人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」

「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17295669.jpg
新田さんから戴いた、
新潟のお酒を封切った。

「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17300242.jpg
冷蔵庫から出してデキャンターに注ぎ、
「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17300881.jpg
旨味と香りと艶を楽しんだ。

これは一言で表現すると、
上手いスキーヤーがウエーデルンで、
ゲレンデを滑り降りる味だ。

淡麗??
「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17301425.jpg
そうか。
酒造好適米の事なんだ。
越淡麗という名の米を使っている。

立派な事に麹米も掛米も全て100%それを使い、
精米歩合を50%まで引き上げて、
「袋しぼり」なる技を使ったと見せる。

加水され飲みやすく調整されているし、
アルコール添加でキレもあるが、
決して淡麗ではなく旨味もあり良い酒だ。

「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17302073.jpg
この酒にはシャンパングラスが合う。

但し気になるのは、
袈裟の様に貼られた「袋しぼり」のラベルだ。

「袋しぼり」とは何だろう。

「袋吊り」ならわかる。
全く加圧せずに袋から垂らす贅沢な酒だ。
最初に出るのが「あらばしり」で、
次に出る「なかぐみ」の旨さは格別だが、
その味は数度味わったことがあるだけだ。

そして加圧して絞り出す「責め」で、
無駄なく醪から酒を採取する。

袋しぼりとは何か?
「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17303300.jpg
改めてグラスで飲むと美味しい。

なのだが、
ここで一つ物足りないのが重量感だ。

つまり、
お品書きの割に何かが足りない。

一つ疑問に思うのは、
先日の米袋の酒と同じように、
パッケージと中身の質に乖離感があることだ。

やはり最も大きな問題は、
「袋しぼり」のラベルだろう。

確かに袋に入れてはあるが、
それは「槽(ふね)しぼり」と呼ばれる製法で、
重力では無く加圧して絞る製造工程を持つ。
「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17303977.jpg
こういう所にも、
フードコーディネーターの影がちらつく。

これを見ると「越淡麗」は、
確かにブランド米のようで、
麹米も掛米にも100%使用し、
しかも吟醸レベルに米を磨いてスペックは凄い。

全て機械絞りで造る酒より、
槽しぼりの方が手間がかかるが、
袋吊りを連想させるグレーゾーンの表記は、
まさに自動車業界の未使用車専門店のようだ。

またクルマと一緒で、
スペックは凄いが乗るとどうなのか・・・。

それは言わずもがなだ。

例えば全て越淡麗を使わず、
掛米に安価な酒造好適米を使用したら、
味がかなり変わり美味しくないのか。

この辺に酒蔵の選び方が潜む。

まずスペックを見る時に、
吟醸の言葉に惹かれがちだが、
特に吟醸である必要はない。

むしろ磨かなくても安全な、
農薬をあまり使わず作ったコメが良い。

誰が作ったのか、
その人柄が解る酒米を使い、
しっかりした純米酒を作る方が嬉しい。

醸造用のアルコールを添加することは、
決して悪い事では無いのだが、
日本酒好きにとっては野暮でもある。

生である事がまず基本だが、
これは最も大きなハードルだ。

デリケートな日本酒だと流通コストがかさむ。
だから火入れしないと怖くて売れない。

別に酒米は良いコメであれば、
ブランド米に拘らない。

麹米と一部の掛米はブランド米を使っても、
その割合が何パーセントなのか正直に書く方が良い。

その方が、
結果的にその酒蔵の実力を、
客に知らしめる事になる。

もちろん飲んで旨ければの話だけどね。

「凄い実力」を発揮して造った酒だと、
きっと惚れこんでしまうだろう。

本醸造より純米
濾過より無濾過
火入れより生
加水調整酒より原酒

但し原酒はガツンと来るので、
スコッチをストレートで飲むときのように、
追い水(チェイサー)が欠かせない。

突然「くるくるぱぁ」になったり、
腰が立たなくなったりするから気を付けよう。

そして大事なことだが、
機械で絞ったってかまわない。

ちゃんと絞れば安くて旨い酒ができる。

結果的にハイスペックな本物の酒が、
時々2500円ぐらいで売られるので、
地域にある酒蔵と親しく付き合い、
絶対に見逃さないように気を付けて欲しい。

純米酒を作り続けることは難しいが、
それを続けた蔵もある。

それを選ぶことが、
結局舌を肥やす事に繋がる。

新潟の米山さんに頂いた、
「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17304890.jpg
柿の種を封切った。

柿の種と言うとピーナッツだが、
それは後発の会社のアイディアらしい。

せんべいを作る過程で偶然できたと言うのが、
「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17305489.jpg
今回米山さんから頂いた柿の種で分かった。

新潟にあるのになぜ浪花屋なのか。
「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17310027.jpg
それは「うるち米」ではなく「もち米」を使って、
せんべいを作ると教えてくれた浪速の青年を、
この創業者がリスペクトしたからだ。

米どころの新潟は、
本当に奥が深い。

酒の作り方は複雑で、
まだまだ知らないことばかりだが、
「生酛づくり」には憧れる。

何しろ工業酵母ではなく、
その蔵に住み着く酵母を取り込む伝統の手法だ。

「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17310557.jpg

工房や倉庫にもそのような酵母が居る。
やはり掃除して、
快適に維持しないと福が来なくなる。

球切れに気が付かないほど、
ちょっと目を離してしまった。

早速ランプを交換し、
元の場所に戻そうと試みた。
「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17311178.jpg
アルシオーネのバンパーが吊るされているが、
エンジンフードはラックに立て掛けられている。

これも壁に吊る方が趣があるので、
「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17311767.jpg
ラックから降ろしたが、
当時の部品はとてつもなく重い。

トランクリッドも立てかけてあった。

ランプ交換する時に邪魔だったので、
動かそうとしたら、
「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17312319.jpg
「こんなもったいない置き方しないでよ」と、
トランクリッドから声が聞こえた。

そこで北原課長の手を借り、
「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17312925.jpg
まずエンジンフードを壁面に飾った。

並行してマフラーの結束補助が進む。
「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17313551.jpg
スバル車の様々なマフラーが並ぶ様子は、
いくら見ていても飽きない。

身軽な課長は梁に登り、
「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17320761.jpg
空間創造を始めた。
R2の上質なインパネがあるにもかかわらず、
埃だらけになっていると嘆いた。
「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17321575.jpg
そこでインパネを一旦降ろし、
綺麗に拭いてほこりを取り除いた。

「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17322134.jpg
ここはフロアマットの在庫を吊るために用意したが、
トランクリッドを飾ることができそうだと、
三人で力を合わせて作業が進んだ。

「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17322817.jpg
アルシオーネだけでなく、
貴重なGC8のトランクリッドに加え、
BRZのトランクリッドもあったので、
クーペシリーズのコレクションが出来上がった。

まず樹脂帯結束で固定し、
「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17323489.jpg
安全性を高めるためにワイヤーで固定した。

逆光線で見難いが、
「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17324474.jpg
左からBRZ、GC8、AX7と、
三つのリッドが仲良く並んだ。

こうして着実に進むが、
「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17325203.jpg
どうしても難題があった。

天井のバトンは簡単に降ろせない。

もう一つ失敗した。
「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17330057.jpg
せっかくLEDに交換した照明器具を、
「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17330735.jpg
元の場所に戻したが、

「純米無濾過生原酒の重要性」と「レガシィとWRXの販売終了」_f0076731_17331343.jpg
こちらのスポットライトをレールに戻す時、
スイッチを切らずに取り付けようとして、
ショートさせてしまったのだ。

これは大失敗だった。
また吊ったアルシオーネのホワイトボディを照らす灯具も、
玉切れしていることが判明した。

その事もあり全体の声として、
翌日一斉に掃除しましょうと提案があった。

これは実に嬉しかった。

そこで早速机上でプランニングした。

翌日の月に二度ある掃除の日に、
本格的に取り組むプランだ。

それは明日のブログで紹介したい。
様々なクルマで溢れかえるが、
モノには収まるべき場所があり、
それが上手くいくと嬉しくて仕方がない。

新車も同じだ。

スバルの工場も良い酒蔵のように、
古くからの伝統に燻蒸されている。

ただ良いクルマを生産しようと努力しても、
酒米が入手できなくなってしまった。

その結果、
15日と16日の二日間、
操業を停止する羽目になった。

このコビッド19による混乱と、
旭化成の工場火災が暗い影を忍ばせる。

負けずに頑張ろう。
スバルには乗りたいクルマが山ほどある。


そんな中、
残り一週間でWRXとレガシィが日本から姿を消す。


後で「しまった」と思わないよう、
買う気のある人はお早めにスバルへ行こう。

純米無濾過の生原酒を捨てさせ、
醸造用アルコールに香料で味付けした酒を売らせるような、
そんな政府のミスリードや、
頑なな行政に効く薬が何かないものか。

嘆かわしいね。

Commented by 篠 紀雄 at 2021-01-18 22:21 x
代田社長様
こんばんは
静岡県の篠です。
23日御岳スノーランドに走りに行きます。
何もトラブルが起きなければ次の日24日にお邪魔したいと考えています。
よろしくお願いします。
Commented by 新田 at 2021-01-19 07:43 x
代田社長 様

おはようございます。横浜の新田です。
早速、松乃井さんのお酒をお試しいただき嬉しいです。

昨年の夏に初めて蔵元へ伺い、大女将と社員さんのお人柄や蔵元の雰囲気に癒されて以来新潟からの帰路途中で立ち寄るようになりました。代田社長のように日本酒への造詣が深ければもっと楽しめるかと思うのですが、これからゆっくり精進してみたいと思います。

さて、現行WRXとレガシィが国内販売の最終期限が迫っておりますね。新型の噂が噂で終わらないように祈るばかりですが、昨年決心してからあっという間に我が家にやって来たBS9を大切に走らせようと思います。慣らしが終わってどんな走りを見せてくれるかとても楽しみです。駐車中の佇まいが良いので過去のシリーズへの想いを馳せながら毎日を過ごさせていただいております。感謝。
Commented by b-faction at 2021-01-19 12:40
篠さん、こんにちは。24日にお待ちしてます。水曜日に入り口まで行きましたが良い感じでした。楽しめそうですね。
Commented by hiroron8603180 at 2021-01-19 18:56
こんばんは。
さいたま市の市川です。
国内のレガシィ、"いったん"一区切り。
私もユーザーのひとりとして、"いったん"だと信じています。

レガシィ…あらためて素晴らしくカッコよくて、しっくりくる車名です。

社長様が以前おっしゃっていた
「国内でレガシィをやめるなんて、スバルはそんな馬鹿なことはしないはず」
というお言葉に、私も100%同意です。

新田様がおっしゃっていることも、私もすごくよく分かります。
私は、レガシィは2代目、3代目、5代目と乗り継いできました。
名車と呼ぶ方も多い4代目に乗っていないのが、私の車歴の妙な特徴であります(汗)
その時々の自分や家族の思い出と共にある我が家の歴代レガシィ。
過去25年、レガシィしか知らない私には、
今回の"いったん"は悲報ですらあります。
必ず次があると信じましょう。
Commented by 米山有太 at 2021-01-19 21:52 x
代田社長様
 新潟の米山です。浪花屋の柿の種のお味はいかがだったでしょうか?新潟の柿の種は県内にも有名企業のものも含め何社かありますが、元祖の浪花屋のブレないシンプルな味が私は好きです。新潟県は米菓製造企業が多くあり長岡市や小千谷(おぢや)市などが属する中越地方は特に米菓の製造が盛んで私はこの地域の米菓をよくスーパーなどで購入します。
 レガシイが国内販売が終了ということですが、大学生時代の仲間がその当時グランドワゴンに乗っていてその走破性の高さに感激した記憶があります。社会人になってからスバル車で一番好きだった4代目レガシイが欲しかったのですがその当時は金銭的に無理だったので諦めたということを思い出しました。工房を見学させて頂いたときにS402があった時は嬉しかったです。

 
 
Commented by b-faction at 2021-01-21 10:01
米山さん、おはようございます。元祖の味は違いますね。とてもシンプルで、かつ本質的な美味しさを十分感じました。ありがとうございました。
Commented by 中西 at 2021-01-21 21:56 x
代田社長さま
名古屋の中西です。
先日宣言いたしましたとおり、最終型アウトバックを試乗してきました。レヴォーグのシャシー性能の素晴らしさにおどろき、新作アウトバックを狙いを定めることしにました。新作が売られなくなったら、その時はその時ですね。
Commented by b-faction at 2021-01-22 11:50
中西さん、こんにちは。インナーフレーム構造はボディコンの昇華した姿です。これからもお楽しみに。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2021-01-18 21:55 | Comments(8)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31