人気ブログランキング |

スバルレガシィOUTBACK国内受注締め切り日が決まる

残念なお知らせだが、
国内のアウトバックは、
来年早々に注文を締め切られることになった。
いよいよ残り数か月で販売終了だ。
スバルレガシィOUTBACK国内受注締め切り日が決まる_f0076731_18133447.jpg
若者にも似合うし、
女性が操ってもサマになる、
これぞまさにオトナのクルマだ。

五代目が大きくなり、
つべこべ言われることが多かったが、
このサイズになったおかげで、
SUBARUに乗るお客様の幅がうんと広がった。

大好きなクルマなので、
無くなることは寂しいが、
グローバルで考える必要がある。

このクルマは米国で集中生産した方が、
絶対に良いクルマに育つしコストも下がるはずだ。

その記念として、
今日は五代目の飛び切り活きの良い子を連れ出した。

今日も良い天気だった。
中津川でも紅葉がどんどん美しさを増している。

この写真は今月中ごろの庭の様子だ。
スバルレガシィOUTBACK国内受注締め切り日が決まる_f0076731_18145469.jpg
花梨の葉が落ちて実が露わになった。
今年はそれなりに実ったようだ。

今の様子が余りにも違うのは、
スバルレガシィOUTBACK国内受注締め切り日が決まる_f0076731_18595763.jpg
秋が深まったのと、
花梨の実を採取したからだ。
希望者に配布を始めた。
スバルレガシィOUTBACK国内受注締め切り日が決まる_f0076731_19003112.jpg
是非色々な使い方を楽しんで欲しい。
キッズコーナーにあるので、
自由にお持ち帰りください。
スバルレガシィOUTBACK国内受注締め切り日が決まる_f0076731_19004443.jpg
今月の中頃の望桜荘前庭には、
スバルレガシィOUTBACK国内受注締め切り日が決まる_f0076731_18150404.jpg
スギナが一面にはびこっていた。
強い植物だ。
スバルレガシィOUTBACK国内受注締め切り日が決まる_f0076731_19083534.jpg
それを取り除いた。
その理由は春に備え芝桜を強くするためだ。
スバルレガシィOUTBACK国内受注締め切り日が決まる_f0076731_18152053.jpg
夏の暑さに負けた芝桜が、
一気に枯れてしまった。

スギナに覆われて死滅したかと思った。
スバルレガシィOUTBACK国内受注締め切り日が決まる_f0076731_18152725.jpg
ところがどっこい、
そんなにやわじゃなかった。

そこでスギナと苔の一斉除去を計画したのだ。
スバルレガシィOUTBACK国内受注締め切り日が決まる_f0076731_19084429.jpg
おおむね綺麗になったが、
厄介な相手が残っている。
スバルレガシィOUTBACK国内受注締め切り日が決まる_f0076731_19085023.jpg
苔が意外に根深い。
土をくっつけたままボロボロとれる。

これは長期戦だ。

SUBARUという庭にも、
四季が訪れ様々な要素が入り込む。

だから同時期にS4の受注も完了だ。

それを冬に備え綺麗に整えているのだから、
凡人にはギョッとする行為に見えるかもしれない。

まあ、
過去に何度もこんなことがあり、
その都度とんでもない隠し技を見せつけた。
昭和40年代のレオーネ4WD
昭和50年代のSEEK-T
昭和60年代のCVT誕生
平成に入り水平対向エンジンを強烈に鍛え
平成10年代に衝突安全を極め、
平成20年代にアイサイトを投入した。

そして令和になった。
総理大臣がちょっと頼りなく、
アメリカ大統領選も不安がいっぱいだ。

何故だろう。
「売電」の顔を見てると胸騒ぎがする。
何か嫌な予感だ。
まだ「西洋花札」の方が解り易くて好きだけど、
どうなるのかねぇ。

そのような時代だが、
SUBARUと暮らすと気が晴れる。

「彼らは次に何をやるのか」と、
いつもワクワクさせるからね。

ところが元気があると思っても、
息子の目には違って映ったようだ。
「顔色悪いよ」
と心配そうに声を掛けられた。

空気が乾燥してるせいだろう。
唇の色も悪く見えて、
乾きでしょぼしょぼだ。

弱ったジジイに見えたらしい。

そりゃあ大変だ。

どうしようかと考えながら、
デスクワークをしていたら、
スバルレガシィOUTBACK国内受注締め切り日が決まる_f0076731_18561490.jpg
京都から渡辺さんがステラの点検に来訪された。

やっぱり若い女性にはオーラがある。
スバルレガシィOUTBACK国内受注締め切り日が決まる_f0076731_18561905.jpg
挨拶しただけでパーッと潤いが蘇った。

彼女のステラのように、
艶々の元気が蘇った。

ツートンカラーのステラがカッコイイ。
とても好きなフォルムなので、
中津スバルの社用車に採用した。

それを気に入っていただき、
お買い上げいただいてから、
皆さんと親しくお付き合いが始まった。

今日は北陸に向かう途中で寄っていただき、
スバルレガシィOUTBACK国内受注締め切り日が決まる_f0076731_18153348.jpg
ステキなお土産を戴いた。

流石だ。
弱った様子を察知されたのか。

栄養ドリンクを頂いたので、
その場で一本一息に呑んだ。

スバルレガシィOUTBACK国内受注締め切り日が決まる_f0076731_18153923.jpg
こうして元気を回復した。
渡辺さん、
ありがとうございました。

午後になると、
東京から杉山さんが来訪された。
スバルレガシィOUTBACK国内受注締め切り日が決まる_f0076731_18483486.jpg
今日は中津川に宿泊されると言う。
ぜひ夜の街も散策して欲しい。
スバルレガシィOUTBACK国内受注締め切り日が決まる_f0076731_18510448.jpg
信玄餅を戴いた。
ありがとうございます。

その頃アウトバックの準備が整った。

走行試験を兼ねて動画を撮影した。
それが冒頭の動画だ。

この後は、
完成した三木さんのBPEのテストが待っている。
スバルレガシィOUTBACK国内受注締め切り日が決まる_f0076731_18511084.jpg
明日は土屋さんのBR9を乗って欲しいと、
杉本君から頼まれている。

疲れたなんて言ってる暇はない。

ヒトを変えるよりジブンを変える。
この後に嵐がもし来ても、
吹き飛ばされないように強くなろう。

いよいよ「週末」の「月末」に備え、
ラストスパートの準備が整った。

とにかく何としてもテストの後で泳がなきゃ。
体力付けて乗り切るぞ。

明日も全開だ!

Commented by K at 2020-10-29 23:09 x
アウトバック、無くなるんですか?
新型は国内で販売しないということでしょうか?
Commented by hiroron8603180 at 2020-10-29 23:43
こんばんは。
さいたま市の市川と申します。
毎日、blogを拝見し、楽しませて頂いています。

今日は5代目レガシィのアウトバックを動画でご紹介いただき、5代目後期のB4ユーザーとして、嬉しい限りです。
ゆったりとした居住空間、FB25エンジンの性能、そして耐久性、この8年余り使用してきて、実感しております。
とかくネガティブな批評を世間から受けることが多い5代目ですが、
私は「使ってみてから言いなさいよ」と常々思ってきました。
社長様が5代目を紹介されるとき、いつも私が思っていることを言って下さる気がして、痛快なんです。ありがとうございます。

現行アウトバックの受注終了近しのお知らせは、寂しい限りです。
北米ですでにモデルチェンジされているアウトバックをベースにしたクルマを、
日本で7代目レガシィ アウトバックとしてリリースする見通しは暗いのでしょうか?
北米にあるB4を国内展開しないと聞いた時も、心底さびしかったですが、ついにアウトバックまで…なんてことにならないことを願います。
レガシィの名の付いたクルマを新車で買えない時代が来るのは、あまりに富士重工業(今日はあえてこの社名で言いたい)の母国のユーザーとして、悲しいです。
24年間、レガシィを乗り継いできた者として、
ここ数年は、国内でのレガシィの扱いがみるみる縮小していく様を見せられてきました。
富士重工業の旗艦だったはずが、
最近はディーラーの担当営業も、こちらの気も知らないで、「レヴォーグがありますから。セダンでしたらG4もいいですよ」と言う始末で、決していい気持ちはしませんでした。

国内では、もうレガシィに対して、本当に力が入っていない感じが、どうしてもしてしまいます。
私は、近視眼的だと笑われてしまうのかもしれませんね。
Commented by 篠田 at 2020-10-30 08:42 x
代田社長こんにちは、篠田です。
アウトバック受注終了=販売打ち切りなんですかね…

スバルのフラッグシップがレヴォーグ、これは初代レヴォーグが登場した時に思いました。

アウトバックはその凄い車感を隠したたおやかでちょっと脱力した雰囲気が私は大好きです。

下の兄弟達を暖かく見守りながら存在するだけで安心するんですが、ビジネスであり大人の事情も考えると難しい事も多いのでしょう。

中国が勢いづくのでトランプさんは勝たなければいけません。
Commented by b-faction at 2020-10-30 09:44
市川さん、おはようございます。多分ですが、もし国内でレガシィを止めたらスバルは終わりですね。誇りを自ら捨てるような馬鹿な真似はしないはずです。リーマンショック以上の厳しい環境下にあることを意識すると先が見えますね。24年から26年の異常な状態がまた再び起こるわけです。
Commented by b-faction at 2020-10-30 09:48
篠田さん、テンハチは社運掛けた新型エンジンです。でもね過去のスバルが単一排気量の新型エンジン作ったことありますか。まずレヴォーグを乗り倒して次を透視します。あの新型エンジンも恐らく1万キロ以上乗らないと本性を出さないはずです。稚拙な評価をしないよう万全を期して到着を待ちます。
Commented by WRブルー at 2020-10-30 17:50 x
次期型の発売はないというアナウンスもあったのでしょうか?
現行の生産終了=モデル終了ということにはならないと思うのですが…。
Commented by hiroron8603180 at 2020-10-30 18:19
代田社長様

ご返信ありがとうございます。さいたま市の市川です。

>「もし国内でレガシィを止めたら、スバルは終わり」
社長様のお言葉に、元気付けられます。
万が一、国内では本当に止めるなんて言った時には、「けしからん!」と一緒に怒ってください。

どうかスバルには、
「レガシィ」という車名、
「レガシィ」というブランドを粗末にしないでほしいと願うばかりです。
なぜなら、なにも車に限ったことではありませんが、ブランドは一朝一夕に構築されるものではないからです。
レガシィをずっと愛してやまない方々が、本当に大勢います。
そして、これから初めて車を手にし、カーライフを始めるような方達にも、
「乗りたい!」と思わせる車であってほしいと思います。

社長様は、レガシィのことがお好きなんだと改めて実感致しました。
6代目の国内最後のB4 limitedの動画
5代目B4 2.0R B-SPORTの動画
5代目B4 3.0R 6発MTの動画
3代目ツーリングワゴン ブリッツェン MTの動画
などを以前、拝見した時に、
社長様の深い深いレガシィ愛を感じておりました。

私もレガシィユーザーのハシクレとして、愛しております。
Commented by hiroron8603180 at 2020-10-30 18:43
先ほどのコメントで、

4代目を5代目と言い間違えてしまいました。
失礼致しました。
Commented by よしお at 2020-10-30 19:14 x
つい最近現行版がWLTCモード燃費を記載しただけの延命モデルチェンジをしましたので、次期モデルに引き継ぐ為の販売終了だと予想しますが、どうなのでしょうか。
もしくは日本政府の2050年までに、、、を受けてのレガシー廃止?
レヴォーグ程売れなくとも良い車なので是非とも新型を拝みたいものです。
Commented by b-faction at 2020-10-30 19:19
市川さん、そりゃあ大好きですよ。人生の半分をそれに掛けてきましたから。
Commented by AKIRA-Y at 2020-10-30 20:13 x
BPレガシイ3.0Rに16年乗っています。この車で家族でいろんなところに行きました。今でも乗る度に、水平対向6気筒のフィールの良さに痺れています。現在62歳、大好きなこの車とお別れする日も、そう遠くないかもしれません。 でも私の人生最後の車はやっぱりレガシイと決めています。 B4の後期型、出来ればF型のBスポーツ。 もはやレガシイ以外の車に乗るつもりはありません。 ブランドとはそういうもんだと思います。
Commented by 篠田 at 2020-10-30 21:37 x
CB18の成長を心から願っております。

レヴォーグを卒業したら乗る車が無い!なんて事にならないことも切に願うばかりですよねー。

キャンプで山間部の林道を頻繁に走る私は本当に参ります。
Commented by b-faction at 2020-10-31 17:45
篠田さん、それは大丈夫だと思います。スバルの逆襲をお楽しみに。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-10-29 22:00 | Comments(13)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31