人気ブログランキング | 話題のタグを見る

レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう

レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_18315851.jpg
昨夜の晩酌はとっておきのワインで始まった。
北海道の松原さんに戴いた、
スパークリングワインの封を切った。

清涼でありながら、
深い味わいのお酒だ。

少し硬い特徴的な香りが、
和食の味を引き立てる。

日本人のために、
日本人が作った、
国産のワインだ。

美味しくいただきました。

ありがとうございました。

レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_18320297.jpg
晩酌の前にかわら版のアウトラインだけ作って、
おおよその構想を練り上げた。

ずっと雨が降らない。

レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_19014769.jpg
なので納車式には最高の日が続く。

山元さんのレガシィが仕上がり、
四代目から五代目へ乗り換える日が来た。

レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_19015271.jpg
おめでとうございます。
余裕のある走りを楽しまれているはずだ。

新しい愛機をよろしくお願いします。
レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_19015790.jpg
綺麗な夕焼けに向かって走り去られた。

カラカラ天気だから、
環境改善には取り組みやすい。
レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_19020270.jpg
望桜荘前庭の環境改善が続く。

山本部長が丁寧に苔を抜き、
レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_19020835.jpg
中山道際に設置したベンチの足元に移植する。
レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_19021447.jpg
昨年の秋に玉竜も移植した。

この植物も繁殖力が強いので、
護岸に役立つと思い移植した。

レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_19023826.jpg
雑草も並行して抜き取る。

かなりきれいになってきたが、l
根本的な改善はまだできない。
レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_19024517.jpg
この下には相当な異物もあるだろう。
レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_19030334.jpg
けれどまず表面を整えて、
次の作業に移る必要がある。

レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_19030936.jpg
概ね綺麗になり安定したが、
こちらよりも、
徹底的にやるべき場所は桜の根本だった。
レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_19021978.jpg
北原課長がリーダーとなり、
根元の土壌改善を続けた結果、
土を篩に掛けるべきだと結論が出た。
レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_19022522.jpg


レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_19023057.jpg
そこで、
片っ端から根に気付付けぬよう注意しながら浄化すると、
レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_19025168.jpg
出てくるは出てくるは、
まるで彼は花さか爺さん化身だ。

綺麗にした後、
花さか爺さんは次の目標に向かった。

この桜の子供を元気にすると言う。
レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_19025862.jpg
そんな活動を続けながら、
ゴールデンウイークに向けてイベントの準備が進む。

かわら版で紹介するクルマを、
レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_18320744.jpg
ショールームから出した。

このXVはテンロクの未使用車だ。

風が清々しくて気持ち良い朝だ。

アウトバックを次に出した。

このクルマを撮る頃までは、

レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_18321319.jpg
大変穏やかな天気だったが、
だんだん風が強くなり空気も乾燥しているので、
黄砂でクルマが黄色くなり始めた。

そしてドレスアップされたレヴォーグが登場した。
レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_18321814.jpg
かわら版の目玉にするため、
STIのエアロを装着した未使用車だ。

展示車を入れ替えるので、
新車にナビとエアロを取り付けた。

このままお買い得価格で販売する。

そのほかにも、
まだ紹介していない動画を撮影した。

写真と動画の撮影で、
約半日分の歯科案を費やした。

けれど、
このクルマには一回どうしてもゆっくり乗って、
凄く良い音のする走りを見せたかった。

ピュアなんだ。

レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_18322434.jpg
ギャラクシーブルーメタリックの、
1.6GT EyeSightは、
ワンオーナーで大切に扱われたとても程度の良いクルマだ。

そこかしこから、
元オーナーの愛情が滲み出る。
レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_18323009.jpg
レヴォーグのメーターはブルー基調なので、
威圧的なところが無く精錬だ。

環境を大切に手入れした後は、


このクルマに自然と乗りたくなる。

1.6リットル水平対向直噴ターボエンジン搭載し、
レギュラーガソリンで高い性能を発揮する。
 
衝突安全でもダントツの性能を誇り、
更に予防安全でも他の追従を許さない、
まさにスバルの野心作だ。

レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_18352413.jpg
国内専用設計の、
とても扱いやすいスポーツツアラーは、
この抜群のスタイルでヒットした。

純正ナビにバックカメラを組み合わせ、
ETCも装着されているので、

レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_18352930.jpg
もうこのままどこへでも旅立てる。

スバルらしいターボ車を、
次の愛機に選んでみないか。

さあ、
何とかここまで出来上がった。
レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_20393471.jpg
あとは明日の校了が勝負だな。

もう一つの課題も進み始めた。

スバル1300Gに火が入ったんだ。
燃料系統は大丈夫だったが、
十年以上エンジン掛けてないと、
やっぱり難しいことが山積みだな。
レヴォーグのテンロクターボを改めて味わう_f0076731_20393938.jpg
こいつは手強そうだ。

でも生きててよかった。

一緒に走る日が楽しみだ。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2021-04-25 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31