人気ブログランキング |

STIのブランドステートメントを考える

庭にザクロがあることを知らなかった。
ざっくり割れたのを食べてみた。

とても美味かったので驚いた。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19520254.jpg
それで収穫して割れるのを待ったが、
そのままにしておいても割れないんだ。

割れたのもあったが、
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19520823.jpg
一部が少し痛み始めていたので、

STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19521383.jpg
良い所だけ取り出して洗った。

STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19521948.jpg
ところが、
先日樹上にあった割れた実の味とは違っていて、
これを食べても美味しくなかった。

一旦痛み始めると、
その魅力が急速に失われる。

鮮度を損なうと怖い。

10月の終わりを、
添加剤を使って乗り切った。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19522574.jpg
つくば市の菅野さんに戴いたリポビタンDは、
感謝ディ終了後の疲労回復に役立った。

ありがとうございました。


STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19523187.jpg
名古屋市の長谷川さんに戴いたアリナミンVドリンクは、
テスト走行後の疲労回復に役立った。

ありがとうございました。

晩酌も楽しんだ。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19523778.jpg
奈良県宇陀市の内田さんに戴いた、

STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19524445.jpg
純米無濾過の生原酒を呑み切った。

四拍子揃ったところに加え、
吟醸でひやおろしと中取りも加味された、
とても贅沢な酒だった。

STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19525044.jpg
七拍子も揃う酒は珍しい。

とてもコクがあるの、
飲み口爽やかな美酒だった。
美味しくいただきました。

内田さん、
ありがとうございました。

こうして金曜日を迎え、
30日に10月の泳ぎを締めた。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19525602.jpg
23日の金曜から30日の金曜まで、
4日泳いだが体のキレが悪くタイムが伸びなかった。
14分30秒の壁がとても厚かった。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19530315.jpg
体重は一時の増加傾向に歯止めがかかった。
サウナで腹筋を始めたのが功を奏した。

こうして月末から月初の連休が始まり、
毎日が楽しく有意義に過ぎていった。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19531156.jpg
横浜市から小島さんが来訪され、
四代目レガシィのアウトバックをご契約された。

ありがとうございました。
じっくり整えてお譲りします。

STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19531637.jpg
尾張旭市から若尾さんが来訪され、
とっておきのBRZをご契約された。

ありがとうございました。
じっくり整えてお譲りします。

整備も忙しく慌しい毎日だった。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19532161.jpg
木曽町三岳の丸山さんから、
木曽福島の和菓子を頂戴した。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19532879.jpg
伝統ある和菓子屋ながら、
様々な創作菓子にも挑戦する。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19533524.jpg
そば饅頭と、

STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19534114.jpg
お饅頭と

STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19534952.jpg
きんつばなのだが、
どこか違う雰囲気を持つ。
とても美味しく戴きました。

丸山さん、
ありがとうございました。

元気を付ける源となりました。

吹田市の井上さんから戴いた、
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19535821.jpg
静岡土産も封切った。

STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19555847.jpg
香ばしいえびの香りと、
懐かしい舌触りが嬉しい。

とても美味しくいただきました。

井上さん、
ありがとうございました。

我孫子市の肥後さんに戴いた、
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19560486.jpg
グラマシーニューヨークの、
チーズケーキを封切った。

STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19561161.jpg
これも美味だ。
香りも味も素晴らしく、
コンテンポラリーな雰囲気が満ち溢れる。

とても美味しくいただきました。

肥後さん、
ありがとうございました。

船橋市から車検で来訪された、
平賀さんから戴いた、
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19562086.jpg
豆絞り煎餅を封切った。

これも懐かしく、
味わい深い銘品だ。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19563296.jpg
千葉ならではの雰囲気に溢れ、
喰い応えも素晴らしい。

とても美味しくいただきました。
平賀さん、
ありがとうございました。

東京都の大田区から、
スバリストが見学に来訪された。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19564067.jpg
秋葉さんから素敵なお土産を頂いた。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19564621.jpg
袋の中には包みが二つ入っていた。

STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19565283.jpg
まずこちらから封切った。

STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19570141.jpg
あの信玄餅のブランドから、
クッキーサンドがリリースされた。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19572691.jpg
和菓子主体のイメージなので勘違いしそうだが、
ビスキュイというよりも、
ラングドシャに近い。

けれども表面はビスケットに近いので、
なかなかハイブリッドなお菓子だ。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19573433.jpg
中に甘い黄な粉クリームが挟まれていて、
これが意外にも良い味を出している。

とても美味しくいただきました。

秋葉さん、
ありがとうございました。

駒ケ根在住22Bオーナーの山本さんから戴いた、
各種お菓子の中から地域限定版を封切った。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19574178.jpg
カントリーマアムの信州りんご版なので、

STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19574791.jpg
フレッシュな香りとシットリ感を持つ、
舌触りのよいビスケットだ。

とても美味しくいただきました。

山本さん、
ありがとうございました。

松本市から三木さんが、
リフレッシュを終えた愛機を迎えに来られた。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19575691.jpg
予想通りの笑顔を頂けて、
本当に嬉しかった。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19580649.jpg
ステキなお土産を頂き、
ありがとうございました。

食べるのが楽しみです。

名古屋市の長谷川さんに、
自動車保険をご加入戴いた。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19581343.jpg
いつもありがとうございます。

お土産までいただき、
心より感謝申し上げます。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19582492.jpg
うなぎパイはもう名古屋の土産と言っても過言ではない。

あかふく餅もそうだけど、
名古屋駅の売店に無いと淋しいね。

夜のお菓子うなぎパイ、
食べるのが楽しみです。

長谷川さん、
ありがとうございました。

京都市から二木さんが、
リフレッシュメンテナンスの見積点検に来訪された。

STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19583446.jpg
職場の皆さんも中津スバルが大好きだと聞き、
本当に心から嬉しかった。

それに加え、
以前アウトバックをお買い上げ頂いた、
藤本さんは勤務先の同僚だと聞き、
益々親しみがわいてきた。

是非皆さんお揃いでお出かけください。
歓迎いたします。

STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19584443.jpg
ステキなお土産を戴いた。
抹茶風味のラングドシャは京都の誇る銘品だ。

食べるのが楽しみです。

二木さん、
ありがとうございました。

稲沢市から庄司さんが愛機の12か月法定点検で来訪された。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19585047.jpg
疲れ目を気遣って戴き、
初めて見る添加剤をお持ちくださった。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19590220.jpg
最近斜視になったり具合が悪く、
これはとても嬉しいお土産だ。

大切に飲み続けます。

庄司さん、
ありがとうございました。

平塚市から鈴木さんが来訪され、
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19591011.jpg
二連休を締めるご契約を頂いた。

マニュアルミッションに恋い焦がれ、
GRBを次の愛機に選択された。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19591796.jpg
旅先でのお土産を戴いた。

とても珍しいカステラだ。
食べるのが楽しみです。

WRXをしっかり整えてお譲りします。

鈴木さん、
ありがとうございました。

連休中日の二日には、
新潟市から米山さんが来訪され、
ドライブエクスペリエのAプランを体験された。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19592534.jpg
新潟らしいお土産を頂いた。

柿の種は大好物だ。
皆でいただきます。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19593248.jpg
愛機はBMWなので、
NBRを走る雰囲気でレクチャーした。

ご満足いただけて嬉しかった。

またいつでもお越しください。
お待ちしています。

こうして連休も無事終わり、
S4のテストと撮影も終わって、
久しぶりに牡蠣を食べた。

開田高原からの帰り道、
本当に山の中のスーパーだが、
いつも活気に溢れるお店に寄った。

そこは食材が驚くほど満ちている。

STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19594127.jpg
牡蠣の袋には「豊洲市場直送」と書いてある。

他の刺身や魚にも、
そのシールが誇らし気に貼られ、
しかも価格が中津川より遥かに安い。

STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19594720.jpg
一口食べて驚いた。

広島産に偽りは無く、
香しい牡蠣の香りに満ち溢れる。

スーパーで買うと、
このレベルに到達する牡蠣にはまずお目に掛れない。

大規模なドミナント展開が、
自分の首を絞めていることに気付いたとしても、
ローリングストーンは止まらない。

その結果、
食材に不満な顧客が離れ、
駐車場はガラガラになり、
買取ガリバーの「出張展示会」を開かざるを得ない。

そんな顛末を迎えるのだ。

とても凄い事をやってるとは思えない。
客観的に見ると致命的な事を、
弱った双方で舐め合うのか。

牡蠣を食べた翌日、
鋭気を漲らせて高津部長と意見交換し、
その夜は久しぶりにトロロ飯で締めた。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_19595556.jpg
大好物のトロロを、
御嶽山の温泉水で炊いた麦飯に掛ける。

STIのブランドステートメントを考える_f0076731_20000155.jpg
大地のミネラルを多量に含む温泉水は、
麦飯の色をまるで五穀米のように変える。

不思議な効能で、
炊いたご飯が物凄く香ばしい。
最高の気持ちで金曜日に臨んだ。

その朝、
ひとつの事件があった。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_20001909.jpg
いよいよ狼煙が上がった。

表面は平常だが、
オールトヨタの激戦が始まる。

高みの見物などできない。

ふりかかる火の粉を避けるどころか、
戦国時代に突入し死ぬか生きるかの戦いの中で、
活路を見出さねばならぬのだ。

ネッツトヨタが先制を打った。

この気合を眼に刻み、
一日の仕事を終え、
昨夜は今週最後のスイムに挑戦した。

気が満ちていた。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_20003421.jpg
あれほど扱った壁を蹴破った。
14分28秒30は、
先月22日以来の好タイムであると同時に、
余裕で30秒の壁を破った。

STIのブランドステートメントを考える_f0076731_20004186.jpg
狙ってやったぜ。
意気揚々とプールを引き上げ、
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_20004760.jpg
サウナでV字腹筋500カウントを数え、
恐る恐る体重計に載った。

STIのブランドステートメントを考える_f0076731_21565717.jpg
イイ感じだ。
体重は微減だが筋力は増加した。

翌日はかわら版の発行日なので、
じっくり晩酌を楽しみ床に就いた。

こうして今日も元気良く出勤し、
朝礼を終えた後で新聞を開いた。

STIのブランドステートメントを考える_f0076731_20010043.jpg
反撃の狼煙だった。

STIのブランドステートメントを考える_f0076731_20010790.jpg
ヤリスクロスはトヨタ店にとっても、
喉から手が出るほど欲しいタマだ。

トヨタに比べたら、
足元にも及ばない。

そんな小企業だからこそ、
際立つ必要がある。

STIのブランドステートメントを考える_f0076731_20011454.jpg
トヨタのチラシは大きくても、
地域を相手にした金太郎雨だ。
STIのブランドステートメントを考える_f0076731_20012020.jpg
中津スバルの規模は小さいが、
既存の枠を超えスバルらしく際立ち続ける。

それが一番に似合うはずだ。

さあ、
動画をお楽しみください。


明日も頑張るぞ!
それでは皆さんおやすみなさい。

Commented at 2020-11-08 21:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2020-11-08 22:10
須賀義孝さん、こんばんは。スバコミの件は知りませんでした。12月5日はL1ラリーの当日です。マリオとむっちゃんのコンビをぜひ応援してくださいね。いつもの怪物でエントリーします。今年はSSが8つもあります。開催できてうれしいです。BRZの件は危惧してます。レヴォーグと同じように見せるだけ見せて一年以上発売が伸びたら大変ですね。2022年モデルって書いてあったような・・・。まあ「べー国」では来年の秋に売るクルマが2022モデルですが。
Commented at 2020-11-09 20:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2020-11-09 21:14
内田さん、ご心配戴きありがとうございます。応援よろしくお願いします。
Commented by hiroron8603180 at 2020-11-10 12:39
さいたま市の市川と申します。
いつも、動画やblogで楽しませて頂いております。

最大手で、膨大なセールスパワーを誇るトヨタが、
販売チャンネルごとの、取扱車種の垣根を取っ払ったことは、
すごいことだと思うのです。
「攻め」ですよね。完全に
長年の商習慣を自ら打破したわけですから。

はるか以前からシェアNo.1を、磐石に維持しているトヨタがなぜここまで?
今までの売り方でも、勝ち続けられるように思えるのに、なぜ?
と考えたときに、ひとつのキーワードが浮かびました。

「生きるか死ぬかの危機感」

これは、トヨタの現経営陣がよく口にしている言葉です。
ぶっちぎり最大手を、改革に突き動かすのは、この考えが根底にあると思います。

私が好きかどうかは横に置いておいて、
長い歴史と格を持つクラウンのようなクルマは、
大切に売ったほうがいい思いますし、
ブランドイメージを毀損する可能性も孕む、ある意味、賭けのような気もしますが。
Commented by b-faction at 2020-11-10 13:36
市川さん、こんにちは。僕は死ぬほど働くことが大好きなのでステキな世界が生まれたと思います。これまでの捻じれが戻ると思います。多分若い人の中にも同じ考え方の人はいるはずなんです。そういう人たちと日本を更に良くしていきたいですね。滅茶苦茶働いて日本に生まれて良かったと実感し続けたいです。
Commented by hiroron8603180 at 2020-11-10 14:00
代田社長様

ご返信ありがとうございます。
私は、駆け出しの頃~中堅の頃まで、昭和のモーレツ社員(死語と笑われますが…)に囲まれ、バカヤローコノヤロー叱咤されながら、社会人として育ててもらいました。
なんでもかんでもすぐハラスメントになる現在なら、完全にアウトに判定されるであろう先輩が大勢いました。
それがフツーだったので、私はなんとも思わなかったですし、傷つくこともなかったですね。

ワークライフバランスや、コロナ渦をきっかけに広がったリモートワークがもて囃される現代の働き方は、めちゃくちゃ働きたい人には、はっきり言って、邪魔ですよね。
私も違和感しかないです。

私も社長様と同じ考えを持つ仲間に入れてください。
Commented by b-faction at 2020-11-10 15:59
市川さん、コメントありがとうございます。何事もきっかけが大事で、僕も元旦から働いたりしませんでしたが「こんなことでどうする」と、平成の新時代になって気づいたおかげです。それから猛烈に働くようになりました。今の世相を見て、「働き方改革」を我が物顔で謳歌する人もいますから、それには抵抗感もありますが、やっぱり自分が働けることが一番幸せですね。なので、より目いっぱい働きます。市川さんのような賛同者は必ず現れると思っていましたから嬉しいですね。より深く楽しく精一杯働きましょう。気持ちだけでも24時間365日働きます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-11-07 22:04 | Comments(8)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction