人気ブログランキング |

今年の乗り納めは最強のWRX

昨日の昼ご飯は、
ラーメンライスだ。

無性に腹が減ったので、
中津川の隠れた名店に、
数十年ぶりに入った。
今年の乗り納めは最強のWRX_f0076731_12010196.jpeg
塩ラーメンを頼み、
ライスの上に載せて食う。

これぞ究極のラーメンライスだ。
何か一点欠けても、
この味はぜったいに出ない。

とてつもなく美味かった。

腹を満たして出社して、
最終日の残務を片付けていたら、
コンコンとノックの音がする。

そっとブラインドを開けて、
誰かと思っておそるおそる見たら、
今年の乗り納めは最強のWRX_f0076731_16562860.jpg
そら君が挨拶に来てくれた。
北原課長の長男で、
今年から大学に入った。

まさかその年が、
最悪の事態になるとは思わなかっただろう。

けれども、
平常時には、
決して見ることのできない世界を見たはずだ。

だから、
きっと将来役立つだろう。

無事帰省出来て何よりだった。


終わりよければ全て良し。

ステキなお土産を戴いた。
今年の乗り納めは最強のWRX_f0076731_16563238.jpg
イベントの合間に頂きます。
楽しみだ。
そら君、ありがとう

朝起きたら快晴だった。

昨日とは全く違う一日が始まった。
今年の乗り納めは最強のWRX_f0076731_16563726.jpg
恒例の「大みそか走り納め」に行ってきた。

「高原の蕎麦」も受け取らねばならない。

地元のそば粉100%で、
その場で打つ手打ちが、
何と一人前650円と言う破格値だ。
今年の乗り納めは最強のWRX_f0076731_12012916.jpeg
受け取った後、
淹れたてのコーヒーをごちそうになった。

お皿の中にあるのは、
この地で採れた「花豆」の煮つけだ。

真っ赤な花が咲く花豆は、
高原でしか育たない。

大きな姿をしているが、
味は可憐で優しい歯ざわりがステキだ。
今年の乗り納めは最強のWRX_f0076731_12015203.jpeg
黒豆の煮つけとは、
かなり味が異なる。

すごく好きな味だな。

開田高原でもたくさん栽培されているが、
花豆の煮豆を食べたのは初めてだ。

マダム、
ありがとうございました。
今年の乗り納めは最強のWRX_f0076731_16565566.jpg
13,000kmを超え絶好調だ。
頑強なクルマ作りはスバルの持ち味で、
孫子の代まで使えるクルマになっている。

この特別なWRXを語るには、
文字よりもビジュアルだな。

YouTubeに二本の動画をアップした。
タイトル、
「2021年乗り納めは史上最強のWRX:その1」

もう一つは、
「史上最強のWRX「RA-R」で大みそかを走る:その2」だ。

これは最新のWRXでは無い。
だが、
もう二度と現れない不朽の名作だ。

こうして改めて走らせると、
「やっぱり速い」の一言だ。

車体の各部を徹底的に検証し、
軽さに拘り抜いた特装車だ。

コンプリートカーでは無いが、
最後の「S」に相当する、
珠玉のEJ20を搭載する。

これはファイナルエディションとは異なる、
まさに実戦を意識した兵器に近い。

エンジンチューニングは確実に寿命を縮めるが、
STIが出す以上10万キロ以上絶対に壊れない、
「不文律」を満たして現れる。

一昨年の12月から高原を訪れているが、
今年の走りはこれまでにない恍惚性をもたらした。
今年の乗り納めは最強のWRX_f0076731_16564321.jpg
タイヤはコンチバイキングコンタクト7だ。

普通の人にはオーバークオリティだ。
むしろ国産のブランドの方が効くと言う人も居るだろう。

しかしSTIの特装車には、
カタログモデルにない性能があり、
その剃刀の切れ味を確かめるために、
コンチネンタルのタイヤを選ぶ。

アウトバーンを速度無制限で駆け抜ける、
冬のドライブを満たす条件を、
このタイヤは兼ね備えている。


今日はこのショートムービー2本で、
大みそかを楽しみんでいただこう。

紅白歌合戦と言う、
強力な番組があるから、
その前の箸休めにでもしていただけたら幸いだ。
今年の乗り納めは最強のWRX_f0076731_16564848.jpg
気持ちよく走って、
次期モデルの姿に興味を持った。

WRXは、
なんだかんだ言われながら、
最新モデルがやっぱりとてもよくできている。

その上で、
初代から四代目までのそれぞれに、
スバルらしい魅力の蓄積がある。

だから、
前のモデルの優秀性を認めつつ、
乗り換える人が多いはずだ。

一部には偏執的なマニアも居るが、
それは好みの違いであり、
絶対値とは別の話だ。

今日は朝飯も食わず、
昼飯の時間も省いて走った。

戴いたコーヒーと花豆の煮つけが、
丁度よいエネルギー補充となった。

今日は晩酌が早いから、
少し自重しないと明日に関わる。

とはいうものの、
初詣代わりに訪れた仏閣の門前で我慢に限界が来た。
今年の乗り納めは最強のWRX_f0076731_16570287.jpg
出来立てのまんじゅうから湯気が昇っている。
今年の乗り納めは最強のWRX_f0076731_16570794.jpg
あったかいまんじゅうは美味いね。


こうして一年が終わった。

二年前のこの日のブログに、
今年の乗り納めは最強のWRX_f0076731_17335364.jpg
次期WRXのコンセプトカーを取り上げた。
アグレッシブでなかなか良い。

改めて振り返ると、
面白い事実が分かった。

新型BRZと意匠に継続性を感じた。

イイじゃないか。

そしてもう一つ、
忘れられない事が起きた。

今年のカーオブザイヤーで、
思いがけないクルマが、
最後まで土俵に残ったんだ。


あのアルピナのニューモデルが、
堂々とエントリーしてきたのだ。

動画の中で触れようと思ったが、
色々と差し障りが生じるので見合わせた。

スバルはSTIをカーメーカーとして切り離し、
販売も任せるくらいの英断をすべきだ。

彼らの販売ルートをしっかり構築し、
切り分けて自動車メーカーとして育てる方が、
今後の方向性に夢が産まれる。

スバルには堂々としたクルマ作りが息づき、
世界一の安全性能を満たした開発を続けている。

だからこそ、
STIには世界一美味しいクルマを作らせ、
スバルのあいだ割って入るような開発をさせよう。


そんな初夢を見たいね。
今年の乗り納めは最強のWRX_f0076731_16571430.jpg
それでは、
皆さん良いお年を。

Commented by 阿部 at 2020-12-31 21:36 x
代田社長様こんばんは。

間も無く2020年も終わろうとしております。
今年は個人的にはスバル車ばかり乗り継いで自分の中で何か“マンネリ”が生じていた中で、以前から名前だけは聞いて知っていた中津スバルに思いきって訪問してみて、何と言いましょうか…、そんなモノは自分の中の単なる独りよがりに過ぎない…、という事を改めて教えてもらえた年になったと思っております。

誰だったかが言っていた「人は幾つになってもアップデート出来る。」幾つになっても色んな事に興味を持ち、自分とは異なる意見にも耳を傾けるという事を心掛けていきたいと思っております。

話しは変わりますがこちらは冬将軍が来襲しておりますが、今の相棒の高い雪道走破性能があれば「来るなら来い!」ですね(笑)歴代の相棒がそうだったように…。

それでは多忙な年末年始をお過ごしかと思いますが良いお年を。そして来年もどうぞよろしくお願い致します。
Commented by 吉岡達哉 at 2020-12-31 23:31 x
こんばんは、いつもブログを楽しく拝見しております。ブログを拝見していて思うのは蕎麦の文化が根付いているところはセンスのいいお茶受け、箸休めを出されるなぁと思います。漬物ひとつにしてもセンスがいい。
今年はなかなか動けない1年でしたが来年こそ中津スバルで購入できるようにと思っています。来年こそ、よろしくお願いします。
Commented by b-faction at 2020-12-31 23:51
阿部さん、今晩は。明日から新たな1ページを刻みます。来年もよろしくお願いします。
Commented by b-faction at 2020-12-31 23:52
吉岡達哉さん、今晩は。いよいよ年越しです。来年もよろしくお願いします。
Commented by minen3923 at 2021-01-01 00:53
代田様

片峰です。
あけましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。
お陰様で毎日楽しく車と付き合えております。 良い車と良いタイヤで気持ちよく運転できているのも中津スバル様のお陰です。

今年もいろいろとお世話になると思いますが、どうか宜しくお願い致します。
Commented by b-faction at 2021-01-01 13:25
片峰さん、あけましておめでとうございます。こちらこそ宜しくお願い致します。ご来店、お待ちしてます
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2020-12-31 19:00 | Comments(6)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction