人気ブログランキング |

新生XV堂々と誕生

新生XV堂々と誕生_f0076731_20271083.jpg
結論から言っちゃうと、
新しいXVはとっても素晴らしい。

これまでも高い完成度を誇ったんだけど、
流石にビッグマイナーチェンジともなると、
かなりこれまでとは印象が異なるんだ。

とても清涼で甘い。

ちょっと癖があるブドウだけど、
新生XV堂々と誕生_f0076731_20271664.jpg
ナイヤガラみたいに美味しいんだ。

このブドウには何かほかのブドウとは違う、
香り、
酸味と渋み、
強い甘さがあり、
種もしっかりある。

食べ過ぎると胃が痛くなるほど強い味だ。

新生XV堂々と誕生_f0076731_20272146.jpg
似てる。

この日の走行テストの後、
お昼ご飯の後のデザートに、
地場で栽培したナイヤガラを頂いた。

XVを都会で使うのもお洒落だ。

そのクルマで、
ひょいひょいと悪路を自由に飛ばせたら、
なおのこと魅力的っだよね。
新生XV堂々と誕生_f0076731_20272774.jpg
その二つの能力を兼ね備えた、
XVが更に磨き込まれ、
抜群の操舵応答性を手に入れた。
新生XV堂々と誕生_f0076731_21212184.jpg
動画を見た方が話が早い。

一つだけ残念だったのは、
この後期モデルからテールランプが変更になるかもしれないと、
秘かな期待を抱いていたが、
それが結局実現しなかったことだ。
新生XV堂々と誕生_f0076731_20382453.jpg
前のGP系四代目も、
灯火器のデザインがインプレッサと共通だった。

しかし商品企画時には別建てだったと記憶している。

それがハイブリッドの誕生により、
前のモデルでは、
XVのハイブリッドだけに別のテールランプが用意された。

後にSPORTにもハイブリッドが追加され、
そのランプが流用されたので、
結果的にXVだけのものではなくなったが、
二種類用意された事には違いなかった。

昨年一足早くSPORTがマイナーチェンジを受け、
レンズの色しか変更されなかったことから、
これはいよいよ本気でインプレッサとXVを分ける気になったな・・・と、
秘かな期待を抱いていたんだけどね。
新生XV堂々と誕生_f0076731_21214914.jpg
残念極まりないので、
我慢できずぼやいてしまった。

「インプレッサ」という冠を外したなら、
灯火器ぐらい別のデザインにして、
「これらは違うクルマだ」と、
本気でアピールしないと、
その行為はごまかしや裏切りと大差ない。

厳しい事を書いたが、
クルマの性能には不満はなく、
電動アシストが好きな人には文句なくお勧めできる。

時代は「こちら」に流れているので、
とにかく楽で不自由なく使える最新型は、
今最もお勧めできるスバルだと断言できる。

一度ぜひステアリングを握って欲しい。

この日は、
まっさらな新車に乗り込み、
新生XV堂々と誕生_f0076731_20383260.jpg
まずトリップメーターをリセットした。
さあいよいよドラマが始まる、
そんな気がする朝だった。
新生XV堂々と誕生_f0076731_20384397.jpg
走り始めてすぐ分かったことは、
実に気持ちの良い乗り心地だ。

サスペンションに角が無い、
そんな印象で歩道を跨ぐような低速から、
高速道路の大き目なギャップ、
そしてラフロードまでどこを走っても角が無い。

次に感心したのが、
自由自在に走れるライントレース性能だ。

狙ったラインに、
いとも簡単にクルマが載るから、
下りのワインディングを軽やかに舞い降りる。

これは爽快だった。
新生XV堂々と誕生_f0076731_20385089.jpg
余りの気持ち良さに、
軽く汗をかくほど熱中して入ったので、
サッとひと風呂浴びに行った。
新生XV堂々と誕生_f0076731_20390302.jpg
主のレヴォーグに迎えられ、
XVが嬉しそうに並んでいる。

熊谷さん、
今回も大変お世話になりました。
ありがとうございました。
新生XV堂々と誕生_f0076731_20391031.jpg
延べ走行距離は200キロ近くになった。
これで今週の土日に安心して展示会を開催できる。

良いクルマをありがとう。
新生XV堂々と誕生_f0076731_21205434.jpg

Commented by BLUE BOXER at 2020-10-09 20:53 x
「インプレッサ」という冠を外したなら、
販売台数の実績も別にすればいいのに…そこは大人の事情ですね(哀)
Commented by 中島 光 at 2020-10-10 18:24 x
中島光です。泥棒災難に遭われたとの事、大事ないとの事ですが、大変なご苦労があったと思います。心よりお見舞い申し上げます。 さて、XVのテールライト、今回もリヤドア側の灯火が見送られたようですね、小生も残念に思います。リヤドアにくっついているのはダミーということになりますね。スバルは伝統的に、”機能的根拠のないパーツは取り付けない”印象を持っていましたが、事情があるということですかね?。・・・街中を走っている欧州車はちゃんと機能パーツになっています。国産車はダミーが多いかな? ブランドとして侮りを受けないよう、ユーザー目線で言えば早急に”機能部品化”を希望したいです。
Commented by b-faction at 2020-10-10 19:19
中島 光さん、ご心配戴きありがとうございます。先ほどお客様がレンタカーで乗ってきたハリアーを見て「いいなあ」と思いました。結論はハリアーと比べてはいけないと言う事ですね。灯火器や飲なハンドルの持つ「動的質感」はかなり影響が大きいと思います。なので以前からしつこく食い下がってます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-10-08 22:00 | Comments(3)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction