人気ブログランキング |

執念の10年間を振り返る

執念の10年間を振り返る_f0076731_18380519.jpg
10年前の初夏の事だ。

やけに望桜荘の山桜が、
ステキな色味を帯びていた。
執念の10年間を振り返る_f0076731_18381172.jpg
可愛いサクランボをたくさんつけていた。

この時、
休眠せず発芽に向かったのだろう。

執念の10年間を振り返る_f0076731_18382079.jpg
何本かの苗木がこの後で伸びた。
2010年6月6日の事だった。

執念の10年間を振り返る_f0076731_18382520.jpg
10月になり、
少しづつ葉が色づき始めた。

根の周りに藁を敷いたり、
雑草や異物を取り除き続けた結果が、
徐々に良い形で表れた。

そっして10月7日の午後から、
執念の10年間を振り返る_f0076731_18385669.jpg
翌日8日の同じ時間で、
全体の様子が一気に変わった。

執念の10年間を振り返る_f0076731_18390218.jpg
この時は本当に見応えがあった。

植物に意思があるように思えた。

今のヤマザクラはどうなのか。
執念の10年間を振り返る_f0076731_10254321.jpg
かつてほどの隆盛は見られぬが、
まだまだ元気に君臨して居る。

今年はプロの手で腐った枝を取り除いた。

だが腐朽菌の力はすごく強烈で、
今朝も太い枝が落ちていた。
執念の10年間を振り返る_f0076731_10255090.jpg
いったん樹木に入り込むと海綿状に壊死させる。

まあ、
これが居るから枯れた木材が自然に分解し、
森林が徐々に更新するのだが生き腐れの原因となる。
執念の10年間を振り返る_f0076731_10255898.jpg
大古には存在せず、
石炭ができあがった。

そして炭素が固定し、
地球上から二酸化炭素が減ったと見られる。

それを燃やすと温暖化につながるというが、
そもそも二酸化炭素はそれほどの悪者なのか。

植物に十分な二酸化炭素が、
本当に供給されているのだろうか。

その原点をもう少し掘り下げないと、
真実は見えない気がする。
執念の10年間を振り返る_f0076731_10333850.jpg
また早川さんと相談し、
このヤマザクラを長く愛でる努力を続けよう。

さて10年前に戻り、
望桜荘の庭を見てみよう。
その年の7月10日から始め、
執念の10年間を振り返る_f0076731_18390982.jpg
夏の間手入れを続けた。
誕生日に始めたのでよく覚えている。
その後、
ひと夏の間に渡り散水を続けた。
執念の10年間を振り返る_f0076731_18393371.jpg
9月12日の様子から、
11月8日の様子へと、
執念の10年間を振り返る_f0076731_18392328.jpg
水はけがよくなるように、
小石を並べて水路を作ったが、
あれよあれよという間に苔が育っていった。
執念の10年間を振り返る_f0076731_10535899.jpg
今はまるで、
一面に絨毯を敷き詰めたようだ。

庭の中には様々なエネルギーが満ち溢れていた。
執念の10年間を振り返る_f0076731_18393842.jpg
10年前の6月22日に、
誕生日を控えたマリオが現れた。

突然リュウゼツランが開花し、
随分驚いたことを覚えている。
執念の10年間を振り返る_f0076731_18394441.jpg
7月1日に満開になった。
中津スバルに来たことがある人なら、
今の庭をよくご存じだろう。

10年前はこれほど違っていた。

あまりの勢いにたじろぎ、
他への移植を計画した。
執念の10年間を振り返る_f0076731_18395003.jpg
Before(5月30日)

執念の10年間を振り返る_f0076731_18395496.jpg
Afteer(11月8日)

そして当時と現在では全く違う趣が生まれた。
執念の10年間を振り返る_f0076731_10551711.jpg
庭の全体像も、

執念の10年間を振り返る_f0076731_18395988.jpg
Before

執念の10年間を振り返る_f0076731_18400507.jpg
Afteer
このように変わって今の原型がほぼ出来上がった。

そして今朝の様子からは、
執念の10年間を振り返る_f0076731_10561708.jpg
10年の歳月を十分に感じさせる。

そして、
抜き取った竜舌蘭を移植するために、
執念の10年間を振り返る_f0076731_18401118.jpg
Before
10年前の6月29日から、
向かい側の斜面を整え始めた。

移植後の様子を見ると、
執念の10年間を振り返る_f0076731_18401613.jpg
After
11月8日になると安定し始めた。

ここへ庭から移植を続け、
今の大きな集団が出来上がった。
執念の10年間を振り返る_f0076731_10585613.jpg
毎年綺麗な花を咲かせてくれる。

隣のブルーベリー畑も大切な場所だ。

執念の10年間を振り返る_f0076731_18402207.jpg
Before
10月17日に最後の草取りを済ませ、
執念の10年間を振り返る_f0076731_18402783.jpg
After
11月7日に紅葉を迎えた。

今では力強く実を成らす。
執念の10年間を振り返る_f0076731_11001820.jpg
10年前の秋に、
アルシオーネのミーティングを開きたいと、
新旧のオーナーが連合で企画を立てた。

その気持ちに応えるために、
執念の10年間を振り返る_f0076731_18403261.jpg
新たなプロジェクトを開始した。

動態保存車と動けないクルマを同時に飾るために、
執念の10年間を振り返る_f0076731_18404180.jpg
車体を丁寧に分解して再生した。


執念の10年間を振り返る_f0076731_18404775.jpg
汚れを綺麗に落とし、
ピカピカに仕上げて、
執念の10年間を振り返る_f0076731_18405542.jpg
スバルアルシオーネベースのシンボルに変えた。
執念の10年間を振り返る_f0076731_18410388.jpg
Before


執念の10年間を振り返る_f0076731_18410916.jpg
Afteer

こうして10月9日のオフミーティングに間に合わせた。
執念の10年間を振り返る_f0076731_20212598.jpg
10年経った今、
どれくらいの数の個体が生存しているのだろうか。

アルシオーネはスバルの文化財だと、
執念をもって言い続けて来たが、
今になってその真価が改めて見直されている。
執念の10年間を振り返る_f0076731_18411538.jpg
10年前の10月4日に、
スバルとトヨタの具体的な成果が、
改めて世の中に披露された。

スバルから設計者がトヨタへ出向し、
トヨタの中で作り出された作品だった。

生産は関東自動車工業が担当し、
クルマの各所にスバルの匂いが立ち込めた。
スバル側のPGMは大崎篤さんだった。

品質保証のエキスパートとして、
3年前の大変な時期を乗り切り専務として活躍されている。

大きなモデルチェンジの無い、
少し難しい年だったが、
執念の10年間を振り返る_f0076731_20221037.jpg
この年に初めて、
サードジェネレーションのボクサーエンジンがデビューした。
10月27日にかわら版に載せる画像を撮影した。

それから10年経った。

エンジンは勿論、
執念の10年間を振り返る_f0076731_20222392.jpg
シャシーとボディ迄一新し、
操舵装置まで新設計だ。

入れ物から良くするスバルの凄さが、
ここへきて明確にスパークした。

ボルボは上を良くして、
そのアーキテクチャーを下へ展開する戦略だ。

エンジンが一つしかない環境下で、
プレミアムブランドを際立て続けている。

スバルは数種類のエンジンを展開し、
更に全く設計コンセプトが異なる、
物凄く優秀なエンジンをリリースした。

その上で、
下を良くしてから、
その上の車種を新たなテクノロジーでどんどん際立てている。

どちらの戦略が凄いのか、
容易に考察できそうだ。

今年もステキなお客様と巡り合い、
楽しい時間を沢山過ごした。

昨日は東京の武蔵野市から、

執念の10年間を振り返る_f0076731_18412099.jpg
石川さんが初回1000km点検で来訪された。

ステキなお土産を頂いた。
執念の10年間を振り返る_f0076731_18412539.jpg
出張先で銘菓を購入され、
社員のおやつに戴いた。
執念の10年間を振り返る_f0076731_18413256.jpg
とても香ばしくて美味しい。

執念の10年間を振り返る_f0076731_18413944.jpg
石川さん、
ありがとうございました。

今日は岡崎市から藤田さんが、
執念の10年間を振り返る_f0076731_18414684.jpg
お嬢さんのレイナちゃんと一緒に来訪された。

L1ラリーにデビューさせるため、
現在英才教育の真っ最中だ。

ドライバーの応援を兼ね、
ステキなお土産を頂いた。

ファーストドライバーには好物の甘酒を、
監督には好物のよもぎ大福を頂戴した。
執念の10年間を振り返る_f0076731_18415278.jpg
早速美味しくいただきました。

執念の10年間を振り返る_f0076731_18415807.jpg
藤田さん、
ありがとうございました。

今日も東京の武蔵野市から、
お客様が来訪された。

吉祥寺にお住いの秋田さんが、
執念の10年間を振り返る_f0076731_18420619.jpg
愛機の12か月点検で来訪された。

あっという間に6年が過ぎた。

リフレッシュ整備でお付き合いが始まり、
毎年この季節に必ずお目に掛れる。

今日も美味しい最中を頂いた。
執念の10年間を振り返る_f0076731_18421339.jpg
こざささんの最中は、
とても香ばしくて美味しい。
執念の10年間を振り返る_f0076731_18421979.jpg
皆さんから戴いたお土産は、
日持ちしないけれど、
とても香しいと言う共通性を持つ。

美味しいお菓子には、
必ず真実が潜む。

執念の10年間を振り返る_f0076731_20223022.jpg
10年前の11月号は、
新型エンジンを搭載したフォレスターがメインだ。
まずは小手調べのデビューだったが、
その後バリエーションを次々と増やし、
スバルの主力エンジンとなった。

そこで当時残してあったエンジンコレクションから、
ファーストジェネレーションを引っ張り出した。
執念の10年間を振り返る_f0076731_22144877.jpg
新しいエンジン誕生の記念として、
それを徹底的に磨いた。

執念の10年間を振り返る_f0076731_20223676.jpg
今はインプレッサハウスでゲストを迎える役割を担う。

こうして振り返ると、
軸足は全く狂っていない。

まだまだ前途は多難で、
コビッド19の呪縛は続きそうだ。
困難な状況の中でこそ、
これまでもスバルは際立った。

最悪のタイミングでデビューとなったが、
ピンチはチャンスだ。

驚くほど高い完成度で誕生したレヴォーグは、
ピンチをチャンスに変える起爆剤になる。

さあ、
今回も始めるか。
執念の10年間を振り返る_f0076731_22510688.jpg
完成に向け精一杯頑張るぞ。
発行をお楽しみに。

Commented by 五条銀吾 at 2020-11-29 08:32 x
アルシオーネ・ミーティングの件
その節はお力添えいただき、ありがとうございました

現存台数ですが、2010年当時は300台程度と思われます
それが年々微減していき、現在は全3グレード合わせても200台以下となったようです

台数の把握は「初度登録年別 自動車保有車両数」という資料を基に調べていたのですが、
これもついにアルシオーネは調査対象外となってしまい、把握することができなくなってしまいました
以前、地域さえ網羅している詳細な資料を見せてもらったことがあるのですが、今となっては、それが何だったのかさえ知ることもできずです
Commented by b-faction at 2020-11-29 10:10
五条さん、おはようございます。そこからは減らないでしょうね。ガレージにコレクションされ大切に生き残るでしょう。もっとも「俺のアルシオーネには自然治癒力がある」などと、間抜けな事をのたまう人は別ですが(笑)
Commented by hiroron8603180 at 2020-11-29 10:28
おはようございます。
さいたま市の市川です。
いつも、ありがとうございます。

お庭や樹木の手入れに力を入れることと、
1台1台のクルマに魂を込めることは、
似ているのかもしれません。

中津スバルさんは、環境整備を徹底している健全な会社だと思っております。
昨年、一倉定さんという経営コンサルタントの元祖のような人物の評伝本を読みましたが、
環境整備の大切さを、説き続けていました。

それが、対お客さまの仕事をする「構え」として、とても大切ですし、
整理整頓ができた環境では、事故やケガも起きづらい、イイコトづくめなんですよね。
そんなことを、社長様のblogを読むと、いつも思います。

ここまで10年、主力を張ってきたFBエンジンもいよいよ勇退し、Newレヴォーグ、フォレスターsportの登場と共に主力交代ですね。
私のFB25はまだまだ快調そのものですが、
スバルの新しい扉は開かれました。

これからのスバルに期待です。
Commented by b-faction at 2020-11-29 16:05
市川さん、こんにちは。こちらこそありがとうございます。やり方を自分で考え実践を続け答えを出す。そこに快感があります。課題は無限ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-11-28 22:00 | Comments(4)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction