人気ブログランキング |

FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察

FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19242025.jpg
自分に腹が立った。

こんなものをおつりで受け取って、
気が付かなかったなんて!

ゴリラのアホ面が自分に見えて、
思わず薬局に電話した。

「それは申し訳ありませんでした」と言われ、
少し落ち着きよく考えた。

薬局で痛風の薬を受け取った時、
お札の持ち合わせが少なくて、
たしかカードで決済した。

すぐもう一度電話して、
申し訳なかったと詫びた。

このおつりを貰ったのは、
直前で清算したクリニックの方だった。


ううううう!

まあ、
また改めて診察した時、
やんわりと言えばいいや。

あの受付には優しそうな娘と、
もう一人、
きつくて杓子定規なオバサンが居る。

あのおばさんに、
こんなちんけな文句を言ってもしょうがない。

かえってコッチがむかつくだろう。
なので、
戒めにと思って机の上に置いていた。

その後何度かクリニックに行くと、
どうも最近は一人で働いている様子だ。

先日、
勤め始めて何年目なの?と聞いてみた。

「三年目です」


そうなの。最近一人だね、
もう一人はやめちゃったの。

「はい」

ほー!!
それは良かった。
働きやすくなったでしょ!!!

と言ったら嬉しそうだった。

目は口ほどにモノを語る。

ちょっと溜飲が下がった(笑)。

こんなことは稀だが、
おつりの間違いは多いので、
その日一日の清算が合わないと経理は苦労する。

そんな事を考えるとキャッシュレスは便利だが、
政府の小賢しい国民掌握だと思うと、
これもまたムカつく。

現金見て金払わないと、
金銭感覚も狂うから、
カードはあまり使いたくない。

使われるのも困る。
手数料天引きし、
平気な顔してカード会社から振り込まれると、
やっぱりこれもムカつく。

これは業種によってまちまちで、
カードが便利なお店もあるだろう。

けれども、
何でもかんでもカードだと言われると、
ちょっとそれは違うんじゃないか、
君達またまた飼いならされてるよなど・・・などなど、
老害と言われるようなことを、
どうしてものたまってしまう。

あの時、
もしこの財布を持っていたら、
ゴリラをどこで受け取ったのか闇に埋もれた。

FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19242541.jpg
お札とカードしかなかったので、
受取先が明確に分かった。

まさにトレーサビリティが機能したわけだ。

そんなことを思い出したので、
財布の中身を改めた。
FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19243366.jpg
コインを仕分けられる便利な小銭入れだ。
全て出して並べた。
FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19243847.jpg
「ご縁がある」と「五円」を頂く機会があった。

そういうものは大切にする。

一つは船井総合研究所の社長になる前に、
中谷貴之さんから戴いた「ご縁だ」。

短い方の紐で結わえた五円玉は、
新年のお祓いを受けた新品の五円玉を、
彼が一つ一つ丁寧に結わえたものだった。

そのような心を持つ人間だから、
日本屈指のコンサルタント会社で、
社長の器に納まったのだろう。
FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19244315.jpg
こうして並べると、
重量はともかく大きさでは100円玉に近い。

年寄りや目の悪い人を相手に、
騙すようなクズが居るのだ。

もしかしたら悪気はなく、
本当に混入したのかもしれない。
FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19245012.jpg
ヒトの事を言えたものではなく、
この財布に一枚異国のコインが混じっていた。

使うつもりもないし、
これだけ明確に差があると騙すつもりでもバレる。

ふと引き出しの中に、
置きっぱなしのコインがあることを思い出した。
FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19245569.jpg
こういうモノにさほど高い興味は無いが、
昔は銀行員が外交時に営業して、
良いもん出ますから買っときませんかと唆された。

FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19250103.jpg
数えたら7枚ある。

FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19250764.jpg
これは500円。

FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19251354.jpg
これも500円。

FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19251960.jpg
これも500円。

FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19252590.jpg
おっと!
100円じゃないか。

ヒヒヒヒヒ。
上手くやれば3100円で3500円分の買い物ができるぞ。

FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19253000.jpg
500円玉と大きさを比べてみた。

FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19253556.jpg
なるほど。
通貨と記念硬貨は、
微妙に大きさが違うんだ。

FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19254119.jpg
記念硬貨にも規定の大きさがあり、
100円でも500円でも大きさは同じだ。

発行すれば一定量が売れるのだろう。
FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19254889.jpg
買った人も市中で使う事はまず無いから、
収税効果に近い働きをするのだろう。

最近は切手もコインも全く興味が無い。

コドモの頃は強烈に有って、
今でも記念切手アルバムを開くと、
鼻腔の奥に香ばしい匂いが漂う。

郵便局に早朝から並んで切手シートを買った。

蓄財かもしれないが、
コドモが小遣いを納税した事にもなる。

つまり払いたくなるような、
活きたお金の使い方をさせれば、
何事もスムーズに事が運ぶ。

だから、
「限定」商品で裏切りは絶対に許されない。
FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19255495.jpg
実は二部構成だったが、
この辺りの悲惨な様子を見て、
もう一本どうしても撮りたくなった。

ここは針葉樹の植林地ではなく、
広葉樹の森だ。

樹木の死骸が積み重ねられ、
なんだかとても虚しくなった。

これがカーボンオフセットなんだろうか。

走り終えると、
自然に足が温泉に向いた。

ここで湯を持ち帰る。

FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19260040.jpg
鍋に使うのと、
もう一つはご飯を炊くのに用いる。

麦飯を炊くと美味しいので、
是非一度試して欲しい。

とろろの美味しい季節だよね。
FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19260686.jpg
綺麗な夕日が差し込む山肌に、
しばしの間見とれてしまった。
FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19261252.jpg
その翌日、
STI Sport#の生みの親が、
中津スバルにやって来た。

「マツコの番組に出た途端なかなか買えなくなりました」

FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19261799.jpg
これは美味しそうだ。
それにイラストのセンスが良く、
この辺りもマツコ好みだよな。

高津さん、
ありがとうございました。

正面にS4を置き、

FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19263246.jpg
高津PGMの最新作を待ち受けた。

FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19263993.jpg
既にWRブルーを試乗したが、
まだまだ新車で慣らし終えていなかった。

それにセラミックホワイトと、
WRブルーのどちらを選ぶか決めあぐね、
高津さんの来訪を心待ちにしていた。

FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19264546.jpg
S4と並べるとホワイトの鮮やかさが際立つ。

卵色の白がトレンドならそれでよい。
SUBARUはそれを使おうじゃないか。
お客様も支持してる。
レヴォーグの受注傾向を見れば一目瞭然だ。

だから、
この色をSTI以外のクルマに、
絶対塗ってはいけない。
特にモデル終了間際になると、
エセSTIをいつも出し、
ブランドステートメントを愚弄する。

ユトリ諸君の手口を予め牽制し、
ブランドを育てる重要性について釘を刺しておく。

FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19265157.jpg
STIもデモカーに、
FFインプレッサSTIスポーツを選んだ。

ショーワのSFRDもカットモデルで入念に学んだ。
FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19265833.jpg
四駆のターマックにおける利点も確かにあるが、
全体的な軽さと駆動システムにおける部品点数の差は、
FFのデメリットより四駆のハンディとして現れる。

FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19270477.jpg
このバルブはここでは詳しく降れない。

スバルマガジンを読んで欲しい。

そこで詳しく特集するので、
無料のブログで営業妨害したくない。

デモカーには空力パーツだけ、
STIの専用オプションが装着された。
FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19271120.jpg
このルーフスポイラーは、
イボイボを持つ。

FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19272721.jpg
ボルテックスジェネレーターと言って、
空気の乱れをっ後方に引き延ばす効果を持つ。

なので走り屋には明確な効果が生まれる。
FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19273465.jpg
フロントとサイドとルーフに加え、
リヤバンパーサイドにも空力パーツが付加された。

シャシーパーツやマフラーを敢えて付けず、
まず素の状態の良さを知って欲しいとの配慮だ。
FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19274317.jpg
マフラーとエアクリーナーを付ければ、
明確に排圧の差が出るのでクルマの性能は向上する。

それにしても高津さん、
フワフワの長い髪が生えてるな。

流石にサーファーだけあり、
ストイックで無駄な肉が無い。
食事も適切な時間に適切な量だ。

こちらは、
オッサンだけあり、

FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19274916.jpg
髪は薄いし、
無駄な肉がある。

不規則な時間に、
大量の物を食い毎日酒を飲む。

同い年とは思えない。

FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19275555.jpg
これは相当重量差があるね。
劣化してるし。

FFインプレッサ
FFインプレッサSTIスポーツとS4の#を考察_f0076731_19280277.jpg
やはり作った人に良く似ている。

軽さは最高の性能だ。
本気で言ってる。

買うならFFだ。

サーキットも楽しいので、
このクルマで遊ぼうじゃないか。
この快速戦闘機もサーキットを走らせると面白い。
けれどね、
ニュルを走ると分かるんだ。

軽いクルマで重量級を追い回す楽しみがね。
一度味わうと忘れられない。

この動画のシーンで、
FFインプレッサがS4を追い回す姿、
ちょっと想像して欲しい。

三本目を撮った甲斐があるからさ。

Commented by 中島 光 at 2020-11-06 23:43 x
連日の濃密な話題、興味深く拝見しています。中島光です。S4STi,FFインプSTi揃い踏みですね!全く個人的なイメージを述べさせていただきますと、S4STiは装備満点の4式戦”疾風”。FFインプSTiはシンプルでいて玄人好みの2式単戦”鍾馗”といったところでしょうか。(どちらも名戦闘機です)    インプレッサSTiのSHOWA製SFRDショックは、エレキレスで実現させているのが驚きと共に好感が持てます。今後の展開に期待が膨らみます。・・・SHOWAの興りも航空機由来というところも刺さるポイントですね。  ・・・動画中の”熊”のお話も刺さりました。遭遇経験ありなので・・・お気をつけください。
Commented by b-faction at 2020-11-07 13:11
中島 光さん、こんにちは。こんなに良いダンパーだとは思いませんでした。それをここまで調理した高津さんは、やはりスバルの誇る優れた開発者です。このようなエンジニアが育つ土壌がスバルにはあるのです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-11-06 22:00 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction