人気ブログランキング | 話題のタグを見る

街道筋

新潟市の村山さんに戴いた、
街道筋_f0076731_12454397.jpg
浪花の名が付く柿の種。

街道筋_f0076731_12454879.jpg
やっぱり本家の味は違うね。
新潟産のもち米だけを使用し、
大粒も選べる美味しいあられだ。

村山さん、
ありがとうございます。

見ただけでほっとする、
伝統の美味しいお菓子だ。

昨日の掃除で床を洗い流している時に、
奇妙なタンクローリーが眼前に現れた。

嫌な感じだ。

こんな大柄で追い越し車線を走るトレーラーに、
ロクなクルマはいやしない。
街道筋_f0076731_12455459.jpg
最近は日本人の常識が通用しない、
大陸系の会社も多い。

奇妙な感じがしたのは、
ナンバーや車体色、
それに道路の使い方など、
どれをとっても「普通」じゃないからだ。

何か積まれているのかわからないのも怖い。
TRBUと記されているのは、
難燃性のポリウレタンで作られていると意味するのだろうか。

とにかく皆目見当がつかないけれど、
街道筋_f0076731_12460069.jpg
何か良くない雰囲気を満載したトラクターは、
この果てにある県を示していた。

高速道路を走れない理由もあるのだろう。

ナンバーは、
スバルが大好きなぞろ目を一番手下回る、
味方によっては凶とも吉とも取れる不可思議な選択だ。

街道筋には様々な幸や不幸が去来する。

思わぬものを見てしまった。


中山道街道筋には、
かつて陶器を専門とする職人が住んでいた。

中日新聞中津川通信局長の、
福本記者がまとめた記事は文化的価値が大きい。
街道筋_f0076731_12460750.jpg
小学校の授業で、
素焼きを教わった。

何しろ運動場の法面から、
掘ればいくらでも粘土が出たからね。

当時はゴム粘土を使う授業があったけれど、
こいつは臭いし手を洗うのが厄介で、
少しも好きな体験では無かった。

ホンモノの粘土なら良いかというと、
陶土を練るのも厄介な事だった。

不純物が混じるし、
水分量が難しく、
焼き物の材料にするまでの工程が嫌いだった。

自然界の粘土は害は無いが、
手に付いた粘土はいつまでもぬるぬるして、
洗ってっも洗っても手から取れない気がした。

今なら面白くて夢中になるだろうが、
小学校の頃は体験授業が嫌で嫌でたまらなかった。

つまり、
やらされるのが嫌いだったのだろう。

上手におだてて促すと、
すぐ頭に乗って調子づくのに、
惜しかったな。

そういう教師に出会えたのは、
5年生になった時だった。

文章書くのが嫌いだったけど、
生活ノートを書けと言われたのが、
大きな転換期だった気がする。

そんな坂本小学校から中学校を経て、
恵那高校に入学する訳だが、
その大先輩が篠原郁郎さんだ。

街道筋_f0076731_12461459.jpg
この辺りにあった登り窯について、
詳しい文献等見たことが無かったから、
中日新聞の特集記事はとてもためになった。

何しろ古代の遺跡の上に会社が有るので、
未だに雨の後は須恵器の破片が転がり出る。

街道筋_f0076731_13124999.jpg
この土器の破片も、
下の画像の迄の向こう側で、
草取りしてるときに拾ったんだ。

この辺りは昔から、
土器の破片が至る所で見つかり、
特に珍しくはなかった。

弥生の時代から続いていたのだろう。

街道筋_f0076731_12462626.jpg
真っ黒なアウトバックは貴重だ。

街道筋_f0076731_12463178.jpg
今月のかわら版に載せたので、
クリーンアップを進めた。


街道筋_f0076731_12463720.jpg
朝礼の後に、
段取りの終わった社員が徐々に集まると、
本格的に磨く作業が始まった。

素性の良いクルマだったので、
街道筋_f0076731_12464552.jpg
頑張って連れ帰ったのだ。

素性はホイールにも表れる。
街道筋_f0076731_12465146.jpg
左前輪にはほとんど傷が無く、

街道筋_f0076731_12465635.jpg
左後輪に三か所齧った小さな痕があるだけだ。

街道筋_f0076731_12470567.jpg
右の後輪も傷が無く、

街道筋_f0076731_12471172.jpg
ぐるりと回った最後の右前輪も綺麗だった。

街道筋_f0076731_12471672.jpg
内装は分解したけど、
驚くほどキレイだった。

街道筋_f0076731_12495598.jpg
ピッカピカにして、
展示場に並べた。

そしたら昨日、
展示場の掃除をほぼ終えて、
クルマの並べ替えをしている時に、
山岡町のお得意様が来訪された。

「社長はいつも良いクルマを紹介して売れるので有り難い」と、
嬉しそうな笑顔を浮かべながら、
このクルマの所にまっしぐらだ。

やっぱり、
皆さん見てくれてるんだな。

後藤さん、
ありがとうございました。

良い主の下に行けて、
このクルマは幸せです。


名前
URL
削除用パスワード
by b-faction | 2021-04-06 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction