人気ブログランキング | 話題のタグを見る

食い物とタイムの関係

食い物とタイムの関係_f0076731_17263527.jpg
歩いて行ける定食屋に寺田さんと行った。
この美味しそうな鉄火丼定食は、
税込み800円とお値打ちだ。
スルスル食べられる美味しい赤身だ。
タレも良いお味でした。

ミーティングの一日前に現地入りされ、
当社でタイヤを新品に交換していただいた。
食い物とタイムの関係_f0076731_17264182.jpg
ステキなお土産も頂いた。

食い物とタイムの関係_f0076731_17264669.jpg
このラスクはサクッとまろやかで、
とっても健康的な味がした。
食い物とタイムの関係_f0076731_17265186.jpg
マーブルチョコ風の見た目だけど、
食い物とタイムの関係_f0076731_17265708.jpg
チョコ控えめで、
ナッツ系の香ばしさを感じた。
食い物とタイムの関係_f0076731_17270432.jpg
噛んで呑み込む間に、
そのお菓子の自然さがカラダで分かる。

ステキなお味でございました。

22Bオーナーの谷さんから、
食い物とタイムの関係_f0076731_17270947.jpg
ビスケットのお土産を頂き、
会場でみんなと分け合った。
50袋も入っている。
食い物とタイムの関係_f0076731_17271441.jpg
いつもオトナ買いをする谷さんらしく、
このお土産にも一捻りあった。
食い物とタイムの関係_f0076731_17272080.jpg
このビスケット風のステッカーに、
22Bが描かれていた。

どう使おうか悩んでいる(笑)

オーナーミーティングはツーリングから流れ解散となり、
今年は大宴会を自粛した。

とは言え、
中津川に宿泊される方もいる。

博多から来訪された児玉さんは、
中津川を折り返し点とされているので、
夜はチキンハウスで会食を楽しんだ。
食い物とタイムの関係_f0076731_17272652.jpg
ソーシャルディスタンスを意識して、
もも肉の梅肉和えでスタートした。

食い物とタイムの関係_f0076731_17273030.jpg
やはりケイチャンだけは突っつきあいたい。
たらふく食べ、
たらふく飲んで夜が更けた。
そうこうするうちに、
あっという間に最終日の祝日になったが、
自動車業界に連休は無い。

中古車業界の会合が開かれ、
広い場所で扇風機を掛けた不自由な会議になった。

幹事の配慮でお弁当を持ち帰るよう配られた。
これがステキなアイディアで、
食い物とタイムの関係_f0076731_17273625.jpg
とびっきりのウナギ弁当が用意されていた。

うな弁はボヤッと冷めた頃が美味しい。

完全に冷めて冷たく硬くなっても、
それはそれで趣があるけど、
僅かに生暖かいぐらいが大好きだ。

会社に戻り残業して、
家に持ち帰る頃に、
丁度良い塩梅になっていた。

うな弁食いながらビールを飲むと、
何となく駅弁食ってるような懐かしさがこみ上げた。

そして水曜日にS4のコンプリートカーを高原に誘った。
高速道路に入ってすぐ、
トリップメーターをリセットした。
食い物とタイムの関係_f0076731_17274139.jpg
台風の影響などほとんどない。
オオカミ少年も三度目までだな。

高速道路で観光バスを久しぶりに見た。
食い物とタイムの関係_f0076731_17274647.jpg
3台連なる様子に、
また非常識な運転をするバスが増えると予感し、
なんだか気持ちが暗くなった。

観光バスだけでなく、
高速路線バスも、
追い越し車線の使い方が非常に良くない。

本当にプロなのかと疑わしいドライバーもいる。

登坂車線を積極的に使い、
捌く運転をすべきだ。

後席の左右にもシルバーのシートベルトが奢られて、
食い物とタイムの関係_f0076731_17275307.jpg
カメラも気持ちよさそうに収まっている。

目的地に着くと、
リニアモーターカーの補助トンネルが、
興味ある景色を作っていた。
食い物とタイムの関係_f0076731_17275968.jpg
折り畳み式の扉を閉じたらトンネル工事には見えない。
大小の特徴的なマシンが連なる。
まるで蟻が穴を上手く掘るように、
さりげなくスピーディーに進んでいく。

中に入ろうとする蟻のお化けのようなマシンが、
ガガガギギギと特殊な音を出す様子が、
まるでSF映画の一コマのようで楽しい。

ぞくぞくするほどカッコいいのは、
地底に潜る特殊マシンの雰囲気を持つからだろう。
食い物とタイムの関係_f0076731_17280489.jpg
順調に仕事が終わり、
昼ごはんの時間になった。

蕎麦前が出た。
食い物とタイムの関係_f0076731_17280950.jpg
塩イカだけを使ったきゅうりの浅漬けだ。
酢の物は苦手なのだが、
きゅうりの漬物は大の大の大好物だ。

食い物とタイムの関係_f0076731_17281992.jpg
見慣れないモノも出た。
少し苦味があるけど、
味に深みがあって旨い。


どう調理したか聞いてみると、
ゴーヤを醤油漬けして鰹節に絡めただけだと言う。

美味しいなぁ。
カラダの中が透き通るような気がした。
食い物とタイムの関係_f0076731_17282487.jpg
汁が出て蕎麦の出番を待つばかりとなった。

八十歳を超える女性の打つ蕎麦に、
まるで憑依されたかの如く禁断症状が出る。

食べたくて仕方がない。

そりゃあ、
時には味にムラもあるだろう。

素っ気なく見えるのも仕方がない。

しかしブレないレシピと、
生活の中で生まれた蕎麦の味は、
何よりも真実そのものを語り続ける。
食い物とタイムの関係_f0076731_17283074.jpg
この日の蕎麦は感動的に旨かった。

香りも歯ごたえものど越しも文句ない。

こののど越しで大事なのは、
通り過ぎていく時に少しのざらつきと共に、
蕎麦独特のあの香りを鼻腔の奥に剥ぎ落としていく事だ。

食い物とタイムの関係_f0076731_17283735.jpg
それだけじゃなかった。

こいつは凄いぞ。

何とも言えないステキなモチモチ感がある。

いつもと違う。

レシピ変えたの?

そう聞くと、
「なんにも変えてない、いつもと一緒」という。

そして、
少し微笑みながら「粉を変えた」という。

やっぱりな。
まだ新そばじゃないけど、
何を変えたのだろう。

多分、農家が違うのだろう。

この日は幸運なことに御代わりができた。

初めの「大ざる」があの量で870円とお値打ちだ。
女の人なら腹いっぱいになるだろう。

食い物とタイムの関係_f0076731_17284668.jpg
追加のざるは丸い。
ぺろりと食べた。

もう少し食べられそうだが、
腹八分というじゃないか。
とっくに過ぎたけどね。

追いザル一枚670円とは、
涙が出る程美味しくてうれしい。

やっぱり蕎麦というものは腹いっぱい食いたい。

出来るだけ良い粉を使い、
技に拘っても腹いっぱい食わせてくれないと、
なかなか合格点を出せない。

最近思うに、
どの飲食店も家賃負担に苦しんでいるのではないだろうか。

その分が材料の低下、
あるいは分量の絶対値としての不足に繋がっている。

量が多いだけでは、
カラダが拒むし、
材料が良くても分量不足だと飢餓感が襲う。

そう考えると、このS4のコンプリートカーは、
食い物とタイムの関係_f0076731_17285682.jpg
この美味くて溜まらないざる蕎麦のようだ。

噛締めた時にねっとりと感じたあの美味さと、
全く共通の味を持ち、
この手のハイパフォーマンスカーとして実にお買い得な料金設定だ。

八十歳を過ぎた熟成の味を、
年季の入ったスバルが同じように醸し出し、
STIの匠の技で重ねて熟成が施された。

不味い訳がない。

最初の慣らしで98.5km走った時に、
10.3km/lの燃費だった。

今回は結構飛ばしたので、
10km/lを割るかと思ったが、
燃費は10.1km/lと微減だった。
食い物とタイムの関係_f0076731_17290473.jpg
熟成した吊るしのS4は、
STIと違って製造が終わったわけではない。

STIの最後はちょいとあざとかった。
メーカーラインの大量生産車を、
まるでコンプリートカーの如く眼眩ましで売った。

何処にも嘘はない。
小島マーケティング部長が、
「30年の最後を何としても花道で飾りたい」と言った。
それには賛同できた。

けれどもコンプリートカーでは無かった。

その影響もあって、
逆な問題が生まれている。

このS4のコンプリートも、
デリバリーが始まったとたんに、
法外な値段で取引が始まるのではないかと。

なので本当のことを一言だけ書いておく。

STIは数値に拘っていない。
これまでの姿とは違って、
気持ちの良いクルマとは何かを徹底的に極めている。

と言う事は、
同じ気持ちの良い性能なら、
カタログモデルで十分引き出せるから心配しなくて良い。

焦って限定品に眼が眩み、
割高な蕎麦を食わないように注意されたし。

SUBARUも戸惑うほどやけに早く売れた理由は、
今の緊急事態のご時世にあるはずだ。
食い物とタイムの関係_f0076731_17291119.jpg
こんな時計さえ限定商法に踊るからね。

昨日は朝から気合が入っていて、
来客にも恵まれ気持ち良く一日が終わった。

やっぱり気合は大事だ。
男同士が正面から向き合うと、
良い気合同士が絡み合ってパワーが迸る。

1000m泳ぐ意欲がモリモリ沸いた。

こんな感覚は久しぶりだった。

案の定500mでのターンに躊躇が無かった。

その結果、
久しぶりの好タイムだった。
食い物とタイムの関係_f0076731_17291945.jpg
今月はスタートから連ちゃんで、
1000m泳ぐ元気があった。

だがその後少し電池が切れ、
また元に戻りそうな気配だった。

ところが、
丸一週間泳げず、
更に十分なカロリーを摂取した結果、
溜まっていたパワーが弾けた。

久しぶりに29分10秒75という、
満足できる記録が出た。

充分な睡眠をとり、
今日の朝を迎えた。
食い物とタイムの関係_f0076731_17292707.jpg
北原課長が石渡さんのWRXを乗り帰り、
顧客の使用感覚で最終チェックを続けている。
杉本整備士が連休中なので、
それをカバーして仕事を進める。
石渡さんの四日後にご契約された、
落合さんのレガシィワゴンがこの後に控えている。

お待たせして申し訳ないが、
このご時世、
昔のように徹夜で作業する訳にいかないし、
仕事が溜まっても連休を取る必要がある。

ご理解とご協力を、
なにとぞお願いしたい。
食い物とタイムの関係_f0076731_17293533.jpg
北原課長の担当する、
赤西さんのレガシィは、
あと少しでリフレッシュが終わり、
高速走行テストを待つばかりだ。

そして長野の大塚さんの車検が完了し、
吉村整備士は豊田市の手塚さんからお預かりした、
食い物とタイムの関係_f0076731_17294198.jpg
車検整備に取り組み始めた。

こちらも良い味に仕上げ、
お客様の笑顔につながるよう、
精一杯努めよう。

今夜はスーパーロイヤル車検の予約があり、
この後も楽しい出来事が待ち受けている。

明日もお楽しみに。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-09-25 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction