人気ブログランキング |

味噌煮込み

昨日は岐阜スバルの沼社長から、
折り入って話をしたいと電話があり、
急遽トップ会談を開いた。

「売るクルマが無いので文句を言いたい」と、
彼は重い口を開いた。

言いたくても言える立場じゃない。
いつも売る立場より、
作る立場を上と見るゑびすの会社体質だ。

所謂「マルフ体質」そのものなのだが、
今でも末端まで伝統的に行き届いている。

だからユトリたちも、
自分たちに都合の良い部分だけは上手に引き継ぐので、
とても困った体質と言えるのだ。

それにも増して、
最近のゑびすは凄く敷居が高い。

勿論皆紳士だし見た目もスマートだ。
どのゑびすマンも物腰は柔らかい。
それでいて、
かなり命令調で指図する。
なので沼社長も辟易としたのだろう。

お互い立場は違えど叩き上げ同士で、
歳も違わないので、
マルフ体質に対する不平不満を、
思いっきり言い合ったらスッキリした。

テレビ会議なんてものは、
生粋の社会的動物であるヒトのする事じゃない。

いい加減、
顔を見せたらどうだ・・・なんてね。

肝心の売るタマは準備できないし、
いつが発売日で、
何が出たら次は何が発表になるのか、
魑魅魍魎としている。

事前予約の解禁だの、
発表と発売が常に混在して、
現場はこんがらがってめっちゃんこだ。

先を見越して自腹で買いそろえた新車も、
とびっきりのB4を残し全てお客様にお譲りした。

ボロクソにゑびすの悪口言ったら、
お互いにすごーっくスッキリした。

たまには必要なガス抜きだ(笑)
味噌煮込み_f0076731_17204049.jpg
スッキリしてから泳いだので、
タイムも元に戻った。

朝から肩の筋肉がギクギクして、
とても調子悪かったが、
やっぱり泳ぐと体に良い。

プールに着いた時には、
2レーンで二人泳いでいたが、
泳ぎ終えたら誰も居なかった。

味噌煮込み_f0076731_17204523.jpg
静かなプールを独占して泳ぐのは、
実に精神衛生上キモチイイ。

晩酌は牡蠣の味噌鍋で、
野菜を十分摂って眠りについた。

夜の炭水化物を我慢したので、
味噌煮込み_f0076731_17205004.jpg
今朝は残った汁に、
地元のうどん「土田金」をぶち込んで、
しっかり煮詰めて卵と食べた。

アレンジした味噌煮込饂飩は、
実に美味しい。

腹いっぱい食べて出勤した。

到着して昨日修理したG-SHOCKを手にした。
味噌煮込み_f0076731_17205665.jpg
液晶が消えかかってるじゃないか。
こんな風に文字盤を着色してるのか。

面白いな・・・と思っていたら、
大倉さんと三島さんを思い出した。
味噌煮込み_f0076731_17210108.jpg
三島さんは世界を股にかけた時計のプロだ。

数々の珍しい機械時計を商うなかで、
中津スバルに来るときは、
あえてG-SHOCKを身に着ける。

手にしたカメラケースと、
カバンのコーディネートを見るだけで、
只者じゃない事が解るはずだ。

大倉さんにお譲りしたGDBは、
まるでランチアの味がすると、
大好評を頂いたが、
その後元気よく走っているだろうか。

また是非お目に掛りましょう。

お二人にお会いしたのは、
2019年の東京オートサロンだった。
味噌煮込み_f0076731_17210704.jpg
スバルブースでSKE(注:電池積んだフォレスターの略称)を眺めていたら、
後ろから声を掛けて頂いた。

渋いグレーにハレーションを感じるイエローグリーンが、
このクルマのセールスポイントだった。

ただ、
元々重心の高いSUVをSTIが触れることを是としない。

なぜならば、
ビジネス的に有効でも、
そんな暇があったら肝心の本職のクルマを、
もっと立派にして見せろと思うからだ。

SUBARUはSTIに開発費を潤沢に注ぎ、
マニュアルトランスミッションの先行開発を任せ、
もっと積極的に顧客に売らせるべきだと思っている。

基幹性能の開発を担うわせると言う名目ならば、
巨額の金を投入できて、
本来の「らしい」仕事が増えるうえに、
STIファンもおためごかしの商品をあてがわれない。
これなどはターボエンジン搭載前提であり、
味噌煮込み_f0076731_17211495.jpg
モーターアシストなんかまったく興味が無い。

ターボも他からの流用ではなく、
専用の強靭な出力優先の設定が必要だ。

なので、
結論からするとSTIバージョンなど必要ない。

ただしリヤガーニッシュのデザインに、
少し面白い工夫があるので、
これを装着したSPORTモデルを出すと面白いだろう。


味噌煮込み_f0076731_20200594.jpg
その時のオートサロンでは、
WRXのEJ20ファイナルエディションもお披露目され、
STIの商品群が活気にあふれていた。
味噌煮込み_f0076731_17212007.jpg
そしてインプレッサにも新たな提案がなされ、
それが遂に商品として実を結ぶ。

中津スバルでも商品を開発し、
FFインプレッサSTIスポーツと名付けた。

SUBARUから発売される新車種も、
インプレッサスポーツSTIではなく、
インプレッサSTIスポーツと呼ばれるらしい。

ネーミングの源流は、
「スバルFF-1 1300G Sports」にあるので、
そこを「ゑびすの諸君」も良く知っておいて欲しい。


軽さは性能だ。
前輪駆動こそSportsの原点だ。

嬉しい知らせが届いた。
味噌煮込み_f0076731_19453610.jpg
予定をかなり前倒しS4のSport#が、
桐生にあるSTIの専用生産ラインを流れたようだ。

「中津スバル様」と書いてあったらしい(笑)
冗談はさておき、
きっとそう遠くない時期に、
いよいよ「真正のコンプリートカー」が到着する。

すぐに鞭を入れるわけにはいかないので、
まず初めに優しーく流すつもりだ。
楽しみにして欲しい。

おためごかしと嘆くのか、
あるいはまた、
「これは目の肥えた大人を満足させるクルマだ」と目を剥かせるのか、
答えは二つに一つしかない。

平岡社長のデビュー作ともいえる、
これまでとは違うSTIを楽しみに待とう。
彼は料理の名人でもある。
味噌煮込み_f0076731_20485652.jpg
彼の最新作は「真鯛のアクアパッツァ」だ。

こんなにセンスの良い、
しかも美味しそうな料理を、
サラリと作ってしまうんだからねぇ。

どちらも、
きっと良く煮込んだ美味しい味がするはずだ。

Commented by b-faction at 2020-09-17 07:40
阿部さん、おはようございます。全くそんな事は無いですよ。話したのは営業の姿勢についてです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-09-15 22:00 | Comments(1)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction