人気ブログランキング |

RA-Rと諏訪大社


初めて訪れた神社にステキな水場があった。
RA-Rと諏訪大社_f0076731_21325881.jpg
境内にこういう水があると、
潤いのある空気が生まれるな。

澄んだ水は素晴らしい。

RA-Rと諏訪大社_f0076731_00144036.jpeg
今年の「泳ぎ初め」は頑張れた。

体力が漲ってる自覚があった。

驚いたことに、
RA-Rと諏訪大社_f0076731_21163246.jpeg
正月太りではなく、
正月痩せとなった。

発酵食品も効果があった。

RA-Rと諏訪大社_f0076731_00152996.jpeg
中西さんから頂いた、
野沢菜漬けの効果なのか、
デトックス効果が著しい。
RA-Rと諏訪大社_f0076731_00154710.jpeg
ざっくり切った漬物で、
炊き立てのご飯を頬張った。
RA-Rと諏訪大社_f0076731_00160011.jpeg
中西さん、
美味しくいただきました。

ありがとうございます。


RA-Rと諏訪大社_f0076731_00162128.jpeg
年末に上條さんから頂いた、
特別純米酒を封切った。

RA-Rと諏訪大社_f0076731_00163645.jpeg
ピッとした味のお酒だ。

何にも媚びない直線の味。

RA-Rと諏訪大社_f0076731_00165595.jpeg
風味も色も凛としている。

上條さん、
美味しくいただきました。

ありがとうございます。

昨夜の泳ぎも驚いた。
RA-Rと諏訪大社_f0076731_06531559.jpeg
泳ぎ終わると前日に比べ一秒差もなかった。

その後体重計に乗ると、

RA-Rと諏訪大社_f0076731_00171498.jpeg
微増しているが66kgを切っていた。

この調子で頑張るぞ。

晩酌はすんき鍋だ。
RA-Rと諏訪大社_f0076731_00172999.jpeg
開田高原の嶽見旅館で頂いた、
すんきで作ると酸味が効いて味に深みが出る。

この料理には、
藤田さんから頂いた、
RA-Rと諏訪大社_f0076731_00174413.jpeg
関谷醸造のほうらいせんを組み合わせた。

RA-Rと諏訪大社_f0076731_00175705.jpeg
その場でタンクから詰める特別なお酒だ。
RA-Rと諏訪大社_f0076731_00181298.jpeg
こちらを一口含めば、
その甘さと香りに胸がきゅんとなる。

舌触りが良く、
女性に喜ばれる酒だ。

適量を守って、
料理と組み合わせるユニークな酒だ。

食前酒としてカクテルグラスに注いだ方が、
この酒の良さが際立つだろう。

藤田さん、
美味しくいただきました。

ありがとうございます。


RA-Rと諏訪大社_f0076731_00182476.jpeg
早めに眠ってゆっくり起きた。

今日はRA-Rで久しぶりにに遠出した。
RA-Rと諏訪大社_f0076731_21344744.jpg
他に比べて少し地味だけど、
ここには独特の風情がある。

落ち着いてるね。
RA-Rと諏訪大社_f0076731_21345920.jpg
随分と長い道のりだ。

次の社は、
RA-Rと諏訪大社_f0076731_21350688.jpg
門前がにぎやかだ。
出店もあり賑わしい。

独特の雰囲気が楽しいね。
RA-Rと諏訪大社_f0076731_21351320.jpg
人気もありお参りの行列が出来ていた。


次の社も荘厳だ。
RA-Rと諏訪大社_f0076731_21351878.jpg
ちょっと別格の匂いを持つ、
周囲も含めた特別の色合いを見せる。
RA-Rと諏訪大社_f0076731_21352436.jpg
そして最後の社は、
これまた個性ある存在だ。

デンと左右に御柱を配置した、
独特の構えが見事だ。

堪能させていただいた。

こうしたエネルギーは、
おそらくこの名所の地下から湧き出ているのだろう。


それをヒトが敏感に感じ取り、
太古から有効に使い続けてきた。

鼓動を感じる素晴らしいエリアだ。

さあ、
こいつの鼓動も感じて欲しい。


スバルはSTIを本気で自動車メーカーにすべきだ。

その資質が以前からあるが、
完全に使いこなせぬまま「おかぶ」を取られてしまいそうだ。

何を言わんかを、
明日もお楽しみに。

Commented by 中島 光 at 2021-01-09 21:24 x
今年は冬らしい冬になりました。中島光です。 STiの自動車メーカー化は興味深く感じました。WRCを戦っていない現在、BMW M社のようではなく、アルピナやRUFのように製造販売が出来れば、本当の意味でのコンプリートモデルが実現するでしょうね!。それを望んでいるファンも多いと思います。・・・さて、この冬は私の住む山形地域も豪雪で、必然的に雪上ドライブを楽しんでおります。個人的に雪上では舵角最小にて、スロットルコントロールでコーナーリングする様努めています。今回の動画後編で、舵角を与えず”ガスコントロール”での車線変更をされている場面は、符号するものを感じました。(本領が発揮できるのはMTかMモード付でしょうね!)興味深い動画ありがとうございました。
Commented by b-faction at 2021-01-10 11:56
中島 光さん、こんにちは。今朝もサラサラ雪が積もりエンジンぶるわーで吹き飛ばしました。この程度で済んでるのでまだ楽です。本当に冬らしくなりましたね。完全なATモードでもガスコントロールは可能で、むしろシフトダウンのような大きな荷重変化を与えることは厳禁です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2021-01-06 22:00 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction