人気ブログランキング |

食欲の秋を彷徨う

食欲の秋を彷徨う_f0076731_15494003.jpg
昨日の午後、
国道19号線上を走行中、
思わぬ光景に目を見張った。

信号で停止してたので、
ズームしてパチリ。

会社に持ち帰り調べたら、
トヨタの電動車が三台並んでた。

一番目立ったのはヤリスクロスで、
ハイブリッドのマークを付けた四駆だった。

前のクルマも何か違和感があるので、
画像を拡大するとRAV4のプラグインハイブリッドだ。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_15501011.jpg
トヨタはスバルを良く見ているねえ。

ヤリスクロスはXVにとって強烈なライバルだ。

両車の灯火器について比較すると、
格好はともかくとして、
トヨタがリヤコンビランプのデザインとクオリティ、
実に重視してることが良く解る。

美味しそうじゃないか。

それに対して、
食欲の秋を彷徨う_f0076731_15542117.jpg
現実を見ると明らかで、
こっちは完全に、
リヤスタイルの美味しさで負けている。

数年前にハリアーが復活した時、
スバルが商品研修会での比較用に、
ハリアーを借りてきたことがあった。

その時リヤスタイルを見て「惜しい」と思った。
後日知人のフェイスブックページにハリアーを見て、
「左右のタイヤがあと10mm外に出てたら最高」とコメントした。

すると、
何と豊田章男さんご本人が、
「イイネ」マークを付けてくれた。

トヨタの凄さはそこかしこに溢れている。

クルマの性能では引けを取らないはずだが、
ヤリスクロスには客観性を磨くためにも、
本気で一度乗る必要があるな。

トヨタの試験車は、
昔から中津川を経由して豊田に戻る。

偶然とはいえXVの新型に乗りながら、
トヨタ最新のSUVと出会った意味は深いな。

ヤリスGRは昔のスバルインプレッサそのものだし、
得意のSUV路線でも、
今一番ホットなセグメントに強烈な刺客を送り込んで来た。

トヨタは全販売チャンネルの取捨選択を本気で進める。

そのあおりを相当喰らうと覚悟していたが、
まさに今その現実を目の当たりにした。

褌を引き締め仕事を極めよう。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_15471931.jpg
22Bオーナーの谷さんが、
三重の仲間を引き連れて、
イベントの名残を楽しみに来られた。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_15472555.jpg
名物を頂戴した。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_15473062.jpg
美味しい!
ありがとうございました。

大好物の安永餅を食べてから、
神戸の赤西さんに戴いた、
酒蔵の作ったバタークリームサンドを食べた。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_15473654.jpg
なるほど!
日本酒とバターのコラボとはどうなる事かと思ったが、
食欲の秋を彷徨う_f0076731_15474198.jpg
黒い粒はレーズンではない。
何と黒豆だった。
ホロホロ解けるクッキーと、
サラリとしたバタークリームに、
黒豆が思わぬ調和を見せている。

美味しい!

ありがとうございました。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_15474978.jpg
この洋菓子にはコーヒーが一番合う。
丁度名古屋の神谷さんに戴いた、
スターバックスコーヒーを飲み終えてしまったので、
東京の奥出さんに戴いた「しげのコーヒー」を封切った。

とても健康的な香りがする。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_15475622.jpg
あっさりして、

食欲の秋を彷徨う_f0076731_15480192.jpg
それでいてオトナ好みの苦味が効いた、
とても素敵なコーヒーだ。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_15480629.jpg
美味しい!

ありがとうございました。

中津川は栗の産地でもあり、
あちこちに山栗が氾濫している。

近くの山から大量の栗が採れた。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_15481200.jpg
栗ご飯が一番美味しい。
お弁当に良し、
おにぎりに良し。

まとめて炊いて冷凍しておけば、
沢山楽しむことができる。

京都から岡田さんが来訪され、
愛機初代インプレッサの稀少車を拝見した。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_15481885.jpg
まさに純粋なRAだ。
抜群の基幹性能を、
当社のリフレッシュメンテナンスで甦らせる。

お心遣いを頂きありがとうございます。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_15482333.jpg
二つの包みには、
ステキなお土産が入っていた。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_15482808.jpg
包装紙を解くと凄味のある箱が現れた。

伏見の銘酒に違いない。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_15483608.jpg
ブラックラベルと記されているので、
相当なお酒に違いない。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_15484303.jpg
これは楽しみだ。
相応の肴を揃えて味わわせていただこう。

もう一つの袋には、
食欲の秋を彷徨う_f0076731_15484801.jpg
社員全員への気配りが詰め込まれていた。

見るからに美味しそうなパンには、
マーブルデニッシュと名前が付けられている。
二種類の味から、

食欲の秋を彷徨う_f0076731_16550416.jpg
まず抹茶をアレンジしたデニッシュを頂いた。

本当はトーストすると良いのだが、
食欲の秋を彷徨う_f0076731_16551171.jpg
その時間が惜しまれるほど美味しそうで、
思わず口に放り込んだ。

美味しい。

もう一つは、
オーブントースターで炙ってから戴きます。

ありがとうございました。

おやつの時間になり、
綾瀬市の石渡さんから戴いた、

食欲の秋を彷徨う_f0076731_15490993.jpg
楽し気なチーズケーキを封切った。

名前やイラストからは、
観光地土産の香りがするけど、
食欲の秋を彷徨う_f0076731_15491415.jpg
封を切ったら、
流石に様々な趣味に高じた石渡さんらしい、
とても凄味を感じるお菓子だった。

細かく刻んだチーズをトッピングして、
チーズらしさを匂わせる工夫が良い。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_16552999.jpg
このトッピングが他のチーズケーキと一線を画す。

美味しい。

ありがとうございました。

続いて静岡の落合さんから戴いた、
お茶とチーズのクリームサンドを楽しんだ。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_15492774.jpg
イタリアのチーズと、
静岡の茶をブレンドした、
食欲の秋を彷徨う_f0076731_16555124.jpg
とても素敵なお菓子だ。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_16560288.jpg
美味しい!

ありがとうございました。

秋も深まり食欲が旺盛で、
毎日「食」が楽しくて仕方がない。
皆さん本当にありがとうございました。

長期にわたり性能向上を目指したWRXが、
遂に完成を迎えるに至った。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_15572717.jpg
既に伝えたように、
オートマチックフルード(ATF)の、
根本的な新油交換を済ませた。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_16562663.jpg
コントロールバルブの下面を開放し、
重力に従ってオイルを放出させた。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_16563391.jpg
結構な汚れがあり、
外したフィルターも外側が真っ黒に汚れていたので、
食欲の秋を彷徨う_f0076731_16564379.jpg
中身に刺激を与えぬよう、
そっと丁寧に掃除した。
フィルターだけ交換できないので真似しないように。

いたずらに刺激すると、
細かい流路をふさぐ結果を招く。

それが怖いので非分解となっている。

オイルパンを外す時に、
杉本整備士はわずかなオイルの滲みを見つけた。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_16565048.jpg
原因はステアリングギヤボックスから、
パワステフルードが漏れたためだった。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_16570142.jpg
この際、
徹底的に整備するためギヤボックスをリビルトした。
こうして予防整備が終わり、
食欲の秋を彷徨う_f0076731_16571047.jpg
当社専用の中古車整備記録簿に作業内容が記入された。
ズラリと消耗品が書き並び、
テスト走行するのが楽しみでワクワクドキドキが続いた。
そしていよいよ激しい雨の中を、
三重県まで往復して性能確認し、
食欲の秋を彷徨う_f0076731_16572479.jpg
思わぬウエットグリップの良さに驚いた。
コンチのフィーリングではないので、
走行後に何か当てようと敢えてタイヤを見ずに帰った。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_16573552.jpg
見たことのない名前だ。
特に特徴的なフットプリントでもない。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_16574361.jpg
けれどもなかなか気持ち良く走る。

食欲の秋を彷徨う_f0076731_16574895.jpg
なるほど。

そういいう訳か。
このタイヤは住友ゴムの製品で、
ファルケンブランドで売れているものだ。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_16575414.jpg
住友ゴムと言えばダンロップだが、
その商標使用権は日本国内に限られる。

つまり日本製のダンロップを、
住友ゴムが輸出する訳にはいかない。

従って海外で主力となる住友ゴムのタイヤは、
ファルケンブランドに絞られる。

ドイツではファルケンは知名度が高く、
ニュルブルクリンクでも良く目にする。

つまりニュルで鍛えられたタイヤだと言う事だ。

なるほどね。

乗ればわかると言うヤツだね。
そういえば辰己さんも苦労してたな。

NBRチャレンジでダンロップタイヤの性能が出ず、
実戦でタイムが伸びなかったことがあった。

清水和夫選手が「ダメタイヤだ」と酷評した時、
タイヤにはイギリス製の文字があった。
何故日本製じゃないのかと訝しかったが、
オトナの事情があったんだなぁ。

今になって良く解った。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_16580135.jpg
ステキなクルマになったので、
全員で隅々まで磨いてあげた。
そしていつものロードを80km攻めた。

食欲の秋を彷徨う_f0076731_16581362.jpg
そして走行後、
杉本整備士がドレーンを開き、
僅かなオイルをサンプリングした。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_21254380.jpg
彼は胸を張ってオイルを見せた。
300km以上を気持ち良く走ったオイルは、
まるで新品同様だった。


その後でもう一度走り、
ステキな性能を動画にまとめた。

是非ご覧いただきたい。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_16582324.jpg
助手席に座ったカメラマンは、
この部分の鋳物調加飾がWRXらしくて良いと言う。

確かにそうだ。
ピアノブラックも良いけど、
STIは鋳物調に拘るもの良いのではなかろうか。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_16582972.jpg
ステキな性能のWRXは、
血液サラサラの逸品だ。

血液は大事だ。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_19303618.jpg
だから泳いで浄化する。
一昨日の夜は500mを14分41秒11で泳ぎ、
食欲の秋を彷徨う_f0076731_19304213.jpg
体重は66.3kgだった。

かなり美味しいものを食べるので、
またじわじわ増えているけど、
食べることは活力に繋がる。

だから夕べも執念で泳いだ。
正直に言うと帰って一杯飲みたかったけど、
そこをぐっとこらえて泳いだ。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_19304923.jpg
前日の5秒遅れだった。

けれども泳いだ後は前日以上に爽快で、
股関節の調子が抜群に良い。

これがあるから止められない。
食欲の秋を彷徨う_f0076731_19305595.jpg
体重はさらに増えて66.6kgとなった。

美味いものを食べても、
ちゃんと帳尻合わせる。

けどね、
ちょっと怖い。

今夜と明日の夜は泳げないから、
月曜の水泳の後どんな結果になるか、
ハラハラドキドキしているよ。

さあ、
今夜も晩酌を楽しみ、
明日も美味しいものをいっぱい食べて、
苦しい時代を明るく乗り切るぞ。


皆さん、
お心遣いと応援をありがとうございます。
明日も元気に頑張ろう。
おやすみなさい。

Commented by 中島 光 at 2020-10-18 22:10 x
楽しく拝見しています(連日の動画も)。さて、最新のトヨタ車のリヤ灯火器はずいぶん立派なので、カスタム品か?と疑って見ていたところですが、どうやら純正ということですね。モリゾウさんの会社は、スバル乗りが羨むことを様々実現させてくれます。スバルも平気でいられませんね! 
Commented by b-faction at 2020-10-20 21:25
中島光さん、こんばんは。トヨタは灯火器に対して目配りが良いです。さんざん言ってきたのに無視した付けをヤリスクロスで痛い程思い知らされる気がします。トヨタは昔とは違いますね。うかうかしてると呑み込まれる良い意味でSUBARUのセグメントにおける真のライバルですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-10-17 22:00 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction