人気ブログランキング | 話題のタグを見る

蕗の薹

蕗の薹_f0076731_15453139.jpg
蕗の薹を天ぷらにした。

色々な食べ方があるけど、
山菜の天婦羅が一番美味しい。

高熱でカラッと揚げれば、
春の勢いが強いアクに化身した、
ネガティブを霧散できる。
蕗の薹_f0076731_15575856.jpg
採った直後ならもっと美味しかっただろう。

流石に冷蔵庫で三日眠ると、
蕗の薹_f0076731_15453740.jpg
少しくたびれてくるんだよね。

けれど、
天然の息吹は旨い。
この塩がそれを倍増させる。
蕗の薹_f0076731_15454245.jpg
鹿塩温泉の湯からできた、
塩湯荘の自家製塩だ。

この優しい塩が、
蕗の薹の旨味をフォーカスした。

大宮君にもらった、
蕗の薹_f0076731_15454826.jpg
泡が出る缶ビールを飲んだ。


蕗の薹_f0076731_15455408.jpg
確かに凄いぞ。

計算された量しか出ない。
蕗の薹_f0076731_15460093.jpg
溢れさせない抑制が凄いのと、


蕗の薹_f0076731_15460687.jpg
いつまでもきめ細かい泡が出続けるのも、
味に変化がないのも凄い。

外で飲むなら良いように思うが、
紙コップに注げばいいだけのことだよな。

一過性に過ぎないだろう。

なぜかって。
酒飲みは細かいからだ。

以前伝えたことがある。

生ジョッキの大を頼んで、
三分の一近くを泡で被う店があった。

何度言っても改めなかったが、
結局つぶれたからね。

他の遠因があって、
そんな事をしたのだろうが、
飲みごたえを削ぐ行為は許されない。

今朝、会社に着くと、
コデマリが奇麗に咲いていた。
蕗の薹_f0076731_15461379.jpg
次々と花が咲く素晴らしい季節だ。


蕗の薹_f0076731_15462090.jpg
杉などの厳しい花粉も減って、
先週よりもずいぶん過ごしやすくなった。

ピットレーンに仲良く並ぶのは、
蕗の薹_f0076731_15462798.jpg
直系のご先祖様と子孫だ。

やっぱりレオーネとレガシィは、
このラインから外れるんだよね。

WRXになってからは、
レガシィセダンの方向に変わったので、
この初代が人気なのだろう。

ただね、
22Bが何千万円もするのは、
狂ったババ抜きゲームだから、
本気で絡んじゃだめだよ。

確かに素晴らしいクルマで、
400人しか買えなかったけど、
浮足立つ様子を見ると卑下するしかない。

所詮は大衆車に強烈な心臓を入れただけだ。

持ってる人は大事にすればよい。

それは金額じゃなくて愛情だ。


また逆に緊急事態にある時は、
金に替わるモノは替えるべきだ。

企業経営上の鉄則だね。

ずっと付き合って、
魂が宿ったモノを手放したくないのなら、
事情が許せば持ち続ける方が良い。

けどね、
余程の意思の共有がないと、
死んだあとは粗末に処分されるからね。

今はそこに馬喰の眼が集中している。

だから素人は鉄火場に近寄らない。

この子は捨てられなかったと言うのではなく、
全く手放す気が無かったのだ。

色を二度も塗り替えられたけど、
最終的にヒトの意見を聞いて良い所に落ち着いた。

そうしたら、
素敵な出会いがあって、
シート生地をプレゼントされた。

それが鼓動をモチベートした。
蕗の薹_f0076731_15463456.jpg
モケットのシートを纏わせたくなった。
きっと似合うだろうな。

その想いのほかに、
もっと大きな理由があった。

クルマから消えゆくモケットを、
シート生地として作ってくれた米阪さんに、
ステアリングを握らせたい気持ちが湧き上がった。

だから動かす。

それが社員にも伝わったので、
仕事が順調に進むのだろう。

早くまたお目に掛かれるよう、
これからも着実に進める。

だけどね、
まるで直腸癌にかかってるようなので、
これはちょっと大変だよ。
蕗の薹_f0076731_16315887.jpg
エンジンは大丈夫だ。
でも冷却系を完全にする必要がある。
ダンパーも新品同様のビルシュタインだけど、
十数年走っていない。

何とか早く健康なカラダにしてあげたいね。

昨日から芝桜の移植が始まり、
蕗の薹_f0076731_15464203.jpg
南側から穴を掘り始めた。


蕗の薹_f0076731_15464716.jpg
こういう仕事が好きなようで、
コツコツとほじくっている。

今日は北側に移動しながら、
蕗の薹_f0076731_15465301.jpg
隙間に苗を植え続けた。

特にこの場所にはスギナが多いので、
この後の生存戦略が見ものだな。
蕗の薹_f0076731_15470287.jpg
一昨日から山桜の子供の根元改善も始まった。


蕗の薹_f0076731_15470906.jpg
あっという間に大きくなったけど、
この勢いだと確実に病魔に侵される。


蕗の薹_f0076731_15471739.jpg
北原課長に、
理想的な改善は枝が広がる面積の土壌化だと伝えると、
息子と一緒に土を篩に掛けながら周囲のコンクリ除去も試みた。
蕗の薹_f0076731_15472325.jpg
お見事です。
今日の仕上がりを受け、
ここに剪定枝を焼いた灰を混ぜた土を、
篩にかけて強いてやる「花咲じじい作戦」を始める。
蕗の薹_f0076731_15473801.jpg
親分の根元にも敷いて改善を続けよう。

蕗の薹_f0076731_15475330.jpg

少し根が出てしまったからね。
ホースを井戸から引っ張って、
水を雨が降るように掛けてやった。

すると息子のBRZが生理落下したサクランボで汚れてた。
ついでに軽く洗ってやると、
まるで若い娘の様に艶々した肌が水を弾くじゃないか。
蕗の薹_f0076731_15480033.jpg
そーっと丁寧に洗って、
SABの前で黄砂と花吹雪でコテコテになった、
五台のスバルを洗ってあげることにした。

すると息子が目ざとく現われ、
「俺のクルマに何したの」と聞くので、
そーっと洗っておいてあげたよ、と言うと、
エーっと素っ頓狂な声を上げるじゃないか。

俺は誰にも自分のクルマを洗わせない!

知らんわ、そんな事・・・と思っていたら、
一応「ありがとう」と言って、
蕗の薹_f0076731_15481960.jpg
もう二度と洗わないでね、
と捨て台詞残して去っていった。

変なヤツ(笑)。

洗ったり磨いたりするのは、
クルマ好きの基本なので素晴らしいね。
蕗の薹_f0076731_15482714.jpg
こっちのおばさん達は、
相当擦ってもスポンジじゃぁまるで歯が立たない。

やっぱり熟女には「手拭い」が良いね!

洗車タオルを持ってきて、
蕗の薹_f0076731_15483413.jpg
再びゴシゴシ洗い始めると、
やっぱりスポンジより効果的だ。
それにしても、
擦っても擦っても汚れが残る。

水を掛けて柔らかくしながら洗う。

黄砂と花粉や花弁の酵素が絡み、
厚い汚れの層を作る。

黄砂って本当に迷惑だ。
蕗の薹_f0076731_15484547.jpg
一番厄介な黒いB4を二台とも洗い終えた。

どうだい!えっへん!!
小娘と熟女の差が分かるはずだ。

何でも新しければいいってもんじゃない、
グフフフフイと、
いかにも下衆な笑いがこみ上げた。

苦情は止めてね。

SVXとXTを洗い終えた。

XTの劣化が進むけど、
置くところが他にない。

勿体ないけど置く場所ないので、
暫くの間はここで際立っていてね、
と声を掛けサンバーの洗車に移った。
蕗の薹_f0076731_15485126.jpg
こうして六台を洗い終えて、
ホースを望桜荘の池に戻した。

またメダカを飼うので、
水切らさないようにしなきゃ。

昨秋の10匹は全滅した。
蕗の薹_f0076731_15485717.jpg
また黄砂で汚れるが、
気持ち良くしてあげないと乗る時に仕返しされる(笑)

それにしても、
蕗の薹_f0076731_15490274.jpg
お前の主はヤキモチ焼きだね。

その場を離れる時に、
大事なクルマを思い出した。
蕗の薹_f0076731_15491030.jpg
一番目立つ場所で、
糞まみれになりながら頑張ってるヤツを。
蕗の薹_f0076731_15491911.jpg
抜けるような青空。


蕗の薹_f0076731_15492526.jpg
ここは高い所はカラスやヒヨドリで、
低い所はセキレイとツバメと、
ヒエラルキーが完成している場所だ。

早速洗車場に降ろして、

蕗の薹_f0076731_15493266.jpg
綺麗に洗ってカラダを点検した。


蕗の薹_f0076731_15493911.jpg
最近は目をいくつも持つので、
それ等の点検清掃も大事だよ。

当然エンジンルームも洗う。
蕗の薹_f0076731_15494763.jpg
たまには自分で開かないとダメだからね。

この時もバッテリーターミナルの、
プラス側絶縁カバーが外れていた。
蕗の薹_f0076731_15495348.jpg
すぐに問題が起きるわけでは無いが、
何かで短絡させるといけないので、
フードを開けたら確実に見て欲しい。

カチッと音がするので、
ロックしたか分かるはずだ。

蕗の薹_f0076731_15500362.jpg
インタークーラーにも、
多くの水を優しくかけて欲しい。

強い水流はフィンを曲げる。

蕗の薹_f0076731_15501017.jpg
すっかりきれいになって、
また国道側の一等地に鎮座した。

先月18日の望桜荘周辺には、
まだ黄砂は届いていないが、
春の足音も僅かだった。
蕗の薹_f0076731_15501648.jpg
一か月半が過ぎ春も終わりを迎えつつある。
蕗の薹_f0076731_15502340.jpg
今日の姿をこうして見ると、
花の命の短さを克明に知るね。


蕗の薹_f0076731_15503054.jpg
今月の13日火曜日の容姿は、
スギナも多いが花も盛んだ。

そして今日の姿は、

蕗の薹_f0076731_15505490.jpg
花は減ったが株は増えた。
次のシーズンに備えて、
力強く育てよう。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by b-faction | 2021-04-26 22:00 | Comments(0)

毎日の活動やスバルについてご紹介します


by b-faction
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31