人気ブログランキング |

スペクタクル

スペクタクル_f0076731_14225296.jpg
中津川のkisakuは、
気合の入ったランチを作る。

味は文句無しだし、
スペクタクル_f0076731_14225889.jpg
好みを知り尽くした味付けがニクイ。

塩味は強すぎずアルデンテの感触が、
噛締める程に旨さを引き立てる。
スペクタクル_f0076731_14230344.jpg
これはスペクタクルだ。

だから、
デザートも台詞を語る。
スペクタクル_f0076731_14230830.jpg
美味しくいただきました。

その夕刻、
スペクタクル_f0076731_14231319.jpg
kisakuの方向に水柱が立ち始めた。

低くたなびきたる雲から、
カーテンがたわぶれ、
いとあざけるがのごとく、

スペクタクル_f0076731_14231821.jpg
水柱が太くなった。

大スペクタクルだ。

振り向くと、
西の空は対照的に明るい。

そして雲の切れ間から青空がのぞくと、
スペクタクル_f0076731_14232479.jpg
そこには巨大な入道雲がせりあがった。

スペクタクル_f0076731_14233180.jpg
写真では表しきれない壮大な光景だった。

視線を右に移すと、
スペクタクル_f0076731_14233682.jpg
笠置山が猛烈な水柱に包まれていた。

360度のパノラマで、
猛烈な天候変化が起きていた。

少し怖くなり社屋に入って、
会議室から窓の外を見ると、
スペクタクル_f0076731_14234379.jpg
kisaku方面から近づいてきた水柱に、
あたり一帯が呑み込まれていった。

スペクタクル_f0076731_14234915.jpg
笠置山の姿は平穏に戻ったが、
こちらでは大粒の雨が真っ逆さまに天から落ちた。

自然の恵みを感じながら、
天から与えられたスペクタクルを楽しんだ。スバルにも年に一度のスペクタクルがあり、
全国特約店の表彰と、
スバルショップの表彰が二日にわたって繰り広げられる。

引き出しの中から、
あの当時の名残が現れた。

21世紀を迎え、
スバルの放つスペクタクルに変化が現れた。

2000年の式典では、
「スバル新創世」とサブタイトルが付いた。

会場も宮崎県のシーガイアという、
思い切った場所が選ばれ、
懇親会をオーシャンドームに設定した。

ただ、
バブルの遺産は想像以上に陳腐で、
立ち入りを禁じられた波のあるプールや、
シュガービーチと名付けられた砂浜にがっかりした覚えがある。

そして、
2002年から2004年の竹中時代は、
参加者全員にピンバッジが配布され、
式典の間は身に着けるよう促された。
スペクタクル_f0076731_13564252.jpg
それが思いがけず引き出しの中から、
巾着袋に入ったまま現れた。

左端のスバルプレミアムシンフォニーは、
2002年の神戸における大会を指す。

二代目フォレスターがデビューした年で、
開催場所は新神戸オリエンタルホテルだった。
国内営業本部のトップは、
クルマにとても詳しい塚原さんだ。

式典後の祝賀会も、
小柳ルミ子と奮発したが、
タレントの人間性はドサ回りで馬脚を現す。

ステージ上で仕事だけこなす姿勢は、
まさに反面教師だった。

初めてのバッジが珍しく、
これは良いと褒めたら、
他の参加者にプレゼントされた記憶がある。

スバルイノベーションは2003年に、
ホテルグランパシフィックメリディアンに於いて開催された。

お台場に出来た高級ホテルでゆりかもめとのアクセスが良い。
本来なら2個あるバッジだが、
1個を会場で紛失したのだろう。
役員に大きな変更はなく祝賀会のタレントを石川さゆりが務めた。
翌月に四代目レガシィ発表を迎える4月22日に開催され、
竹中社長自らが新生ツインカム自然吸気ボクサーの素晴らしさを訴えた。

同時にアニメーションではあったものの、
新世代軽自動車であるR2も実車披露され、
スバルの大転換を印象付けた式典となった。

最後のピンバッジが2004年だ。
ハッキリと2004、
オールスターと書かれているが、
それには大きな訳がある。

竹中社長の下で進められた、
コーポレートアイデンティティーのグローバルスタンダード化だ。

それに対してほぼ目途が着いた頃で、
代理店制度も新しくなり、
あらゆる面で節目となる年だった。

そこで二年連続ながら首都東京が開催地に選ばれ、
会場は赤坂にあるホテルニューオータニだった。
国内営業本部長は奥原さんにスイッチし、
エンターティナーを天童よしみが務めた。
歌もうまいしサービス精神も豊かだった。

ここで国内戦略はひと段落して、
グローバルで成長を目指す商品開発が始まった。

これ以降の式典はオールスター表彰に統一され、
現在のスペクタクルに繋がる。
スペクタクル_f0076731_12130092.jpg
そんな思い出を引き出しに眠らせるわけにはいかない。
そこで飾り棚に並べた。

棚の中にあるスペースが切迫し、
余り関連のないコレクションを移動するため取り出した。
スペクタクル_f0076731_13564869.jpg
ブルマのイラスト付きの空き缶を使い、

スペクタクル_f0076731_13565800.jpg
コレクションを整理していて、
コンタックスのデジカメを見つけた。
このカメラも2004年と関りがある。

洒落た外観と利便性で暫くの間活用した。
典型的なイベントが、
2004年に開催されたラリーJAPANだ。
スペクタクル_f0076731_12161663.jpg
動画も取れるので重宝し、
北海道にも持参した。

そこで久しぶりに現社長の中村知美さんと再会した。
グングンと頭角を現し、
当時はマーケティング部長の座にあったと記憶している。

会場で久しぶりに言葉を交わした。
スペクタクル_f0076731_12204173.jpg
その時の写真の中に、
コンタックスを身に着けた姿があった。

それにしても太ってたな。

ちょっとした発見から、
過去を振り返りこれから先を見据える。


最近、
本を読む時間が取れない。
スペクタクル_f0076731_13570484.jpg
この3冊も机の上に置きっぱなしだった。

ノスヒロを開くと、
スペクタクル_f0076731_13570979.jpg
良い感じのテントハウスが現れた。
作り方が上手だな。
看板のセンスも卓越している。

大貴さんも元気に活躍しておられる。
スペクタクル_f0076731_13571469.jpg
あの絶好調なレディーバードに、
また会いたいものだ。

二気筒空冷が持つ、
理想のサウンドを奏でていた。

最高の状態に蘇らせ、
理想のサウンドを奏でるGC8を、
しばしの間休ませる。
スペクタクル_f0076731_14222136.jpg
今年のL1ラリーは開催の方向で話が進んでいる。

後はドライバーとコ・ドライバーの日程調整が必要だ。

ウイルス禍のなか、
明るい話題を伝えておこう。

正式に開催が決まれば、
即座にエントリーする。

その時は、
ぜひ応援をお願いしたい。
スペクタクル_f0076731_14222597.jpg


Commented by 内田朋宏 at 2020-09-13 16:12 x
ご来店頂きまして
誠にありがとうございます。
お店も紹介もして頂き光栄です。
又ゆっくりお話が出来る事を
楽しみにしています。


Commented by b-faction at 2020-09-13 17:05
内田さん、美味しかったです。またゆっくりと飲みに行きますね。
Commented by lovely0096 at 2020-09-13 21:12
明石の木下です。
こんばんは。
レオーネ2ドアハードトップのミニカー、素敵な色ですね。
5マイルバンパーが懐かしいです。
私は2ドアハードトップが一番好きな形ですので、復活したら欲しいです。
漸く、朝晩は涼しくなってきましたね。
夏の疲れが出ませんよう、お気をつけください。

Commented by b-faction at 2020-09-14 12:29
木下さん、お目が高いですね。富山の島田さんに戴いた逸品です。確かに夏の疲れが知らず知らずの間に出てますねぇ。お気遣いありがとうございます。そんな時、水泳は良いバロメーターです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-09-12 22:00 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction