人気ブログランキング |

美味しい有明の海苔と帆立貝

大牟田市の堺さんから戴いた、
美味しい有明の海苔と帆立貝_f0076731_20233151.jpg
初摘み海苔はとても美味しい。


薫り高く朗らかで、

尚且つヒラリと可憐で唇に優しい。

本当に心地よい海苔の重なり具合なのだ。

厚くてパリッとしたのも美味しいが、
食いちぎるのに力がいる。

この初摘みの焼き海苔は、
絶妙に唇へタッチする。
美味しい有明の海苔と帆立貝_f0076731_20234821.jpg
ハラリと上品で艶っぽいのだ。

もう一つ驚きがあった。

500円程度の金額なので、
炙って食べようなどと舐めていた。


ところが、
このホタテガイの美味しいことと言ったら、
美味しい有明の海苔と帆立貝_f0076731_20233786.jpg
期待以上どころの騒ぎではなく、

ハラリとした上品な襦袢に、
もろ肌のもち肌の、
素晴らしい大和撫子が包まれた味わいだから、
それはもう大騒ぎだ。
美味しい有明の海苔と帆立貝_f0076731_20234319.jpg
堺さん、
美味しくいただきました。
北の味と南の味の超絶なシンクロは、
最近稀に見る感動をもたらした。

ありがとうございます。

スーパーにとても良い鮮魚の食材が揃うので、
刺身好きには幸福な夜となった。

朝礼で展示部品の安全策を進めているので、
普段目の届かないところに眼が向く。

照明器具の玉切れを見つけたので、
LEDランプに交換した。

事前に器具を掃除すると、
前面カバーが黄ばんでいた。

蛍光ランプで焼けるなんて不自然だ。
疑問に感じていたら、
友人に「それはヘッドランプと同じだよ」と教えられた。
美味しい有明の海苔と帆立貝_f0076731_20235784.jpg
全体に黄ばんでいるように見えるが、
設置された場所は、
SAB(SUBARU ALCYONE BASE)の一番奥なので、
美味しい有明の海苔と帆立貝_f0076731_19510021.jpg
その環境自体は決して悪くない。

いつ灯具が切れたのか定かではないが、
設置してから10年以上経過しているので、
それはやむを得ないだろう。

ただ、
たいして熱を持たない蛍光灯なのに、
何故焼け焦げたようになったのか。
これはとても不思議だった。

蛍光灯の出す紫外線が影響したのだろうか。

ヘッドライトクリーナーで磨いて、
もし黄ばみが取れたらめっけもんだ。

明日実験してみよう。

問題はもう一つあった。

念のために蛍光管を代替LEDランプに交換し、
SABに持っていく前に点灯テストした。

B-factionにも同じライティングレールがある。
まずそこで灯具にLED電球をつけて、
レールにセットした。

すると、
悪い予感が的中した。

ランプはまずチカチカチカと4~5回点滅した。

次に点きっ放しになった。

ヤレヤレと思ったら、
10秒5~6秒でプツンと消えた。

接触でも悪いのかなと思い、
もう一度レールに付け直した。

やはり同じことが起きる。

三回繰り返して、
器具の危険性を感じたので、
それ以上続けることを止めた。

何かこの灯具に反応しない理由があるのか、
その辺りが改善できず困っている。

製造元にメールすると、
早速返事が返ってきた。
ここは親切な会社だ。
「早速ですが、お問合せの件につきましてご返答いたします。
【ASN640034】は、蛍光灯インバータ方式の器具ですので、
取付されたLEDランプとの組み合わせにより、不具合が
起きているものと考えられます」

この光源に対応するLEDランプは存在しないのか。

詳しい方がおられたら、
教えていただけると嬉しい。

さあ、
本格的に寒くなったが、
ここでくじけては男が廃る。

今夜も泳ぐぞ。

ちなみに、
昨夜のタイムはガタガタだった。

掃除でエネルギーを使ったからかなぁ。

やっぱりね。
美味しい有明の海苔と帆立貝_f0076731_21304484.jpg
体重は少し軽くなり、
65.5kgと同じレベルで推移した。

明日は各地から、
続々とお客様が来訪される。

元気良くお迎えするために、
さあ、
おもいっきり泳ぐぞ。

それでは皆さん、
また明日。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2021-01-08 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction