人気ブログランキング | 話題のタグを見る

とってもステキな春を生きる

今年の食い納めになりそうだ。
とってもステキな春を生きる_f0076731_19461341.jpg
「中津スバル山菜園」で収穫したタラの芽は、
どうもこれで今年最後になりそうだ。

寒のぶり返しがあり、
頭を出した芽が萎びたようになっちゃった。

来年に備え、
採るのはもうこれくらいにしておこう。
とってもステキな春を生きる_f0076731_19535545.jpg
昨日の朝は納車式に備え、
桜井さんにお買い上げいただいたサンバーに、
精魂込めてポリマーコートを掛けた。

二班に分かれて作業を進め、
その隣で三浦さんのインプレッサSPORTに、
グラスコートを掛ける作業が進んだ。

とってもステキな春を生きる_f0076731_19540313.jpg
サンバーのポリマーコートを担当し、
とってもステキな春を生きる_f0076731_19540971.jpg
キャビンのドア側を徹底的に磨いた。

とってもステキな春を生きる_f0076731_19541503.jpg
荷台のあおりの内側まで、
スクラッチクリーナーで磨き上げ、
その上にポリマーコートを掛ける。
とってもステキな春を生きる_f0076731_19542117.jpg
中古車にはこちらの方が相応しく、
艶々なボディに仕上がるんだ。

ロイヤル車検にも施す、
中津スバルの人気メニューだ。

とってもステキな春を生きる_f0076731_20000858.jpg
この部分まで磨くことが重要で、
手の届くところを奇麗に磨き上げる。

日曜日も多くのお客様がいらっしゃった。

東京から奥出さんがホイールの取り付けに来訪された。
とってもステキな春を生きる_f0076731_18512427.jpg
エンケイのPF01を用意して、
サマータイヤに軽い素敵なホイールを組み合わせた。


とってもステキな春を生きる_f0076731_18513272.jpg
マットブラックが素敵だ。
コスパが良いホイールを、
季節に合わせて履き替えた。

シャシーもスキがない。
STIのパーツをしっかりと組み込んだ。

ただし、
外観は素のままだ。

当社のRA-Rのように、
羊を装う「品」の良いカスタマイズを続ける。

とってもステキな春を生きる_f0076731_18513996.jpg
ステキなお土産を戴いた。
とってもステキな春を生きる_f0076731_18515216.jpg
銀座の名がつく煎餅だ。

うーん旨そうだ。
とってもステキな春を生きる_f0076731_18520303.jpg
皆でいただくのが楽しみだ。

ありがとうございます。

青森から櫻田さんが見学に来られた。

とってもステキな春を生きる_f0076731_19431126.jpg
これで二度目の来訪になり、
ゆっくりと展示車をご覧になられた。
とってもステキな春を生きる_f0076731_19431913.jpg
ステキなジュースを戴いた。

早速冷やして、
掃除の日の休憩で頂こう。

ありがとうございます。

この土日には、
リコールとサービスキャンペーンも一気に入った。
とってもステキな春を生きる_f0076731_18522565.jpg
この時間帯はほぼ同時に作業が入り、
整備士は大忙しで作業を進めた。

サンバーをリフトアップして、
とってもステキな春を生きる_f0076731_18523325.jpg
仮想空間で作業を進める。

一つ間違うと危険が伴うので、
グループワークで客観的に見ることも大事だ。

エアコンコンデンサーの交換も、
新兵器を効果的に使えば品質の高い作業ができる。

とってもステキな春を生きる_f0076731_18524389.jpg
冷媒を回収し純度を上げて充填するので、
とってもステキな春を生きる_f0076731_18525019.jpg
フォレスターはエアコンをリフレッシュされて、
オーナーの下に帰ってゆく。
とってもステキな春を生きる_f0076731_18525795.jpg
お客様にとっても、
リコールウエルカムの環境を整え、
時代の変化に対応させる。
とってもステキな春を生きる_f0076731_18530491.jpg
脱炭素と言うまやかしで、
経済が活性化する「見本」そのものだが、
それを逆転の発想で予防に結び付けるのも、
スバルを担うものとして重要な役割なのだ。

高価なガスに徐々に転換する中で、
大きな効果のある作業を同時に提案できる。

その隣では、
アイサイトのリプログラムが始まった。
とってもステキな春を生きる_f0076731_18531028.jpg
リコールを織り込み自動車を開発する時代だ。

特にスバルは数年前の教訓として、
疑わしきを可能な限り公開すると約束した。

それに同意できる体制を構築し、
更にその上を走るのが中津スバルの意義でもある。

東京から薬師寺さんがロイヤル車検に来訪された。
とってもステキな春を生きる_f0076731_20002037.jpg
高速バスでお帰りになられた後、
まず下回りの高温洗浄から作業が始まった。

普段都会で使われ、
とても大事にされているクルマだが、
スチーム洗浄の必要が多々ある。
とってもステキな春を生きる_f0076731_20003120.jpg
このクルマも予感が当たった。

その春の転勤で東京大阪を往復された時、
どこかで融雪剤の影響を受けていた。

とってもステキな春を生きる_f0076731_20004661.jpg
一派的な他のレガシィに比べたら、
驚くほどキレイだが、
とってもステキな春を生きる_f0076731_20005309.jpg
白い液体が乾いた痕跡がある。

とってもステキな春を生きる_f0076731_20011078.jpg
タイロッドを確認すると、
塩のような付着物が確認できた。
とってもステキな春を生きる_f0076731_20012702.jpg
指で触ると柔らかい。

とってもステキな春を生きる_f0076731_20013609.jpg
塩だな。

とってもステキな春を生きる_f0076731_20014387.jpg
タイミングチェーンカバーも汚れている。

とってもステキな春を生きる_f0076731_20015353.jpg
後部から徐々にスチームをかけ始めた。

立ち去ろうとしたとき、
何かがボロッと落ちてきた。
とってもステキな春を生きる_f0076731_20020101.jpg
何の破片かわからないが、
ウレタンフォームのようにも見える。

とってもステキな春を生きる_f0076731_20020923.jpg
車体に使われてる部品じゃない。

こんなこともあるので、
シャシー洗浄は大切なんだ。

労力と設備に対して、
実にバリューな作業を提供している。

簡単なようだけど、
これもスバルを担う重要な仕事だ。

「不朽」とある。
とってもステキな春を生きる_f0076731_18541440.jpg
完全に当社を良く知る人物だ。
立ち合いから鋭い切っ先を見せてきた(笑)

とってもステキな春を生きる_f0076731_18535650.jpg
名古屋を知り尽くした、
味の解る男だ。

4月から岐阜スバルの新社長に就任された、
森島広良さんが来訪された。
とってもステキな春を生きる_f0076731_18540321.jpg
名古屋スバルのプロパーなので、
今後の活躍が大いに期待できる。

岐阜スバルはもともと名古屋スバルの岐阜支店だった。

なので、
子供の頃はよく父に連れられて、
名古屋スバルを訪れたものだ。

何しろ岐阜より名古屋の方が近い土地柄なので、
名古屋はとても身近な存在だった。

サービスの杉山さんには良くからかわれた。

このまま名古屋に置いて行っても、
よく似てるから間違いなく誰かが中津まで届けてくれると、
子供が震え上がるようなジョークを飛ばされた。

その杉山さんの息子が、
いまは株式会社SUBARUの重臣だから、
名古屋のポテンシャルは非常に高い。

その名古屋で活躍された森島さんが、
岐阜プロパーの社長を引き継ぐ。

とってもステキな春を生きる_f0076731_18540933.jpg
この「不朽」と書かれた最中は、
驚くほど香ばしくて美味しかった。
とってもステキな春を生きる_f0076731_18542022.jpg
まさに生菓子の執念を感じる、
とても美味しい最中だ。
とってもステキな春を生きる_f0076731_18542606.jpg
森島さん、
ありがとうございました。
またゆっくりお出かけください。

そして水曜日に向けて、
次の課題が動き出した。

とってもステキな春を生きる_f0076731_20045968.jpg
既に一度、
YouTubeで紹介したB4だけど、
走行中に排気音が大きくなって、
突然走りが鋭くなった。(笑)
とってもステキな春を生きる_f0076731_20062274.jpg
その原因はすぐに改善したが、
年度末の忙しさで放置されたままだった。
とってもステキな春を生きる_f0076731_20050828.jpg
タイヤもスタッドレスで冴えない。

何しろ入ってから5年以上眠ったままだった。

そのクルマに新たな息吹を与えようと、
とってもステキな春を生きる_f0076731_20061445.jpg
次のプロジェクトがスタートした。

コンチネンタルとコラボして、
楽しいタイヤを紹介する。
とってもステキな春を生きる_f0076731_20063011.jpg
そのタイヤが届いたので、
早速純正ホイールに組みつけた。
とってもステキな春を生きる_f0076731_20063785.jpg
バージョンアップの内容は、
恐らく乗ればすぐにわかるだろう。
とってもステキな春を生きる_f0076731_20064447.jpg
二つ並べたわけじゃないが、
現行品と新製品の外観の差を感じない。

新品のタイヤに合わせて、
ドアグリップを新品に交換した。

これも樹脂劣化でねばつくので、
とってもステキな春を生きる_f0076731_20064919.jpg
新品が出るうちに交換すると良い。

ガチッと握ってドアを閉める。
とってもステキな春を生きる_f0076731_20065653.jpg
それもクルマの印象に大きく関わるんだ。

内装はミセス大鶴が精魂込めて仕上げてくれた。
とってもステキな春を生きる_f0076731_20070316.jpg
ちょっとくたびれた外装も、
息子の努力で輝きを取り戻した。


水曜日のロングテストに向けて、
今日は検査も順調に終わった。

明日は島崎さんの納車式が予定されている。

とってもステキな春を生きる_f0076731_20071095.jpg
ミントグリーンのステキなサンバーが、
旧型サンバーオーナーの下に嫁ぐ。
とってもステキな春を生きる_f0076731_20071571.jpg
昨夜テストを終えたので、
万全の態勢で納車式に挑む。

そのためのお色直しが始まった。

さあ、
明日も忙しくなる。

今日は泳いで締めるぞ。

お腹が出たのが自覚できるとは。
ちょっと体重計に載るのが心配だ。

それでは行ってきます。



Commented at 2021-04-13 22:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by b-faction at 2021-04-13 23:46
中原さん、ありがとうございます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2021-04-12 22:00 | Comments(2)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31