人気ブログランキング | 話題のタグを見る

堅牢性の大切さ

梅は堅牢だ。
腐って死にかけたような幹から、
新たな幹が伸びる。
堅牢性の大切さ_f0076731_20093961.jpg
望桜荘の白梅が綺麗に咲いた。

奥にある紅梅に目をやると、
堅牢性の大切さ_f0076731_20095087.jpg
こちらも綺麗に咲いていた。

けれど相変わらず花の量が少ない。
堅牢性の大切さ_f0076731_20095692.jpg
曇り空の下、
一日が始まった。

堅牢性の大切さ_f0076731_20100190.jpg
昨夜は「レヴォーグのお勉強」に息子が付き合って、
帰宅したのは夜中の10時40分頃だと言う。

以前から、
そう既にSVXの頃から、
暗電流の消費増加は常識になっていた。

最新型のレヴォーグでは、
そのマネージメント全体を後から書き換えられる。

今回のケースでは電源が完全に切り終わらない状況が生まれるので、
その可能性を根絶させるプログラムに書き換えた。

最近は以前のようにリコールに対する過激な拒否反応は減ったが、
昭和の時代のステレオタイプは根強いようだ。

そんな頭を切り替えないと、
難しい言葉に騙されやすくなる。
だから注意しよう。

最近よく言う「DX」など、
まさに経営コンサルタント業には格好の素材だろう。

ステレオタイプから逃れられない人間は、
デジタルトランスフォーメーションと聞いただけで、
眼がクルクルと回るはずだ。

しかも「DX」などとこじつけて、
まるでこれを知らないと時流に乗り遅れると焚きつける。

トランスフォーマーと言う玩具があった。
クルマに変形するロボットは、
インプレッサSTIでも用意された。

知っている人も多いだろう。

変異することを指す言葉だが、
簡単なことを横文字にして難しそうに表現する。

新しいレヴォーグもまさにDXの賜物だ。

かつては最も苦手なはずの分野を、
他社に先駆けて、
スバルはいち早く具現化した。

その努力は素晴らしい。

トランスフォーメーションは重要だ。
当社も様々な事態を想定することで、
リコールウエルカムの態勢に整えた。

昨年の暮れには、
オフィスコンピューターの全面刷新を経て、
新型レヴォーグのデジタル機能刷新を体感し、
SSMⅢ専用ラップトップを最新型に切り替えた。

昨年末12月21日の午後、
ツクモ法人営業所の松岡さんに連絡した。

その当時、
バーサプロを使用していた。
だが速度が落ちバージョンアップに限界が見えた。

そこでより堅牢性の高いラップトップを打診した。

スバルのSSMⅢは高い能力をラップトップに求めないので、
システム要件を満たす機種をいくつかの中から選んだ。

一番大切なことは携帯性もさることながら、
今後の車載性能を考慮し、
バッテリーを長時間使えるようにしたい。

それと落としても壊れない堅牢性だ。

そうなるとレッツノートがやはり一番だ。

14インチ型
バッテリー13時間
intel Core i5
8GBメモリー
256GB SSD
DVDドライブあり
OFFICE搭載

これらの要件を満たすCF-LV8KDGQRを導入した。
高い堅牢性を持ちSSDによる高速起動が魅力だ。

ただし難点もある。
価格が高い。
堅牢性の大切さ_f0076731_20100653.jpg
だが既にSSMⅢもSSM4にバージョンアップして、
要求性能も上がっていた。

結果オーライだった。
ケチらずに良いラップトップを導入したので、
今回のような大掛かりな読み込みにもスムーズな対応ができた。

工房で静かにレヴォーグがデータを読み込む姿は、
まるで出来の良い生徒が、
一生懸命教科書を読む姿のようだった。

これも立派なDXだ。

あれは経営コンサルタントが、
ゴタクを並べる程のコトでは無い。

お勉強中のレヴォーグを息子に託し、
夜の高速に飛び乗った。

岳野さんにお預かりしたSVXの、
機能回復評価を北原係長に委託された。

お待たせしました、
岳野さん。
良いクルマに蘇った。
この気持ちの良い走りは、
実に例え方が難しい。

ブレーキのストロークが大きいが、
効かないわけでは無く、
多分オーナーの趣味からだ。
堅牢性の大切さ_f0076731_20101263.jpg
テストは順調に終わり、
一夜明けてからSVXを観察した。
堅牢性の大切さ_f0076731_20101876.jpg
OZのステキなホイールの奥に、
ディスクパッドが見えている。
堅牢性の大切さ_f0076731_20102595.jpg
恐らくローターへの攻撃性を抑えた、
ダストの出ないパッドではなかろうか。

ペタルストロークが長いけど、
そのジョワンとした感じ方に、
オンナの姿が浮かぶ。

セクシーなブレーキフィーリングだ。

良いオンナとデートしているような、
とっても素敵な夜だった。

SVXと走ると色艶を感じる。
その点では過去最高のスバルだ。

オトコを狂わせる魅力を持つ。

工房に入ると、
お勉強を終えたレヴォーグが社員の出勤を待っていた。
堅牢性の大切さ_f0076731_20103033.jpg
ニコニコ笑いながら。
可愛いヤツだ。
堅牢性の大切さ_f0076731_20103516.jpg
だから気を緩めずヒトも勉強を続けよう。

毎日確実なロープレを続け、
知識に厚みを付けると同時に、
会話スキルの平均値を引き上げる。

自分に甘くロープレを舐める奴が居る。

その意味は、
シナリオを自分で更新せず、
スクリプトを「やってもらう」事に、
まるで恥ずかしさを覚えないことだ。

そういうことを見逃すと、
書くことの重要性を忘れ、
森元総理のような失言癖に結び付く。

つまり堅牢性を失うのだ。

堅牢性に乏しいと魅力も下がる。

どんな素晴らしいヒトでも、
マスコミの言葉の切り貼りに掛かったら酷い目にあう。

有名税だから仕方がない。
とは言え、
「間凄味」と言いたくなるような輩も多い。

まず自分で書くことを重視し、
それを忠実なビニエットにすると、
絶対に人間力が高まるはずだ。

昨日は悪天候かと思いきや、
抜群の天気だった。

このお土産には素晴らしい配慮を感じた。
堅牢性の大切さ_f0076731_20104146.jpg
雨を想定したのだろう。

ビニール袋で養生されている。
堅牢性の大切さ_f0076731_20104871.jpg
名古屋から武山さんが来訪され、
愛機VABの半年点検を承った。

併せてシャシーをスチーム洗浄し、
冬の疲れを洗い流した。

息子さんとビニエットを楽しんだ。

将来は特殊重機のオペレーターを目指し、
蓄財してベンチャーを立ち上げたら、
大型重機に囲まれて暮らす野望を持っていた。

凄い!

夢ではなく野望だよ。
頑張って欲しい。
堅牢性の大切さ_f0076731_20105355.jpg
板角のゆかりを頂戴した。
ピシッとした袋に、
堅牢性の大切さ_f0076731_20105969.jpg
丁寧な包装紙が掛けられ、
堅牢性の大切さ_f0076731_20110409.jpg
いつもと違う箱に詰められた、
堅牢性の大切さ_f0076731_20111126.jpg
初めて見る板角のゆかりだ。

武山さん、
ありがとうございました。

食べるのが楽しみです。

今日はBR9型レガシィの基礎性能を振り返った。

このクルマの長所は有り余るほどある。


DXとは程遠いクルマだが、
その堅牢性には定評があり、
長く付き合うに相応しい相棒だ。

今夜もロードテストが待っている。
柳さんのアウトバックが完成し、
最終チェックを依頼された。

明日は早朝から会議なので、
時間を有効に使おう。

それでは、
また明日。

名前
URL
削除用パスワード
by b-faction | 2021-03-07 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction