人気ブログランキング |

苦労を乗り越える

長野の大原さんに戴いた、
もう一つの包みを開けるのが楽しみだった。
苦労を乗り越える_f0076731_18593829.jpg
アップルパイと同じお店がリリースする、
このお菓子も美味しそうだ。
苦労を乗り越える_f0076731_18594583.jpg
可愛らしい名前だね。
苦労を乗り越える_f0076731_18595119.jpg
ココアというよりチョコレート風味で、
板チョコが挟まっている様な食感だ。

カリッと香ばしく、
チョコの濃い甘さが舌に広がる。
これは美味い。

大原さん、
ありがとうございました。

最近好天続きで、
毎日カラッと乾燥している。

こういう時は中古車仕上げに精魂込める。
苦労して仕上げた白いフォレスターを、
苦労を乗り越える_f0076731_18595655.jpg
再び丁寧にお手入れしている。

ミセス大鶴の細やかな配慮で、
苦労を乗り越える_f0076731_19000225.jpg
動画撮影後も丁寧な商品化が続く。

この後の予防整備が終わると、
いよいよ本格的な商品となる。

昨日動画を紹介したSJ5も、
細部の清掃やオール磨きが再開された。

そして新たに面白いクルマが現れた。
苦労を乗り越える_f0076731_19000988.jpg
BL5と呼ばれる四代目レガシィの
ターボエンジンを搭載したセダンだ。

一旦ミセス大鶴が簡単に掃除した後、
苦労を乗り越える_f0076731_19001766.jpg
西尾君の手によって室内が完全に分解され、
洗えるものを徹底的に洗う。

洗ってもすぐ乾くから、
とにかく迷わず徹底的に洗う。

この成形された床マットを、
高圧ウオッシャーで徹底的に洗うから、
その後のスチームクリーナー仕上げが映える。
苦労を乗り越える_f0076731_19002691.jpg
外すと余計なものも見つかる。

不要な配線だらけだ。

中途半端なオーディオも破棄する。
苦労を乗り越える_f0076731_19003319.jpg
この辺りの製造品は、
ほぼ寿命が尽きている。

中途半端に残さず捨てる。
苦労を乗り越える_f0076731_19003993.jpg
5速マニュアルシフトの走りは、
クルマが軽ければ軽いほど面白い。

徹底的に分解するから細部の汚れも落としやすい。
苦労を乗り越える_f0076731_19004507.jpg
ここまで徹底するから、
中津スバルの中古車には魂が宿るんだな。

きっと主に懐く車になるはずだ。
苦労を乗り越える_f0076731_19005152.jpg
オイルには是非拘って欲しい。

今日の動画でオイルについて触れるので、
是非参考にして欲しい。

中津スバルでは、
クルマの状態に合わせ、
モチュール一種
スバル純正二種
その他三種と様々なオイルを機能別にそろえている。

エンジンに潤いを与え、
ピストンが乾かないクルマにして欲しい。
苦労を乗り越える_f0076731_19005685.jpg
ショールームに展示している新車を活かして、
フォレスターSportの美点を解説した。
苦労を乗り越える_f0076731_19010722.jpg
このクルマにはスバルにキッチリと一本通った筋を感じる。

塙さんにお譲りしたとびっきりのA-Lineは、
苦労を乗り越える_f0076731_19011508.jpg
まさにSportらしさ満載だった。
オーセンティックな雰囲気が溢れている。

らしさを際立たせるために、
毎日丁寧に熟成中だ。
苦労を乗り越える_f0076731_19012269.jpg
この大好きなクルマも嫁ぐ日も近い。
寂しくなるなぁ。

アイマニュキュアが輝く、
美しい顔に蘇らせている。

このGDBのアイマニュキュアが完了したので、
やっとこのSG5の順番が来た。
苦労を乗り越える_f0076731_19012833.jpg
この場所でウエイティングが何日も続いた。

ミセス大鶴の匠の技で、
内装は綺麗に仕上がっていた。

次にボディを徹底的に磨き、
エクステリアの改善に取り組んだ。
苦労を乗り越える_f0076731_19013332.jpg
フロントバンパーを綺麗に仕上げ、
ヘッドライトも丸一日かけて老化被膜を除去した。

昨日北原課長のペイントが終わり、
苦労を乗り越える_f0076731_19014034.jpg
今日から磨き作業が始まった。
アイマニュキュアもようやく完成する。
苦労を乗り越える_f0076731_19014748.jpg
澄んだ瞳に蘇ると、
このターボパワーが炸裂するはずだ。
苦労を乗り越える_f0076731_19015476.jpg
やっぱりフォレスターにはターボが似合う。

スバルよ、
蘇らせてくれてありがとう。
ステキなフォレスターsportを今日も解説したい。
それでは、まず前編から。
CB18型水平対向ターボエンジンの謎を探る。
インテリアとエクステリアに続きエンジンの秘密にメスを入れ、
ピストンを語ろうとするところで前半が終わる。

次に後編をどうぞ。


EJ20型水平対向エンジンのピストン実物を使い、
新型エンジンの良さを語っている。
楽しんで欲しい。
それでは明日もお楽しみに。

Commented by ken-bl5d at 2020-11-16 07:04
茨城の秋山です

代田社長の人脈の素晴らしさ
車に そしてスバル日本対する愛情には、ただただ感銘して尊敬致します。
私もどれ程 社長のコラム記事や動画に支えられているか語りきれません…
スタッフの方々の仕事ぶり凄まじさにも感銘して全国の方々が地元よりも中津スバルさんに依頼に来られるのが良くわかります。

コロナ渦の中で感染拡大のこの頃ですが、心より応援しています。

新型レボークですが昨日試乗する機会を頂き、そのあまりにも車全体の進化には大変感動して、改めてスバル愛が深まった次第です!

お忙しい日々とは存じますが
どうぞお身体ご自愛され頑張って下さい。
Commented by b-faction at 2020-11-16 08:16
秋山さん、ありがとうございます。
Commented by hiroron8603180 at 2020-11-16 11:02
こんにちは。
さいたま市の市川と申します。
いつもblogと動画で楽しませて頂いております。

エンジンオイルのこと、非常に勉強になりました。
ふだんのオイル交換は、半年に一度、エレメントは年に一度という、ごく一般的なサイクルで、オイルの銘柄はスバルショップ任せにしています。
これからは、ちょっとオイルのグレードを気にしていこうかなと気付かされました。

フォレスターsportいいですね。
ピークパワー寄りではなく、分厚いトルクを低いところから幅広い回転域で出すところも、この新しいダウンサイジングターボエンジンの魅力を見た思いです。
インテリアも、抑制の効いたセンスの良さやホンモノ感を感じます。
動画で、白く輝くB4にも触れてくださり、ありがとうございます。
ぜひぜひ動画で掘り下げて紹介してくださる機会を期待しております。
スポーティーさを併せ持つ、シックで大人なセダンが、もう新車のラインナップから消えてしまい、
私も含め、乗り換えるときに困るんですよね…。
S4か?と問われると、B4とは根本的になにかが違う気がしてしまうのです。
悩ましいところです。
Commented by b-faction at 2020-11-16 13:57
市川こんにちは。レ・プレイヤードゼロをお勧めします。
Commented by 篠田 at 2020-11-16 18:28 x
外圧に屈したフォレスターの試乗動画、楽しく拝見しました。笑
巷では先代に比べパワーが物足りないなどの書き込みを散見しますが低速域での分厚いトルクは魅力ですね。
今は試乗待ちが出るような状況らしいので落ち着いたら私も乗ってみようと思います。

オイルですが昨年からレ・プレイヤードゼロに変えてその違いに喜んでおります。

Commented by b-faction at 2020-11-16 19:51
篠田さん、これまでとはまた別の次元のクルマですね。脚が良い!まさにGDB型WRXの最終モデルにA-Lineが誕生した時に似てます。Sシリーズの目指した戦闘力ではないプレミアムな性能を身に纏ったスポーティーカーですね。上質です。あのエンジンが物足らないと言う人たちはEJ20の暴力的な印象に苛まれたからでしょう。CBがこのあとどのように豹変するかゾクゾクします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-11-15 22:00 | Comments(6)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction