね。

美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17304444.jpg
平成24年
スバルWRX STI 5DOOR
A-Lineのプレミアムパッケージだ。
4WDスポーツの頂点に君臨する、
ヴァリアブルートルクーディストリビューションを持つ、
5速のダイレクト制御オートマチックだ。
プレミアムパッケージは、
タンカラーレザーでインテリアをコーディネートし、
運転席と助手席ヒーター付8Wayパワーシートを持つ。
18インチBBS製鍛造アルミホイールは、
渋い色調のハイラスター処理だ。
ナビ&TVも装備し、
水平対向4気筒ターボのパワーを、
パドルシフトの2ペダルで豪快に操る。

美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17305173.jpg
200kmを一気に走ったが、
今日は単独での出張だったため、
お楽しみの走行動画を撮れなかった。

明日には撮れる予定なので、
仕上がり具合をお楽しみに。
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17305757.jpg
飛ばしたわりに燃費も良く、
エアコンフル回転で10.6km/hと上々だ。

ボディよりトーンを落としたシルバー色のホイールが、
本当にとっても良く似合う。
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17310355.jpg
オーバーフェンダーのスリットに、
STIの文字がとてもかっこ良い。

この部分だけは最新のスバルでも凌駕できない。
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17311023.jpg
歴代のスバルの5ドアの中で、
このクルマだけに許された唯一の勲章だ。

鋳物調の渋い加飾と、
タンカラーの取り合いも、
オトナの味がステキだよね。
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17311693.jpg
美味しい味がするんだ。
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17312436.jpg
オレンジ系の美味しさを、
このデザイナーは良く理解してるな。
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17313082.jpg
こうしたオトナの味を、
もっと深く理解してほしい。
美味しいステーキとWRX A-Line_f0076731_17313695.jpg
ブレない強さが大切だよ。
このコーディネートこそ、
これからのSTIが美味しく見えるコツなのだよ。

Commented by ken-bl5d at 2020-08-28 12:51
茨城の 秋山です

代田社長 大変お疲れ様です
毎日暑い日が続きますが、お身体
御自愛ください。

記事の内容から外れますが、お伺いしたい事が有ります。

私はこの3台の MTモデルに乗った事が無くとても興味が有ります。

VAB type RA−R、S402、BLEspec−B の3モデルの中であえて代田社長が一台選ぶならどのモデルになりますでしょうか…
出来れば、その理由も教えて下さい。お忙しい中すみません。
Commented by b-faction at 2020-08-28 13:25
秋山さん、その三台はどれも大好きで甲乙つけがたいので三種とも持ってます。
強いて言うならレガシィの場合、ワゴンは外します。
Commented by ken-bl5d at 2020-08-28 14:12
ありがとうございます!

難しい質問ですみませんでした…
そのレガシィとWRX系ではあえて
どちらがお好きでしょうか?

それから私の勝手な妄想と希望になりますが
新開発エンジンの CB−18エンジンですが、コンパクト化とクランクウェブの薄型化は将来的には…
6気筒エンジンの復活?を予想、妄想してしまいました…実現はかなり厳しいと思いますが、代田社長的にはいかがでしょうか。
Commented by ken-bl5d at 2020-08-28 14:21
秋山です。
6気筒化は希望的な憶測ですね
エンジンのコンパクト化は将来的なストロングハイブリッドやEV化を
見据えた設計かもしれませんね。
Commented by 篠田 at 2020-08-28 14:46 x
ウェットな情景で焼かれたお肉は汁が滴りそうですね。
今度のレヴォーグ、相当いい車になってるようですがあの匂いはしてなさそう。
かと言って才に溺れて色気なしとも違うようで…
早く試乗したいです。
Commented by b-faction at 2020-08-31 10:48
篠田さん、急に焼いても燠さえよければ美味いのができますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-08-27 21:25 | Comments(6)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31