人気ブログランキング |

CB18型水平対向エンジンを乗り比べる

手入れの終わったブルーベリー畑を、
11月29日に撮影した。
CB18型水平対向エンジンを乗り比べる_f0076731_19221850.jpg
まだ何となく空気が柔らかい。

雪の合間の一昨日、
現在の様子を撮影した。
CB18型水平対向エンジンを乗り比べる_f0076731_19222405.jpg
だんだん空気が張り詰めてきたのがよく解る。

季節は刻々と移り変わる。

果樹はヒトの手に守られてこそ、
その真価をいかん無く発揮する。

既に花芽が赤く色づき、
今年の開花を期待させてくれる。

森さんに二等賞が当たった。
おめでとうございます。
CB18型水平対向エンジンを乗り比べる_f0076731_19223245.jpg
このミカンを選ぶにあたり、
担当者はとても丁寧に相手を選んだ。

と言うのも、
巷のスーパーでは、
年の瀬にミカンの特売があったりするが、
味の確認が難しく、
しかもタイミングよく調達できない。

お正月の元旦から3日迄に渡せるよう、
年末ギリギリに届かないと具合が悪い。

ショールームで保管するうちに、
旬を過ぎて痛むと困る。

過去には苦労したことがあり、
価格よりも品質を優先する。

「小さな農家」さんという、
和歌山にあるミカン農園から、
今年の二等賞を分けて頂いた。

確かに味には自信があると言うだけあるし、
「うちのは安くない」と言われたけれど、
その配慮には価格以上の価値があった。

この箱に予備のミカンが入っていた。
CB18型水平対向エンジンを乗り比べる_f0076731_19231936.jpg
賞品のミカンの箱は点検できるよう工夫されていた。

もし中に傷んだミカンがあったら、
早めに差し替えて鮮度を保つためだ。

今日現在、
そのような傷んだミカンは一つもなかった。

詰め方にも工夫があり、

CB18型水平対向エンジンを乗り比べる_f0076731_19232556.jpg
少しでも傷み難いようにうつ伏せに入っている。

しっかりしたミカンだ。
CB18型水平対向エンジンを乗り比べる_f0076731_19233023.jpg
ところが簡単に皮が剥けるし、
CB18型水平対向エンジンを乗り比べる_f0076731_19233558.jpg
アルベドが柔らかくとらなくても美味しい。

ミカンの果実の表面にあるアルベドは、
食物繊維の塊なので、
腸内の環境をよくする。

それにビタミンPを含むので、
高血圧の人間には特に役立つんだ。

CB18型水平対向エンジンを乗り比べる_f0076731_19234133.jpg
暖かい部屋でみかんを食べるのは、
冬の栄養補給と免疫力向上に欠かせない。

寒いときに良い温泉で寛ぐのもイイね。

アウトバックオーナーの新田さんから、
ステキなメッセージが届いた。

日本三大薬湯の松之山温泉に、
恒例の湯治のためにご夫妻で滞在されている。
CB18型水平対向エンジンを乗り比べる_f0076731_19234625.jpg
ステキなお着物ですね。
良くお似合いです。

この温泉街の雰囲気がいいなぁ。

疲れた体を癒すには、
体質に合った温泉に浸かるのが一番良い。
CB18型水平対向エンジンを乗り比べる_f0076731_19235156.jpg
あわせてコンチノースコンタクト6を、
徹底的に雪上でテストされている。

過酷な峠道でもNC6は確実にグリップし、
マイナス5度の2メートルを超えた豪雪地帯で、
安定した走行性能を発揮しているとあった。

CB18型水平対向エンジンを乗り比べる_f0076731_19235627.jpg
さすがコンチネンタルと、
ほめて戴ける高性能なスタッドレスタイヤだ。

新田さん、
果敢なレポートをありがとうございました。

埼玉の塙さんからもコメントを戴いた。
愛機のGDBを車庫で入れ替えするだけで、
心がウキウキするほど楽しいそうだ。

その気持ちはよく解る。

毎日体感してるからね。

やっぱり軽いガソリンエンジンは、
ドライバーに走りの魅力を感じさせるなぁ。

今日はそのガソリンエンジンの、
最新型をご覧いただこう。

丁度出やすい場所に並んでいたので、
お客様目線で乗り比べた。



イベントは終わったけど、
正月気分の開店は明日まで続く。

明日は半分のスタッフで営業だ。
気合入れてやるぞ!

それでは泳ぎ初めに行こう。
明日もよろしく。

Commented by hiroron8603180 at 2021-01-04 22:53
こんばんは。
さいたま市の市川です。
明けましておめでとうございます。
少し久々にコメントさせていただきます。
本年もblogと動画から、楽しく勉強させていただきます。
新田様が行かれている松之山温泉の「ひなの宿ちとせ」さんは、私も二回ほど真冬にお邪魔したことがあります。
時間で男女入替えになる露天風呂が気持ちよすぎて、時間を忘れて、ゆっくりしすぎたことや、朝食のかまど飯が美味すぎて、普段は白飯をあまり食べない家内がおかわりしていたことを覚えています。
名湯への足は、ピカピカ新車のアウトバック。
スバルの本領が発揮される雪道、しかも最高のシューズ。素晴らしい相棒を得て、これ以上ない楽しい旅でしょうね。
今日の動画の主役、CB18に主力は交代しましたが、国内最後のFB25もスーッと回る気持ちのよいエンジンです。
新田様が心からうらやましいです。
クルマがつないだ人のご縁、社長様を見ていますと、ご縁に恵まれていらっしゃると思います。
こんな時代だからこそ、それがなにより大切だと、私も学んでおります。
Commented by 新田 at 2021-01-05 10:41 x
代田社長 様
おはようございます。横浜の新田です。
早速、NC6のレポートをブログにご採用いただきありがとうございます。
社長オススメのウインタータイヤは流石欧州で鍛え上げられただけのことはありまして、
国内メーカーしか経験がなかった身としては目から鱗でした。淳さん(社長のご子息様)からも日本向けのNC6はアジア向けに湿雪対応しているので大丈夫とのことでしたのでお話の通りで大丈夫でした。

時速40Km傾斜路カーブ区間侵入時に雪壁ブラインドに隠れて見えない除雪車両がいた為に回避ブレーキングするシーンがありましたが、路面は排雪アイスバーン(気温マイナス3℃時)ABS作動時に車両の姿勢が崩れずに制動距離がイメージより短かったことは驚きでした。横に流れることを想定しましたがこのタイヤのおかげで流れることもなくスムースに停止。そしてアウトバックのABS作動ショックはほとんど無く自然に介入してくれたので従来の作動イメージを覆す出来事でした。路肩は車両高を遥かに超える雪壁(積雪は2m超)でしたので徐行していて良かったと思います。絶対に無理は禁物です。

そして補足です。気温0℃以上の場合において路面はシャーベット状のベタ雪(水分量多)路面積雪5センチから10センチのグサグサ雪ではトレッド溝が浅めの為、トレッド溝の排雪が追いつかない場合があるようです。この場合は速度を十分落とさないと車両姿勢が崩れて横に流れますので注意が必要です。安全速度になればすぐに復帰します。NC6はそい言う意味でとても路面状況を把握しやすいので良いスタッドレスだと感じました。コントロールをドライバーにさせてくれます。路面状況は刻々と変化するのでタイヤと対話しながら雪道を味方にされてください。限界時にはクルマもバックアップしてくれますのでスバル車は心強いですね。くれぐれもご安全に!※あくまでも個人的な感想です。

市川様>
松之山温泉の泉質はとても良いですね。家内がアトピー疾患で悩んでいた矢先に親しい友人から情報をいただき「ひなの宿ちとせ」さんにお世話になっております。あの露天風呂は今、素晴らしい雪景色です。お食事の内容も市川様のおっしゃる通りです。中津スバル新参者ですが今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by b-faction at 2021-01-05 11:52
市川さん、あけましておめでとうございます。ああ、露天風呂と聞いただけで心が弾みます。明日はどこかの温泉に浸かりに行きます。今年も宜しくお願いします。
Commented by b-faction at 2021-01-05 12:00
新田さん、詳しい情報をありがとうございます。ビジュアルなフットプリントも嬉しいです。雪壁が凄くて走りたい衝動に駆られっぱなしです。タイヤはどの点をフォーカスするのかによって、全く違った走りをクルマにもたらします。NC6は敢えて「6」テクノロジーを採用してます。初の「7」テクノロジーを採用したVC7との隙を埋めました。前にある技術に逆行させるのではなく、更に発展させたところが興味深いですね。
Commented by 新田 at 2021-01-05 12:15 x
代田社長様

お役に立てて光栄です。
コンチの公式サイトに「ヤモリが砕けたガラス上を歩くイメージのトレッドパターン設計」という
表現をしている感じがわかる気がします。ユニークな発想が素敵ですね。これから先が楽しみな
メーカーです。あとは未圧雪新雪テスト(水分量多めの新雪)をしたかったのですが今回は積雪が多く雪の壁に阻まれて幹線路のみとなりましたことお許しください。アウトバックが雪だるまになっちゃうほどモリモリの上越豪雪でした。が、おかげさまで無傷で帰還いたしました。
Commented by b-faction at 2021-01-05 17:54
新田さん、十分伝わりました。ありがとうございました。スタックは怖いので「ほどほど」が一番ですね。何よりも心掛けているキーワードです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2021-01-04 22:00 | Comments(6)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction