人気ブログランキング | 話題のタグを見る

慈しむ

慈しむ_f0076731_20534769.jpg
淡路島の天羽さんに戴いた、
徳島ラーメンはうまい。

特に弁当が無くて時間もない時、
カップラーメンよりも体によさげで重宝している。

慈しむ_f0076731_20115524.jpg
冷蔵庫に使い残しの玉子が2個、
焼きそば作った時のもやしの残りが半袋、
これは少々鮮度が落ちて傷みかけていた。

煮ちまえば関係ないと、
容器の底に敷き込んでしまった。

それだけだと具が足りない。

息子にコンビニに行くかと聞いたら、
慈しむ_f0076731_21411535.jpg
「行くよ」というので、
コールスロー用のカット野菜を買ってきてもらった。

慈しむ_f0076731_20120089.jpg
三分間レンジにかけ、
先にもやしから食う。

暫くするとインスタント麺が程よく馴染み、
激ウマになるし腹持ちが良い。

スープが飛ぶので、
9月のめくり取ったカレンダーを、
テーブルクロス代わりに敷いた。

美味しかった。
インスタントラーメンはカラダに良くないと言われる。
でも食べ方によっては中途半端なコンビニ弁当より、
カラダにずっと良い気がする。

野菜などの具さえバランスよく入れられれば、
カラダを慈しむことができるはずだ。

100円のカット野菜を加えるだけで、
食感も腹持ちもまるで変わるし、
得たカロリーを効率よくエネルギーに発揮できる。

あっという間に終わった上半期だった。

おかげさまでお客様に支えられながら、
なんとか苦しい時を乗り越えてきた。

みんな大変なんだけど、
こういう時こそ地に足を付けて働こうじゃないか。
慈しむ_f0076731_20120625.jpg
工房は溜った作業の追い込みで活気に満ちていた。
オイルの販売が伸びている。
やはり純正で鮮度の高いオイルは、
クルマにとって心地よい栄養となるからだ。

普通のクルマには10W30のスタンダードオイルで十分機能するが、
BRZなどの水平対向エンジンには5W30が推奨される。

他にもスバル専用に開発された、
レ・プレイヤードゼロは、
入れた直後から使用感に差が出るので、
多くのファンを引き付けている。

そんな中でオイルサーバーの使い方を見直した。

30年経つと劣化が進む。
3つのコックの内、
一つが機能しなくなったが、
ペール缶での仕入れも多くなったので、
そのまま放置していた。

オイルサーバーごと交換すると、
相当な出費になるが、
コックの更新で得切り抜けられないか模索した。

その結果コックだけでも交換が可能とわかり、
他の二つも含めすべて新品に交換した。
慈しむ_f0076731_20121399.jpg
プロ用の機材にはいぶし銀の魅力がある。
改めてコックの美しさに惚れた。
慈しむ_f0076731_20121902.jpg
機能的で硬質的で美しい。
ある意味でとてもセクシーだ。
オイル交換をこまめにすると、
クルマには本当に良い効果が出る。
慈しむ_f0076731_20122535.jpg
スバル純正オイルをドラム缶で仕入れ、
ポンプで汲み出す様子は、
まるでクルマに生ビールを飲ませるようで気持ちが良い。

新着車がどんどん入り、
慈しむ_f0076731_20123197.jpg
商品化のための予防整備が進む。

シルバーの外装整備が進む向こう側で、
インプレッサSPORTがリフトアップされている。

これはかなり上質な中古車だ。
平成25年の4WDでにリッターエンジンを積む。
クリスタルブラック・シリカの2.0i-SはEyeSightも持つ。
慈しむ_f0076731_20123840.jpg
プリクラッシュブレーキと車線逸脱警報を持つので、
購入補助金も出るはずだ。
パドルシフトを持つリニアトロニックが魅力だが、
そちらのオイル交換履歴が無い。
純正ナビ地デジ&リヤカメラ
17インチアルミホイール
運転席パワーシート 
キーレスアクセス&プッシュスタートシステム
カラー液晶マルチファンクションディスプレィ
アルミペダル等々装備は万全だが予防整備の経験が無い。
慈しむ_f0076731_20124379.jpg
商品化の前に高速テストをしたいので、
車検整備並みの徹底点検を施した。

リニアトロニックのオイルパンを外す前に、
ドレンコックを抜いてサンプリングすると、
慈しむ_f0076731_20125089.jpg
お世辞にも良いオイルとは言えない。
オイルが抜けたのを見計らい、
オイルパンを外して中のオイルを重力で滴らせる。
慈しむ_f0076731_20140397.jpg
この作業は効果的で、
時間を掛ければ不純物がかなり落ちる。
慈しむ_f0076731_20140952.jpg
滴り落ちると、
こんな紋様が出来上がる。
次の汚れが先の汚れを弾き飛ばして、
その上に居座るからだ。

オイルパンの裏側は真っ黒けだ。
慈しむ_f0076731_20141531.jpg
何処でも出来る作業ではないので、
環境も含め慎重に整備士を選んで欲しい。

整備ではなく慈しむ心から意識しないと、
クルマの喜ぶ作業をしてあげることはできない。

そういう心は環境から生まれる。

面倒で苦しい事を、
それが正しいと納得し、
根気よく執念で続けて初めて宿る。

慈しむ。
大好きな言葉だ。
慈しむ_f0076731_20142158.jpg
オイルパンの磁石一つにも、
慈しむ心を持つことが大切だ。

スラッジがベットリ絡みついている。
慈しむ_f0076731_20142775.jpg
これが中に入ったままじゃ、
せっかくの高性能なCVTが活きない。
慈しむ_f0076731_20143323.jpg
キチンとリフトアップして、
必要な機材を適切に並べ、
工程を考えて進めないと、
良い効果は期待できない。

その結果がまずこのように表れ、
慈しむ_f0076731_20151548.jpg
オイルストレーナーを丁寧に磨いた。
慈しむ_f0076731_20152528.jpg
この後ケースの清掃を終えたら、
オイルパンを装着しCVTFチェンジャーを用いて、
作動油を圧送交換する。

ブレーキをそのあと整備し、
高速走行の準備が整う。

出来栄えを期待して欲しい。

その隣で杉本君が加藤さんにお譲りしたフォレスターの整備を進めている。
慈しむ_f0076731_20153218.jpg
このクルマは入庫時にトルコンオイルを交換したが、
在庫期間が長いので再度オイルを抜き替え、
高速テストで性能確認後にお渡しする。
慈しむ_f0076731_20155313.jpg
純正のATFはレオーネにATが追加された時から、
SUBARUとコンビを組んだサプライヤーの製品だ。

こういうものは純正を選ぶのが一番良い。
効果はてきめんで、
この後日が暮れてから全力疾走し、
余りの気持ち良さに売るのを止め欲しくなったほどだった。
慈しむ_f0076731_20155929.jpg
後ろにあるシルバーのインプレッサも、
慈しむ心で仕上げが続く。
慈しむ_f0076731_20170673.jpg
工房の奥に移動され、
Eyeマニュキュアの準備が始まった。

隣のWRXのように、
澄んだ瞳に生まれ変わる。
主を待つWRXは、
この後丁寧に体中を磨かれて納車式に臨む。

軽くて丈夫いポリカーボネートは、
戦闘機の操縦席にあるキャノピーに使われるほど強靭だ。
慈しむ_f0076731_20171217.jpg
ただし使い方により若干の差はあるが、
徐々に劣化すると黄色味を帯びる。
慈しむ_f0076731_20171824.jpg
それを綺麗に取り除き、
新たな加工を加えるのがEyeマニキュアだ。

クルマに付けた状態で、
上から擦る程度の施工では、
その時は綺麗でも、
全く長持ちしない。

こうして慈しみの心をもってクルマに触れると、
必ず穏やかな表情になるところが面白い。

さあ、
明日も良い仕事を続けよう。

おやすみなさい。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-10-03 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31