人気ブログランキング |

アウトバックの特装車を振り返る

クルマの排気ガスからは窒素酸化物が出る。

それが大気汚染の素になるので、
悪いものは除去せねばならない。


けれど窒素は植物にとって必須要素だ。

稲妻の語源は、
稲が豊作になる源だと言う説がある。

カンカン照りの水不足で、
大飢饉になることもあれば、
日照不足の冷夏もある。

今年は長梅雨の後、
カンカン照りが続いた。

自然にはリズムがあり、
ヒトはそれに逆らえない。

生き物は皆同じだ。

必死で稲作していた頃は、
今とは全く異なる観察眼を持っていたのだろう。
死に物狂いで米を作りながら、
稲妻が光ると、
なぜか農作物の実りが良くなる事に気付いた。

稲に欠かせない妻だから「稲妻」なんだって。

良い名前だね。
センスあるネーミングだ。

自然の世界ではとんでもない環境下で、
いろいろな窒素化合物が生まれる。

コドモの頃から雷が大好きだ。

窓を少しだけ開けて、
稲妻を見るのが堪らなかった。

絶対安全な場所で、
叩きつけるような稲妻を見ると、
怖い事は怖いけど、
この物凄いエネルギーがなぜ生まれるか不思議だった。

稲光はとてつもないプラズマだ。

大気を構成する最も大きな要素が、
プラズマになって活性化し、
地上に降り注ぐと植物が喜ぶのだろう。

そんな目で稲妻を見ると、
面白くなってくる。

ただの豪雨より強烈な稲妻を伴う雷雨の方が、
植物にとっては美味しい水なのかもしれない。

昨夜はXVで、
そんな豪雨の中を最後に走った。
晩酌で例のレトルトを封切った。
アウトバックの特装車を振り返る_f0076731_21052140.jpg
堺市のOさんから届いた、
たこ焼き屋の作ったもつ煮だ。
内臓のモツと言うより、
スジ肉を柔らかく煮込んだイメージで、
理屈抜きに美味い。
アウトバックの特装車を振り返る_f0076731_21052612.jpg
これはビールがいくらでも飲めるし、
最後に残った汁に釜揚げした饂飩をぶち込むと、
死にそうになるくらい旨いはずだ。

試したら、
思った通りだった。

落合さん、
ありがとうございました。

好きなものは体に悪い。

とは言えない。

植物が雷雨を好むように、
男もプリン体を好む。

直射日光のもとで抗酸化作用を高めるのだが、
狩りをしない今では逆に働く。

そろそろ、
痛風の発作が近くなる頃だ。

薬に頼り発作を起こさない事が大事だ。
けれども、
男の本能を剥き出しに、
ワイルドに走ることも大事だ。
アウトバックの特装車を振り返る_f0076731_21053267.jpg
野性的なクルマで鉄を意識し大自然と対峙する。

こいつは何よりも健康に良い。
川に入って水浴びすると、
野生の血が少し蘇る。

158km走行して、
アウトバックの特装車を振り返る_f0076731_21053890.jpg
内容のわりに燃費が良かった。

アウトバックの特装車を振り返る_f0076731_21054484.jpg
今朝出勤して改めて感じたのは、


アウトバックの特装車を振り返る_f0076731_21055065.jpg
ラジオの使い易さだった。
ナビの内蔵型はオートサーチを使っても、
レスポンスの悪いものが多い。

この純正ナビは、
県をまたいでエリアが変わった時、
オートボタンを押すと比較的早くそのエリアの周波数を掴む。


正直に言うと、
ナビの取説を読んだことが無いので、
適当にボタンを押してカラダで覚え続けて来た。

ちょっとこれからは、
それじゃあダメかもしれないけどね。

なるべくシンプルに、
これまで通りの使い方で、
自然に操作できることも大事だ。

自然に操作できて易しいクルマの最右翼は、
アウトバックの特装車を振り返る_f0076731_21055504.jpg
やっぱり6気筒を積んだレガシィに行きつく。

このステキなクルマを、
梶山さんにお譲りすることができてとても嬉しかった。

クルマの好きな人なら、
絶対に気に入っていただけると言う確信がある。

アウトバックの特装車を振り返る_f0076731_21060419.jpg
納車式、
おめでとうございました。

レガシィの顔がほころんでいた。
今後とも宜しくお願いいたします。

このころのレガシィはアイボリーを上手くつかった。

鉄板カラーのブラックインテリアと、
アイボリーを上手く使い分け、
最終的にL.L.Beanと良いコラボを生み出した。

丁度その頃に三代目インプレッサが産声を上げ、
レガシィとは違うコラボを誕生させた。

それがBEAMSだった。

企業同士の契約も締結され、
盛んな商品開発が続くと期待したが、
徐々に両社の思惑が乖離し、
簡単に終焉を迎えてしまった。
アウトバックの特装車を振り返る_f0076731_21061094.jpg
その最後のコラボが、
アウトバックで生まれた。

まあ、
その後も関係は続いたのだろうが、
何処とのコラボも最後はこんなもんだ。
アウトバックの特装車を振り返る_f0076731_21061555.jpg
ただしポルシェデザインのブリッツェン、
L.L.Beanのアウトバックに比べると、
インプレッサのビームスエディションから、
複数の車種に跨ったことは初めてかもしれない。
アウトバックの特装車を振り返る_f0076731_21062195.jpg
クルマのセンスの良さは、
やっぱり爆発的に良い。

ただし外装は手を加えず内装のみにとどまった。

白金小豆の三色が選べたけど、
このブリリアントブラウンパール以外選択の意味を感じない。

優れたコーディネートだ。

ここで両者の関係はほぼ終わって、
好評の特装車の後釜は、
スバル内部のデザインに変わった。
アウトバックの特装車を振り返る_f0076731_21062605.jpg
そう言い切れる理由は、
アメリカ仕様をそのまんま持ち込んだからだ。
アウトバックの特装車を振り返る_f0076731_21063195.jpg
けれども新鮮味があり、
「高い顧問料を払うより、
高いエクステリアパーツを使うぞう!」と気合が見て取れた。

なおで、
迷わず購入した。
アウトバックの特装車を振り返る_f0076731_21063806.jpg
三色選べたけど、
ディープチェリーパールしか視野に入らない。

他の色だと陳腐に見えた。
アウトバックの特装車を振り返る_f0076731_21064586.jpg
ショールーム映えする凄い良さを放った。

こうして現行モデルにその流れをくむ、
X-ADVANCEが加わった。

アウトバックの特装車を振り返る_f0076731_21065066.jpg
これは素晴らしかったが、
そのあとがお粗末だった。

どうも「ゑびす」に移転してから、
街の雰囲気に慣れ会社のビルもおしゃれになったが、
うわべのカッコよさに怠ける傾向が増えた。

そもそもe-BOXERという、
詐欺まがいのネーミングが大嫌いで、
電池のマークを模したレターマークに虫唾が走る。

この電池を積んだほぼキャリーオーバーのシステムに、
無理やりアドバンスというグレードをこじつけたので、
全体を跨ぐ車種間の構成に歪みが生じた。

グリーンのロゴマークと、
X-ADVANCEをセットにしないと、
長い目で見て構築するべき「ブランド」は育たない。

詐欺まがいと言われて腹が立つなら、
なぜ最後の6気筒搭載モデルのグランドマスターを、
最後だと言わずに隠したのか。

ファイナルと言うべき責任があったな。
あれは単なる特別仕様車じゃなかった。

今見ても欲しくなる、
ディープチェリーの結晶だ。

大切にして欲しい。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-09-10 22:03 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction